火災保険請求サポートします

プロ調査士(自然災害調査士)が調査します

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    3日(予定)
    ジャンル
火災保険請求サポートします プロ調査士(自然災害調査士)が調査します イメージ1
火災保険請求サポートします プロ調査士(自然災害調査士)が調査します イメージ1
火災保険請求サポートします プロ調査士(自然災害調査士)が調査します イメージ2

サービス内容

「火災保険は火事の保険」と思っていませんか? 実は、火災保険は火事の保険ではないのです。 正確に言うと「火事も補償してくれる保険」という意味なのです。 火災保険は何の保険なのかというと『建物の保険』が正解です。 火災保険は、保険をかけている建物に「偶然・突発・自然災害」が理由で損壊が生じた場合、給付金をくれる保険なのです。 「偶然・突発・自然災害が理由で損壊した場合に給付金がもらえる」ということは、火事には限定していません。 雨や雪による損壊、風による損壊、雷による損壊、その他自然災害による損壊、火事による損壊などが補償対象です。 そのため、下記のような状態で火災保険からお金がもらえる可能性があります。 ●雨で浸水して家が損壊した ●大雪で瓦がずれた、雨どいが外れた、アンテナが曲がった ●雨漏りした ●台風の飛び石で窓ガラスが割れた、家の外壁が壊れた、●瓦がずれた、カーポートの屋根に穴があいた ●雷で屋根が損壊した ●塀にヒビが入った ●火事になった などが代表的です。 火災保険に加入していて、このような損壊があるのに「火災保険からお金がもらえる」という事実を知らずに、もらえる給付金をもらっていない人が多いのです。 せっかく火災保険にお金が払っているのですから、受け取れるお金はもらった方が良いですよね。 詳しくは火災保険を契約した際のパンフレット、設計書、約款に書かれています。 ちなみに、火災保険は自動車保険とは違い、何回給付金をもらっても保険料が上がったりしませんし、給付金の上限はありません。 ※条件は火災保険に加入済みで自己所有の【一軒家・会社・店舗・工場・アパートなど】 全ての建物が対象。(但し、築10年以上であること。共済系保険、住宅金融支援機構は除く) ※過去3年まで遡って請求することが可能です。 リスクはございませんので気になる点が ございましたらぜひ一度Asfido火災請求サポートまでご相談ください。 ⭐️追加情報 給付金を請求する際は「損壊箇所の写真」と「業者に修理を依頼する場合の見積書」が必要になりますが、これは素人には難しいです。 「給付金がおりやすい損壊箇所の写真の撮り方」「給付金がおりやすい修理の見積書の作り方」にノウハウが必要なため、ここはプロに依頼することをおすすめします。

購入にあたってのお願い

○申請対象は火災保険に加入済みで自己所有の【一軒家・会社・店舗・工場・アパートなど】 全ての建物が対象。(但し、築10年以上であること。共済系保険、住宅金融支援機構は除く) ○ご加入の保険証券をご用意ください ○給付金が下りた場合のみコンサル料を頂戴しております 【Asfidoが選ばれる理由】 ①プロ調査士(自然災害調査士)によるカウンセリングと見落としのない確かな調査 ②スピード対応。申込みから調査&御見積り作成まで即対応 ③給付金が下りる様にしっかりサポート ④調査、御見積り0円。 ⑤下りた給付金で修繕される場合もしっかり対応