サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽

習慣化の科学について紹介します

なかなか習慣が続かない、先延ばしをしてしまうあなたへ

4.69 販売実績:20 残り:20枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    テキストチャット

    ビデオチャット打ち合わせ可能

  2. お届け日数 要相談  / 約115日(実績)
    ジャンル
    • 就職
    • 転職
    • 受験・進学
    • 資格
    • キャリア
    用途
    • アドバイス・コンサル
    • 試験
    • 勉強方法

サービス内容

<内容>
■やり取り・相談内容無制限です
■相談者の質問に対して個別に習慣化研究事例の紹介します
■一緒に習慣化する為の方法を考えることも可能です
■習慣化のテクニックをまとめた資料の送付も可能です。

<初めにお聞きしたいこと>
①願望:どのような習慣化を成し遂げたいか(運動など)
②結果:習慣化を身に着けることでどんなことを期待するか(健康になりたいなど)
③障害:習慣化を達成するうえで障害になるもの(衝動、寒くて運動できない等)
初めに上記質問に答えて頂きますとスムーズにやり取りができます。

<人間の癖>
■ダイエットしてるのに、一口甘いものを食べた途端に、今日は食べても良い日にしよう!・・・これは典型的な「どうにでもなれ効果」というものです。完璧な状態が一つ崩れると、一気に雪崩のごとく崩れていく現象です。

■勉強前に机をきれいにしておこう!→気づけば掃除をして満足してしまう・・・これは典型的な「セルフハンディキャッピング」という症状です。本筋とは関係ないことに時間を費やすことで「やれない理由を無意識に作る」「仮にうまくいけば、時間が無い中で自分は出来た!」と思いこむという癖です。

これは自分が悪いのではなく、人間皆このような癖を持っています。意志力が弱いからではありません。習慣化出来ている人は、この癖をきちんと把握したうえで、流されないような対策を立てるために続けることが出来ます。

このような人間の癖、そしてそれらに陥らないようにするためのテクニックを世界中の科学者が研究し、いくつも紹介しています。

メンタル面からのアプローチ、意志力を使わない仕組み作りからのアプローチなど方法は無数にあります。以下に代表的なものを紹介します。

本サービスで人生が変わったと言ってもらえるよう頑張ります。

<習慣化に必要なテクニック例>
・ハーバード大学20秒ルール
・if thenプランニング
・無駄にネットサイトを見ないためのサイト制限アプリ術
・先延ばしを撃退する最強の5秒ルール
・小分け戦略
・5分チャレンジ(作業興奮の原理)
・目標達成率が2倍高まるWOOP法
・ご褒美で自分を動かす方法
・自分を責めて身動きが取れなくなる時間汚染という考え方
・嫌でもやるしかない「背水の陣」戦略

その他多数





納得頂くまで何度でも丁寧に解説、お話を聞きます。

すべて読む

購入にあたってのお願い

<平日の返信について>
基本的には夜の19:00-21:00頃に返信させて頂きます。

<休日の返信について>
特に予定が無ければ朝から21:00頃まで対応可能です

<返信までの期間>
特に予定や残業等が無ければ上記時間に返信させて頂きます。
残業や飲み会等が入った場合は翌日-翌々日の返信となる場合もあります。

すべて読む

トークルーム回答例

サンプルをすべて見る

サンプルをすべて閉じる

トークルームでの回答サンプル(1)

ダイエット中なのについついお菓子を食べてしまうのですがどうすればよいでしょうか?

家にお菓子を買い起きしていたりしないでしょうか?
ハーバード大学の20秒ルールというのがあり、簡単に言うと、今回の様にある行動を起こしたくない場合は「ステップ数を多くして、20秒以上かかるようにすること」という一つのテクニックがあります。

一つの対策としては、なるべく棚の奥にしまっておく、究極の方法は家にお菓子を置かないという方法が最強です。

食べたいときに無い、コンビニに買いに行くのは面倒くさい・・・仮に行ったとしても歩くので運動になる

意志力に頼らなない仕組み作りで良い効果が出るかもしれません


よくある質問

ダイエット中なのについついお菓子を食べてしまうのですがどうすればよいでしょうか?
家にお菓子を買い起きしていたりしないでしょうか?
ハーバード大学の20秒ルールというのがあり、簡単に言うと良い行動を引き起こしたい場合は「ステップ数が少なく、20秒以内に出来るようにすること」、今回の様にある行動を起こしたくない場合は「ステップ数を多くして、2秒以上かかるようにすること」という一つのテクニックがあります。

また、お菓子が目に入ると人間の脳内では期待ホルモンドーパミンが分泌されてしまい、抵抗するのは一段と困難になります。

一つの対策としては、なるべく棚の奥にしまっておく(可能であれば20秒以上かかるようにしておく)、究極の方法は家にお菓子を置かないという方法が最強です。

そもそも家にないから目に入らずドーパミンが分泌されにくい、食べたくてもコンビニに行くのは面倒くさい・・・仮に行ったとしても歩くので運動になる

意志力に頼らなない仕組み作りで良い効果が出るかもしれません
もっと見る

評価・感想(9件) 4.6

サービス内容/提案のわかりやすさ
 
コミュニケーション
 
読み込んでいます...

関連サービス