絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

5 件中 1 - 5 件表示
カバー画像

【レクサスES(2021年)】

【レクサスES(2021年)】トヨタ・カムリのレクサス版で2018年に発売。2021年にはマイナーチェンジし、主にナビ画面がタッチ式に変更されています。ESはカムリと違い後席を倒すことができず、ここは大きな相違点。(後席中央の穴は開閉可能で、細く長い物は積めます)ですが、カムリより大きく迫力&上質感あり、エンジン音&振動、乗り味など走り全般上質に仕上げられています。ESはLS並みの存在感ですが、口はLSに遠慮している感がある印象でした。今回のマイナーチェンジではその口も鋭く迫力ありますね。そして、レクサスは塗装やカラーがガラスのように綺麗ですね。塗装技術は世界一!?室内は高級車の雰囲気が漂い、シートは高級あんま機?のように優しく包んでくれて快適です。快適すぎなのか普段より寝た形のドライブ姿勢でもドライブポジションが綺麗に決まり運転が凄く楽でした。この優しい感じや滑らかな感じがレクサスって感じでカムリと差別化されている部分ですね。大型の肘置き(クラウン同様、左右どちらからも開閉可能)から手を伸ばした位置に横型握りのシフトノブがあり配置も良く、シフトノブが縦棒形状ではなく4本の指が添えられる横型なのがしっくりきて良かったです。室内デザインはUXからこれまでボタンが多くゴチャツキ感があった室内から一新され綺麗にまとめられた雰囲気に。ですが、輸入車のような個性や未来感は薄く(夜間のライトアップも含め)、良くも悪くも一般受けしそうな印象を受けました(価格帯から考えて)後席はFF車だけあって非常に広く、LSサイズ以外ではカムリとESが一番広いスペースがあります(ここポイント
0
カバー画像

【レクサスNX】(2021年式)

【レクサスNX】(2021年式)兄貴分のRXにも譲らない程の迫力あるデザインとなりカッコ良さが増したNX。今回のNXのレベルアップに驚きTNGA版はホント素晴らしい作りですね。顔だけでなく後ろのデザインもライトが綺麗に繋がり未来的なレクサスを感じられるデザインに進化。室内は先代のボタンが多くちょっと目疲れしてしまう感じから綺麗にまとめられ直感で操作しやすい雰囲気になっていました。そして、ナビが大きく迫力があり、メルセデスや新型ノートの様な2画面繋がるようなデザインとなり室内の未来感も感じられる。また、ドアはイーラッチという、スイッチを軽く押すだけで開閉可能なドアになっていて(後ろも含めて)、これは凄く高級感があり操作性も悪くなかったです。スポーティなFスポーツでなくバージョンLでもオシャレで深みのある赤内装が選べるのも魅力ですね。このサイズのSUVの後席は広く、寛ぐにも快適です。大柄な男性でもNXの後席スペースは十分ですね。背もたれの角度も調整でき楽なので後席に乗る人も快適なのがまたいいですね。荷室は大きなSUVらしく広々使え十分な広さです。エンジンについては色々あり、まずはプラグインから。プラグインは凄く重厚な乗り味で上質。それでいてその重量をモロともせず重力無視のように走っていく。EV走行のようにレスポンスが非常に良く快適ですね。2.5Lハイブリッドは、カムリから採用された高効率なハイブリッドで、レスポンスが凄く良くパワーも必要充分なのでなんの不満もないです。発進時のモーターのアシストもしっかり感じられエンジンとの繋ぎも意識しないとわからない程スムーズ。アクセルを踏むとエン
0
カバー画像

占ってみた レクサスブランドから専用の高級軽自動車が発売されるか

こんにちは南仙台の父(hrperficio)です。今回はレクサスブランドについて取り上げてみました。日本では高級車と軽自動車の二極化が進んでおり、軽自動車の販売はまだ堅調な状態にあります。軽自動車にもコペンのようなコンバーチブル車もあって、富裕層の購入機会も企画によっては可能なことを示しています。レクサスはグループ内にスズキやダイハツを擁し、専用の軽自動車の開発リソースがあるだけでなく、レクサスブランドにもコペンだけでなく様々な潜在的マーケットがあるとも言われています。さて、そんな潜在領域をレクサスは掘り起こしを行って、新たな提案をする可能性はあるのでしょうか。写真は鑑定の結果となります。左側が結果、右側が環境条件となります。まず結果ですが、女教皇のカードの逆位置が出ています。女教皇のカードの逆位置は悲観や無気力、無神経や冷淡、疑心暗鬼といった意味があります。現状を考えると国内のレクサス購入層の実態から見れば仮に高級車であってもブランドイメージを崩すようなラインアップの存在は否定されるのが実態かもしれません。レクサス購入層は比較的保守的な層も多いので、軽自動車に対するイメージは良くないのかもしれません。高級車の持つイメージだけでなく、その快適性こそがレクサスファンの大きな価値観であり、軽自動車にはそういった価値観は見いだせないことが最大の障壁となります。また、何といってもダイハツの不正の影響も大きくあって、リソースをかけるだけの余力もなく、更にこの不正が信頼感を失う大打撃となって品質を重んじる購入者層への不信感も根強くあります。現状はアイデアとしてあっても実現できる見込みはかな
0
カバー画像

【レクサスUX】(2018~2022年)

★写真は前期と後期どちらもありますトヨタC-HRのレクサスバージョンがこのレクサスUX。顔は鋭い顔つきのレクサス顔から、優しくやんわりした顔つきに。女性らしさも漂う感じで、UXに乗ってる女性もオシャレでカッコいいですよね。後ろのデザインはシンプルなのにカッコ良さもあるまとまったデザインに見えた。後ライトの先端がウィングのようになっているのはデザインだけでなく空力も考慮され機能性もあるデザイン。このデザイン力に拍手です。室内はESやUXから新世代デザインになり、見映えも良くまとまったデザインに(Fスポーツだとさらに豪華な見た目に)後期からはナビ画面がタッチ操作可能となり手前に設置。その分、センターコンソールにあった操作パネルが廃止(そのため傷が目立つ面積は増えた印象)(その操作パネルは使い勝手が良いとは言えなかった)また、ナビが大きくなったためかオシャレだったレクサス時計まで廃止になりそこは寂しい所。また後期ではCDも廃止に。後期ではナビがタッチ操作可能となった代わりに廃止となった物が多く、前期の方が良しと思う方もいるかもですね。ボタンはピアノのように押しやすく、シフトノブの奥にはドリンクホルダーがあるので(コンパクトな車で横並びは良)、シフト操作の妨げとならないのも良。また、シフトノブの持つ所が棒タイプではなく、横型で手が置きやすいのも好印象でした。肘置きからそのままシフトノブに手が添えられ、手も乗せやすい形状なので操作性が凄く良かった。後席は決して広くはなく、大柄な男性だと前シートに足が付いてしまいそうですね。UXにはアームレストがあり、ここはCーHRとの大きな違いですね。後
0
カバー画像

【ココナラドクターより】お金持ちと貧乏人の時間の使い方

こんばんはグローバル企業本社の産業医と内科医、その他もろもろの顔を持つココナラドクターです。今日はお金持ちと貧乏人の時間の使い方について。暇な時間をどう使うかで、仕事の効率も良いアイデアが出るかどうかも変わります。私の場合。基本的にながら〇〇で生きています。レクサスを持っていますが、基本タクシー移動です。タクシーの中は睡眠やマインドフルネス瞑想に使い、精神の安定を促すための時間。または今日の仕事、何を優先して、どのオンライン会議の間にどの書類を片付けるか、など考えています。帰宅後は、食事を作っている間に、BBCなどのニュースを聞き、英語力を高める、世界の情勢を知る。筋トレや格闘技、テニス、ゴルフなどのレッスンを受ける日もありますが、それはストレス発散と体力維持のため。さらには睡眠の質を向上させ、病気を予防する。テレビの娯楽番組を見たりマンガを読んだりもしますが、それはトレンドを知るため。難しい比喩が分からない方への例え話に有用な時があるから。何かをしながら別の何かをすることは、時間を2倍・3倍有効に使うこと。その分、評価が上がり、自然と収入も2倍、3倍と増えてくるものです。帰宅してごろごろ、ネット検索しながら、youtubeやインスタを見ながらダラダラは、休憩ですが、休養ではない。本当の意味では休めていないですからね。”active rest”という言葉も最近広まってきましたね。知らない方は検索を。そもそもお金持ちは貧乏人と生き方が違います。強くたくましく生きるにはスキルが必要なんです。
0
5 件中 1 - 5
有料ブログの投稿方法はこちら