お子様の個性と才能を伸ばす秘訣をお伝えします

我が子が何を考えているか分からない!とお困りのあなたへ

評価
5.0 (1)
販売実績
1
残り
2枠 / お願い中:0
お届け日数
要相談
初回返答時間
3時間以内(実績)
お子様の個性と才能を伸ばす秘訣をお伝えします 我が子が何を考えているか分からない!とお困りのあなたへ イメージ1
お子様の個性と才能を伸ばす秘訣をお伝えします 我が子が何を考えているか分からない!とお困りのあなたへ イメージ1
お子様の個性と才能を伸ばす秘訣をお伝えします 我が子が何を考えているか分からない!とお困りのあなたへ イメージ2
お子様の個性と才能を伸ばす秘訣をお伝えします 我が子が何を考えているか分からない!とお困りのあなたへ イメージ3
お子様の個性と才能を伸ばす秘訣をお伝えします 我が子が何を考えているか分からない!とお困りのあなたへ イメージ4

サービス内容

自分の子供ながら何を考えているのか?さっぱりわからない。 注意したり叱ること以上に最近では褒めることにも注目されていますが、 闇雲に叱っても、褒めても意味がありません。 しかし褒め方を間違えると逆効果となります。 お子さんによっては素直に受け取り、すくすくと育ち意欲的になるタイプもいますが、 感受性の鋭いお子さんの場合は「自分はそんなことしか褒められることがないのか?」と考えたり 親であるあなたのことを「親は何もわかってない」と軽蔑し親子関係を悪化させることもあります。 こちらの商品はお子さんの叱り方や褒め方といった一般的なコントロールする子育て方法をお伝えするのではなく、 深い理解を持っていただきお子さんとあなたをつなぐ信頼関係を育てるアドバイスをお届けします。 小さなお子さんを対象とするのではなく成人したお子さんに対して心配や何か心の滞りを感じる方も対象としています。 人は承認欲求はいくつになってもあります。 承認欲求は褒められること、存在を認められるという意味を考えがちですが、 実は「深い理解」こそが成人してから自己重要感や人を信頼する力の基礎となります。 この基礎をしっかり作らないと大人になってから様々な局面において不安定な要素が出てきます。 地位や名声を手に入れようとも焦燥感がつきまとい、いつも人から賞賛を得ようと躍起になったりしがちです。 深い愛情というととても抽象的ですが「理解」と言葉を換えると押し付けではない個人を尊重した関係がみえてくると思います。 褒めて才能を伸ばそうというのは口先のテクニックです。 勉強させるコントロール方法は子どもを一人間として扱わない小手先のテクニックです。 深くお子さんを理解できたならば口先や小手先のテクニックは必要ありません。 ハウツーに頼らなくともあなた自身がお子さんのことを理解していれば応用が効きます。 あなたがお子さんを深く理解していれば問題が起きても右往左往せずどっしりと構えていられます。 お子さんが本当に困った時、ここぞという時にしっかりとサポートできる底力が自然に備わります。 こちらの商品はお子様をタイプ別と簡易的に分けて親が子供をコントロールするという商品ではなく、 お子様を一人の人間としてしっかりと向き合いたいという方にお勧めします。

購入にあたってのお願い

下記のものをお知らせください。 1.お子様のお名前(ニックネームでも構いません) 2.