絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

15 件中 1 - 15 件表示
カバー画像

1分足スキャル無裁量で+160pips

こんにちは、ローソク足FXトレーダーです。最近はお問い合わせで、どの時間足がお勧めかというご質問を多く頂いています。「ローソク足FXロジック」は、1分足から月足までどの時間足でもトレード可能ではありますが、やはりその中でも、いかに大きく取っていくか、いかに効率良くトレードできるかを考えていらっしゃるのだと思います。また専業トレーダーではない限り、1日中、ずっとチャートを見続けることも難しい為、どうしてもその人の生活スタイル等によっても、時間足の選択は非常に重要になってきます。各時間足の特徴を簡単にざっくりまとめてみると、スキャル:1分足、5分足デイトレ:15分足~1時間足スイング:4時間足、日足キャリートレード:週足、月足このような形になると思います。そしてそれぞれどんな人がどのスタイルが合っているのかと言うと、日中めちゃくちゃ忙しくて、チャートを少しも見れないという方は、必然的に、日足以上の時間足になってきます。日足であれば、「ローソク足FXロジック」でしたら、1日に1回、朝の時間帯に、スマホでもいいので、確認でいればトレード可能になります。週足なら月曜に1回確認すればいいだけとなりますので、日中どれだけ忙しい人でも、日足や週足でしたら、トレード可能になってきます。逆に日中、ある程度の時間、チャートを見ることができる人は、15分足~1時間足くらいで、デイトレが可能になってきます。さらに1日に2~3時間しかチャートを見ることができないという方は、1分足や5分足が選択肢になってきます。さらに1日に1時間程度しかチャートを見ることができないという方は、1分足になってきます。ないしは
0
カバー画像

XAU/USDの1分足スキャルで72.7pips

こんばんは。ローソク足FXトレーダーです。日経平均が史上最高値更新し、それでも上昇の勢いが劣らず、本日は4万円台のあと1歩手前というところまで来ました。またドル円市場でも、日銀のマイナス金利解除の思惑の後退、FRBの利下げの後退等もあり、再度150円台まで上昇し、この価格が定着しつつあります。さて、今回は「ローソク足FXロジック」で、XAU/USDで1分足では使えないのか、というお問い合わせを以前からたくさん頂いておりましたので、直近の相場を無作為に選んで検証してみました。結果は、約1時間程のトレードで、合計72.7pips取れていました。また勝率は100%でした。※今回検証した期間がたまたま勝率100%であっただけで、今回のロジックを使えば、いつでも勝率100%になるわけではありませんm(_ _)mたった1時間トレードしただけでこれだけの利益ですと、1日中パソコンに張り付いてトレードしていたら、もっと多くの利益を獲得できていたのではないかと思います。また最近はお忙しい中、1分足に挑戦したいという方からのお問い合わせも多いので、お仕事を終えて、帰宅してから数時間だけ使って、このように1分足スキャルで稼ぐのも、ありなんじゃないかと思います。最近はドル円含めて、少々方向感の無いような相場になっていますので、こういった時は、いっそのこと値動きの激しいXAU/USDでトレードしてみても面白いのではないかと思います。以上、お問い合わせ頂いた方は、何か参考になれば幸いです。それでは良い週末をお過ごし下さい。「ローソク足FXロジック」の詳細は以下からご確認下さい。
0
カバー画像

ローソク足FXロジックで1500pipsの含み益!

こんにちは、ローソク足FXトレーダーです。お陰様で「ローソク足FXロジック」の記事公開後、大変多くの方にお手に取って頂けました。感想としては、・非常に分かりやすい・迷うことなくトレードできそう・ロジックが作成された背景も解説されているので、 安心してトレードできそう・エントリーポイントはもちろんのこと、 ストップポイント、エグジットポイントも明確で、 ローソク足のみを使った判断方法なので、取り組みやすい等のお声を頂きました。今回の「ローソク足FXロジック」は、15分足を推奨していますが、実はどの時間足でも可能なんです!中には1分足で取り組んでいる方や、少し長めのスイングトレードで運用されている方もいらっしゃいます。それぞれ生活スタイルや、トレード時間等異なりますので、お好きなトレードスタイルで使用して、トレードして頂くことが一番だと思っています。さて、今回は、仮に月足でトレードした場合どうなっているかをご紹介したいと思います。下のチャートはドル円の月足チャートになります。既に「ローソク足FXロジック」をお持ちの方は、ご自身のチャートでご確認頂けたらと思いますが、無裁量で、年初のドル円の買いサインが出ており、現在も買いポジション保有中で、約1500pipsの含み益が出ている状態ということがご確認頂けると思います。こちらは裁量入れずに、誰もが年初にドル円の買いができた形になります。このように、超忙しくて、ほとんどチャートを見る時間が無いという方は今回のように、月足で使用してみるのも面白いかと思います。その代わり、多くの通貨ペアをトレード対象に入れることで、トレードチャンスは広がる形
0
カバー画像

FX 日銀はどう出るか 追記 12:50

【現状】昨夜のAM2:00に日経からの記事。「YCCを0.5で据え置きつつ、0.5%を容認」は?って感じだと思いますが、現状、日銀は「長期国債を0.5%以上にならないよう、もし0.5%超えたら無限で日銀が買い支えます」という無限指値オペをやってるんですが、これって「0.5%超えたら絶対に日銀買うんでしょ?じゃぁそこ狙っちゃおうぜ!」という海外勢に散々狙われてきました。この要因は「0.5%で買い支える」ということを公表してるからなので今回の修正で「0.5%で買い支えるときもあれば、容認して買い支えないこともあります」という曖昧さを持たせる修正をするってことです。これにより海外勢は0.5%へのアタックをしても日銀が買うかわからないので以前のような買い方はしにくいし、日銀としても0.5%を死守するかはその時の状況で判断したり、0.5%を超えた時に次はどの段階から市場の債券買いが入ってくるか見極めるテストも出来るので曖昧にしておきたい。こんなニュアンスが記事になったと思います。特別驚くことでもなく、粛々とやってほしいとこですが、この記事とYCCは意味合いが違うのでそこは気をつけたほうが良いです。あとは、「この修正はあくまで修正であり、緩和路線は変わらない」と会見で伝えていくのがパターンかなと。もしサプライズになるとしたら、YCCの撤廃。あとはサプライズではないけどインフレ率の見通し修正くらいがポイントかな。【トレード】まず昨日のブログで書いたように>逆に言えばユーロ円のチャートを見ても >154円をしっかり割れればテクニカルが長期的に変わるので >私はクロス円をしませんが、取引する人に
0
カバー画像

FX FOMCからのECB

昨夜はFOMC。25bpsの利上げとデータ重視の姿勢でそりゃそうだろうという感じ。次回のFOMCまでまだCPIも2回あるし雇用統計も2回あります。今の時点で9月のFOMCに向けて決定してることなんてないよなぁと。FOMCが終われば今夜はECBです。 FOMCに追従した形で利上げするとは思いますが、EUはアメリカと違い経済的な弱さが目立ちます。特にドイツ。EU経済の主要国であるドイツが不安なことは大きな影を落としてますし、それを置いても、「そもそもあと何回利上げ出来るの?」って話で・・・。金利差の面で考えても少なくともユーロを買う理由が私にはありません。むしろショート狙うほうがRRが見えるくらいで。ユーロ円のチャートを見ても154円をしっかり割れればテクニカルが長期的に変わるので私はクロス円をしませんが、取引する人には注目かと思います。で、ドル円は東京で140円を割ってきました。前回のブログに書いていた「日銀までは140円で買うくらい」と書いてたように昨日は140.20ゾーンでロングを回転させたくらいで、長く握るトレードはしてません。東京で140円を下抜けたのは良い傾向で、「日銀までLポジ握ってキャリー(スワップ)もらいたい」というトレーダーは140円を下抜けて冷水を浴びせられてるでしょう。このまま東京の安値139.30ゾーンを下抜けてくるとLポジが恐怖を感じて139円くらいまで投げてくる可能性があるのでそのあたりで止まればLポジを積んでも面白いし、金曜日の日銀までに淡い期待で保有したLポジが減るのは日銀で動きが出やすくなるので良い傾向です。なお、注意喚起としては、もし日銀が何ら
0
カバー画像

FX いまの相場の難しさを具体的に

「概況」先週金曜日はロイターとブルームバーグのYCCリーク記事により円安へ。 221pipと大きく値幅は出ましたが、ここ数回のブログを見てもらえばわかりますように私はこの円安にはほとんど乗れてません。 ボラあったので値幅を見たら取れそうに見えるんですが、 リークにより一通になる相場であって難しさしか感じません。 「スワップ狙いで保有して138円台のLポジが日銀前に142円まで戻ってきた。ラッキー」 これくらいのノリでポジがあるならいいんですが、 140円から上でポジを持ちたいとは思わないのがずっとあって、 ドル円のチャートだけ見たらロングで取れる値幅が見えないんです。 145円なんてそう簡単じゃないレートになってるし、 各国の金利上限が見えてきてるのに昨年のような円安が来るとは思えない。 だからといって、ショート打てますか? スワップキツイですよね? つまり正直、今のレートの動きどうですか?って聞かれたら「レートが気分で動いてる」としか思えない動き。昨夜のNYを見ててもトレードするとしても難しすぎる。方向感がないし、方向感が出ても瞬間的すぎるし方向感が出るタイミングが指標じゃなくリークなので読めない。 「夏枯れ相場」であって、 いま打ち合っても経験上、資産が増えないんです。 今週は中銀WEEKなので、日銀に眼が行くと思いますけど 大勢が「日銀は現状維持だからロング握っておこう」っていう視点だと思うんです。 ファンダを知らなくても、最近のニュースを流し読みしただけでもわかる。けど、そんなうまく相場は出来てないから、 日銀までは先週の上昇を潰すような揺さぶりもあると思ってて、 「1
0
カバー画像

FX・Goldスキャルデイトレ手法のバックテスト

今回は現在出品中の「FX・Goldスキャルデイトレ手法」をEA化してバックテストを行った結果について解説しております。◆バックテスト概要FX業者:Three trader Raw口座通貨ペア:XAUUSD(ゴールド)時間足:M5トレード時間:日本時間10時~24時利確損切pips:設定なし(ロジックにより決済)期間:年始を避け、期間は2022年1月17日から11月30日までとしています。ちなみに、今回の手法ではエントリーや決済に際する細かいロジックをEA化するという事は少々難しく、また、雇用統計を始めとする大きな重要指標発表時(その前後も)や、月初・月末・週明け・週末なども関係なくEAが稼働するため、同じロジック(厳密には注文と決済が若干異なる)でも、裁量トレードよりもEAの方がかえってパフォーマンスが落ちると考えています。ですが画像をご覧下さいませ。裁量トレードよりEA化した方が結果が悪い事が分かっているにもかかわらず、それでもこれだけの利益が見込めるというデータとなります。バックテストにおけるモデリング品質をご覧下さい。こちらはあえてTickDataSuiteを使わずにThree traderの環境下でバックテストを行いました。Three traderのRaw口座が現状海外FX業者においては最狭スプレッド&低手数料のため、僕自身Three traderを利用しているためです。バックテスト方法:全ティックでの検証でモデリング品質90%証拠金:1,000,000円純益:1,158,290円ロット:1ロット固定PF:1.39最大ドローダウン:51.68%勝率:51.40%
0
カバー画像

MT4ツール リリースしました!

ココナラ様で新しいツールをリリースさせていただきます。        https://coconala.com/services/2028292MT4専用のツールですが、自動売買ではなく裁量で指値/逆指値をいれることで、安定した利益を得ることを目指しています。というのは自動売買だとブラックボックス化されており、ロジックがわからないもの、見せかけのバックテストの成績など、本当の実力がわからないままになることが多いかと思います。 また、裁量オンリーだとお仕事や家事、お出かけなどでPC前に張り付いてばかりもいられないという事情もあるかと思います。 そこで、指値/逆指値を貴重としたツールを開発しました。 こちらはMT4上で、ラインとボタンを利用して簡単にトレードを行うことができます。 (MT4の基本機能では発注時に、指値や逆指値を入れられないという弱点があります)↑ドラッグアンドドロップで、エントリー位置、指値/逆指値のラインを変更することができます。また、ワンクリック発注、ロング/ショートの切り替え、指値/逆指値、全決済などすべてワンクリックで完了することができます。単なる適当に指値/逆指値を置くのではなく、具体的な根拠となる手法も併せて公開しているので、初心者の方やある程度トレードを経験された方でも、戦略に納得いただけます。「ツール」+「手法」のご提供。ここが売りだと思っております。 裁量トレードならでは、自分なりのトレードを十分に活用することができます。以下、自分自身がMT4のリアル口座を使ってトレードした結果です(期間はおよそ1か月です)マーケットは下落基調ですが、株・仮想通貨
0
カバー画像

irisおかげさまで好評です。

ご無沙汰しておりますが、元気に活動しています。株や仮想通貨(暗号資産)、価格の推移に勢いを感じますね。おかげ様でいくつかirisも手にとっていただいたようで、今のトレンドフォロー型に適しているのだと思います。相当深い知識だなんて照れますね(いろんな経験があって今に至るので、もっとこの先につながっていけばよいと考えています)こちらも私事が忙しくて、開発の支援などもモジュール単位で外部にお願いすることも多く、時間はとれないのですが情報収集や定期的な改善活動に取り組んでおります。今年の下半期にはどのような形になっているか。やりたいことができているか、少しゆっくり考える時間も必要かもしれません。まずは、できることを進めていこう。今後ともよろしくお願いいたします。
0
カバー画像

irisとtokiどっちがいいの?

というご質問をいただきました。本気で勝ちたいとのこと。なので、本気ならこちらも本気ということでできるだけ言葉を考えて、お伝えさせていただきました。手法は十人十色で、トレーダーがやりたいトレードスタイルもありますし、スキャルピングの得意不得意もあると思うのですが、個人的にはスキャルピングのほうが短い分、利益も少ないし対して損失も少ない(理想です)のが戦略として気に入っています。 理想というのは、やっぱり人間なので損切を怠ったり、判断ミスなどが続いて熱くなってしまったり、資金管理をおろそかになってしまうことが負ける理由につながりますね。特にスキャルピングは。 なので、一般的に手法がものすごく優秀でも、使う人の能力・経験・知識に左右されやすいと思います。 実際結果出している人は手法にアレンジしたり、意見交換をしたりして検証を進めている人がおおい印象です。 irisは回答させていただいた通り、スキャルピングでせわしないトレードというより少し損益幅を広げて利益を狙う方法です。 トレンドの転換や価格の追従性能に優れているので、使いやすいと思います! よろしくお願いいたします。
0
カバー画像

トレーディング報告 7/1 ~ 2 雇用統計待ち

昨日に続き、今日も自宅作業となりました。。今週いっぱいは自宅での作業となりそうです。サポートやファイル送付などは確認でき次第、対応させていただきます。一部、ご返事が返せてなかったりしますが、返事いたしますのでゆるやかにお待ちくださいませ。昨日の結果を掲載していなかったので、現在分含めて記載いたします。 昨日の結果が+65,405、今日の今のところの結果が +2,560でした。 CFD口座の分はデモ口座なので、参考程度ですね(サーバの負荷も違いますし) 値動きもよくて、個人的には夕方ごろやりやすかったです。NY時間入ってボラが消失。。昨日のブログに記載しましたが、様子見モードでよかったと思います。 局面がコロコロ変わって難しいですね。 今日は今のところ特に動きなし。 その理由は、木曜日なのに雇用統計があることです。(金曜日が米国祝日なので、前倒しなんですね)指標発表前に無理してリスクをとる必要はないですね。 手数の割に増えてない要因はボラが低いこと。 結構マイナスがあったりして、その分とってとられてでほぼ横ばいですが、マイナスではないことによしとします!NFPも最近ではそこまで動かなくなりましたが、力を溜めてる感、ボラ拡大に期待かもしれません。ボラがあると当該システムは優位性が発揮しやすいです。よろしくお願いいたします。雇用統計後、追記そういえばCFDで、単純に昨日のポジションをそのまま放置してただけという・・・。さすがに100万の証拠金では、レバレッジが10しかない国内のCFDでは、短期で+20万は現実的ではないですしね。
0
カバー画像

トレーディング報告 6/26 とお客様の声

今日はごめんなさい、熱はかったら37.3°ありましてΣ( ̄ロ ̄lll)来週から仕事大丈夫かな。。今日はちょっと感覚も違う感じ。。マイナスになってないだけいいのかも。お問い合わせも少なくお休みモードです。 あと、掲載の許可がでたのでご購入者さまから頂いたトークルームの内容を掲載いたします(当然、面識もない今回初めてやり取りした方です)チャートが画像を見せて頂いたのですが、ポジション取りうまい雰囲気があるんですよね。実際にトレードやってたら、完全コピーツールを使わない限り、同じ成績にはなりませんので、どうしても結果の差がでてきます。裁量であろうと、自動売買であろうと。参考としてご確認頂ければ幸いです。その後の結果も頂いてるのですが、よい報告は嬉しいですね。よろしくお願いいたします。
0
カバー画像

トレーディング報告 6/25

本日のトレーディング、コツコツ、ひたすらコツコツと。全体的に為替そのものの動きが鈍かったように思います。ご購入者様からデモ検証でいい利益をだされていて、これ私よりも使いこなしてるのでは?と思ってしまいました(ちょっと負けてられません)デモとリアルでサーバが違うといえど、的確に戦略を組めるかどうかでけっこう利益が変わってきますね。これはもう以前のブログに書いたように、資金や環境、トレードの経験値も違うので、自動であってもみな違うトレードになるということです。自動売買であっても動かすときの判断とパラメータで損益そのものが変わってくるからですね。ご質問いただくことが多いのですが、 システムという単語が商品記事やブログにでてきたら、「インジケータを複数使ってシステマチックに裁量トレードする」、というニュアンスです。 今はインジケータという言葉に書き換えましたが、もしシステムという言葉があれ上記の解釈をいただければ幸いです。 海外でSystemだと、複合的にインジケータを使ってくみ上げたものをシステムと呼んでいたりします。その影響を受けて自然と使ってしまいます。自動売買でもシステムと使われていますけれど。 tokiの商品単体はインジケータ、tokiのオプション②は自動売買というほうがわかりやすいかもしれませんね。さて、明日でリモート終了か。それでもここでのブログやサポートは変わらず続けていきたいと思います。よろしくお願いいたします。
0
カバー画像

トレーディング報告 6/23 → 0:04追記

簡単ではありますが、インジケータを使ってのトレーディングをお伝えします。オプションで提供させて頂いている全自動や裁量ではなくセミオートマチックのトレードです。5万通貨(数量60/件数12=5万つうか)で2通貨監視でした。午前中はファンダメンタルズのほうで動きがあったようで、値動きがありましたがやはりモメンタムはずっとは続かないですね。地合いによって様子見するというのはとても大事なことだと思います。このあたりの欲求をどう制御するかがコンピューティングの役回りであり、トレーダーの感覚が大事だと思っています。↑6/22のトータル結果です。(デモ口座ではないという証明で、ブラウザURLも掲載しておきます)21時からのUSDJPYの下落が効果的でした。5万通貨(途中でロット数を可変にしましたが)ベースにしてはいいスタートをきれたと思っていますが、明日以降はまた気を引き締めていきたいと思います。 ①~⑩の箇所でセルエントリーしてます。普通に裁量で逆張りで焼かれる相場かもしれません(実際、ここまで一方通行に動くと反動で買いたくなりますよね)しかし自動化なりインジケータのトレンドフォローに従っていくと、効率よくとれることができました。来週以降、職場に行くことになりますので、日中の更新が難しくなりそうです。ブログ更新ができたとしても夜になりますが、あまり期間を空けずに更新していきたいと思います。特にリリースしたばかりなので、情報発信とサポートは継続いたしますが、分からない点がないようにマニュアルも細かく記載しております。
0
カバー画像

早速お使いの方がいらっしゃるようです(感謝)

出品して間もなく、お問い合わせやご購入などありがとうございます。随時対応させて頂きますので、お時間頂ければ幸いです。オプションの自動売買について興味を持たれる方が多いようです。MT4で利用可能な今回の商品、tokiですが、上記インジケータを利用した自動売買システムとなっております。MT4で動作することには変わりありませんが、MT4である一般的なEAと違って、独自の方法で自動化しています。シグナルをトリガーに発注を試みる仕組みとなっており、結果的に半裁量とでもいうべきでしょうか。様々なプロダクト(FX以外にも仮想通貨、商品、先物など)、ブローカーを問わずお使いいただけます。当然、損切りや決済といった基本的な発注にも対応しています。(ブローカー独自の指値/逆指値との併用も可能です)ブログも継続して、情報発信を高め引き続き興味を持って頂けるよう心がけます。どうぞよろしくお願いいたします。
0
15 件中 1 - 15
有料ブログの投稿方法はこちら