【レクサスUX】(2018~2022年)

記事
ライフスタイル
★写真は前期と後期どちらもあります

o1080081015347916319.jpg

トヨタC-HRのレクサスバージョンがこのレクサスUX。


顔は鋭い顔つきのレクサス顔から、優しくやんわりした顔つきに。

女性らしさも漂う感じで、UXに乗ってる女性もオシャレでカッコいいですよね。

後ろのデザインはシンプルなのにカッコ良さもあるまとまったデザインに見えた。

後ライトの先端がウィングのようになっているのはデザインだけでなく空力も考慮され機能性もあるデザイン。このデザイン力に拍手です。

室内はESやUXから新世代デザインになり、見映えも良くまとまったデザインに

(Fスポーツだとさらに豪華な見た目に)

後期からはナビ画面がタッチ操作可能となり手前に設置。

その分、センターコンソールにあった操作パネルが廃止

(そのため傷が目立つ面積は増えた印象)

(その操作パネルは使い勝手が良いとは言えなかった)

また、ナビが大きくなったためかオシャレだったレクサス時計まで廃止になりそこは寂しい所。

また後期ではCDも廃止に。

後期ではナビがタッチ操作可能となった代わりに廃止となった物が多く、前期の方が良しと思う方もいるかもですね。

ボタンはピアノのように押しやすく、シフトノブの奥にはドリンクホルダーがあるので(コンパクトな車で横並びは良)、シフト操作の妨げとならないのも良。

また、シフトノブの持つ所が棒タイプではなく、横型で手が置きやすいのも好印象でした。

肘置きからそのままシフトノブに手が添えられ、手も乗せやすい形状なので操作性が凄く良かった。

後席は決して広くはなく、大柄な男性だと前シートに足が付いてしまいそうですね。

UXにはアームレストがあり、ここはCーHRとの大きな違いですね。

後席は狭いですが、CーHRのような暗くて閉鎖的な感じはないです。

ですが足元は結構狭く2人乗りメインの車ですね。

さらに、UXの荷物室(電動開閉付)はデザインのためか広いとは言えず、ここは購入時の大きなチェックポイント(高さも感じる)。

荷室に関してハイブリッドは床が高いけれどカキネは無しです。また、真ん中の床だけさげられる。

後席倒してフラットなのも嬉しい。

ガソリン車は深さがあるため広く使うことができますが大きなカキネがあり、後席を倒すと大きな段差ができてしまう。

といった特徴があります。

トノカバーは薄く折り畳み式なので、これは使わない時便利。

o1080081015220046090.jpg
o1080081015220046092.jpg
o1080081015220046095.jpg
o1080081015220046102.jpg
o1080081015220046108.jpg
o1080081015220046110.jpg
o1080081015220046114.jpg
o1080081015220046116.jpg
o1080081015220046120.jpg
o1080081015220046123.jpg
o1080081015220046131.jpg
o1080081015347916322.jpg
o1080081015347916324.jpg
o1080081015347916326.jpg


エンジンは2L(ターボ無)と2Lハイブリッド。

とC-HRより排気量はアップ。

ハイブリッドは出だしが非常にスムーズ

(e-POWERや、eHEVのような凄いモーターパワー感がある感じではないですが自然で調度良い仕上げ)。

そして、ボディのためかC-HRよりも設置感や安定感が伝わり全体的に上質に感じられる。

エンジンはすぐかかっていそうですが、ハイブリッドシステムが熟成されていてモーターからエンジンの繋ぎがC-HRよりもさらに分かりにくくなっていて、それがまた上質さを体感させてくれます

(結構意識しないと分からない程)

加速するとエンジン音は聞こえますが、ここもC-HRより音&振動が抑えられていて静かな室内空間を実現。

また、調度良いパワー感だったC-HRよりも余裕が感じられ運転できました。

2Lガソリンはアクセルを踏むとちょっとラグはあります。

ですが、C-HRのような非力感はなく、ハイブリッドより明らかに軽快。

元気よく走りパワー感に不満は見られません。

NAなので踏んだ量に応じてパワーが伝わる一体感も楽しいですね。

その軽快な走りは安っぽい感じはなく、上質さも継承されていてレクサスの良さが伝わりました。

アクセルは下から設置されているオルガン式で味付けも良く、ハイブリッドは重めで運転している感がさらにあるのも良(ガソリンはやや軽めの味付け)。

ハンドルは太めで上質。

Fスポーツではツブツブも付いてくる。

味付けはESよりも少しコシがあって運転している感がある。

個人的にはこのぐらいの適度な重みがある味付けが好み。

(Fスポーツではスポーツ+モードがあり、さらに重みが増す)

ハイブリッドで気になるブレーキは。

なんということでしょう。ESよりもスイッチ感はかなり薄く滑らか。

ブレーキの踏み具合を微調整すると上質に止まることができるためここも良いポイント。

ペダル配置も良く。左足置き場もシッカリあるため運転姿勢も楽でした。

走行中、C-HRで気になった背高感は薄れ、設置感が増している乗り味。

カーブ時の体の持っていかれ感も少なく凄く上質で楽でした。凄いです。

シートはノーマルだと表面は優しく包んでくれる安心感があり、Fスポーツでは明らかに両サイドなども密着感が増し一体感が感じられました

(硬すぎることないのがまたいい)。

キャラが明らかに違うシートでしたが、どちらも安心感ある良いシートでした。

乗り心地はC-HRのようや硬さやコツコツ感は気にならず、フワフワもしておらず非常にバランスが良い(Fスポーツはやや硬めでしっかり感増す)

乗り味も明らかに上質になっていて癒されます。

対してガソリンモデルは軽快で走りが楽しいですが、コツコツ系がちょっと気になりました。

ロードノイズはゴーはなくコーっと聞こえる程度で室内にそれ程響かないのも良。

ロードノイズが目立っていたC-HRと、ここも大きく違い上質さを体感させてくれる部分ですね。

室内はコクピット感あり、視界も悪くない。

360.°モニターもあり、サイズもコンパクトなので扱いやすいです。

イロイロ書きましたが、この車は文句の付けどころが無いぐらいまとまったいい車でした。

o1080081015220046982.jpg

o1080081015220046985.jpg
o1080081015220046988.jpg
o1080081015220046990.jpg
o1080081015220046996.jpg
o1080081015220047002.jpg
o1080081015220047017.jpg
o1080081015220047023.jpg
o1080081015220049836.jpg
o1080081015220049841.jpg
o1080081015347916328.jpg
o1080081015347916327.jpg



★★こんな方にオススメ★★

オシャレなコンパクトSUVを乗りたい方にオススメ!

パワー、走りの安定感、快適性、静かさ全て上質でハイレベル。

この車は文句の付けどころがないぐらい、全体のバランスが良くいい車です。

注意点としては

・後席は狭い(2人乗りメイン)

・荷物室が思っている以上に狭い(2人乗りメイン)

・前期と後期で室内の装備が違う

(後期ではナビがタッチ可能ですが、レクサス時計、CD関係、操作パネルなど廃止になってます)

などかな。