絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

5 件中 1 - 5 件表示
カバー画像

30代で人生を変えることができたのは〇〇でした

はじめまして、メンタルアドバイザーけんやです。 現在の主な活動は コーチング、ブログ、Youtuber活動、公式LINEの運営など多岐に渡る活動をしています。その他ににもプライベートでは読書、運動、マインドフル瞑想、資格取得のための勉強などを当然のように日常生活で行っています。その他ににもプライベートでは読書、運動、マインドフル瞑想、資格取得のための勉強などを当然のように日常生活で行っています。 とはいってもこのような毎日が充実するような生活ができるようになったのは30代になってからでした。それまで10代~20代までは勉強はろくにできず、宿題も提出ギリギリまでならないとやらない、社会人になっても仕事で上司に怒られて部分を改善しようともしない、運動を日課にしょうと試みも3日坊主になる。読書やマインドフル瞑想も同様な結果に。 何をやってもダメダメなまるでのび太のような人間でした。 ところが、そんな僕を変えてくれた衝撃の出会いが起きたのが31歳のときだったのです。 まさにドラえもんとの出会いです。 僕の人生が確実に変わるようになったがの、 ドラえもん!・・・ではなく 習慣化の知識との出会いだったのです。 習慣化の知識との出会いで僕の人生がだんだん良くなっていたのです。 それでまは何をやっても駄目な自分に呆れ無力感を感じ自分を呪っていました。 ですが、習慣化の知識と出会ったことで 僕がやりたいこと、運動、読書、マインドフル瞑想、ブログを書く、Youtuber活動などが継続できるようになったのです。それまで何をやっても3日坊主で挫折する僕がですよ! 僕にとっては習慣化の知識というのはドラ
0
カバー画像

人生を変えたかったら、まず何でもいいから始めてみること!

結局、何かしらの目的を達成するためには、何でもいいからとりあえずやってみないと始まらないですよね。 ただ、僕も含めてほとんどの人が、「時間がない」とかという理由で何もやろうとしないんですよね。 僕もその1人でした。 だから、毎日同じ繰り返しになってしまうんですよね。 で、この「ココナラ」を知ったのは、今年の1月。 知ってからアカウントを作るのに、3日以上先延ばし・・・。 その時はちょこっと書いたのですが、続きませんでした。どこかでもう1回やらないと思い、もう8月になってしまいました。で、やっとのことで記事を書いているのです。 何を書けば、皆目見当もつかなかったのですが、少し心理学をかじっているので、とりあえずその方面でやってみようかなと思います。 色々と軌道修正しつつ。 それにしても、僕の場合先延ばしがひどすぎると自分でも思います。 一方で、筋トレなどの習慣は途切れることは滅多にありません。 だから、「ココナラ」も習慣的に記事を更新していけば先延ばしがなくなるのかなという気がし ます。  僕自身、最初の一歩はメチャクチャ遅いのが悪い癖ですが、一回車輪がちゃんと動き始めるとすぐにできるとは思っています。 もしかして、思い込みのせいかもしれませんが。 で、なぜ僕が先延ばしをするかというと、色々先延ばしに関する資料を読んだのですが、一番当てはまっているなと思ったのが、「圧倒」型だったのです。 これは「あれもこれもしなきゃ」と思い、結局何から手をつけていいのかわからなくなる原因で起こる先延ばしのタイプです。 それに加えて、僕は具体的にわかっていないことは手
0
カバー画像

【続けられる目的を決める】

日常的スピリチュアル、安田です。 どんなことを成していくにも 続けることが必要なのですが 続けていくには 続けていく目的が 必要なのです。 目的が曖昧であったり 決まっていないと モチベーションを 保っていけなくなります。 モチベーションの高さというのは より大きな目的を持つことで 高くなるのです。 自分だけの願望や目標では モチベーションを上げることは できないのです。 自分の願望や目標を実現することで より大きな目的に貢献することに つながることで 自然にモチベーションを 上げることができるのです。 自然にモチベーションを 上げることができれば 自然に続けることが できるようになります。 続けるためには 習慣の力が必要なのですが 習慣の力を身につけるには 大きな志の土台が必要なのです。 なぜなら 習慣の力を身につけても 何のために歩んでいるのかが 明確になっていないと 惰性的な歩みになったり ぼやかされる歩みに なってしまうからです。 目的を決めるというのは 面倒なことなのですが 目的を決めないと 続けられなくなります。 そして、いつの間にか 諦めてしまうのです。 勝手に大きな志を 持っている人は 諦めることが迷惑になると 感じているのです。 諦めることが 自分だけの問題であれば 自業自得で済むのですが 大きな志 目的につながる 歩みであれば 諦める訳には いかなくなるのです。 志というのは 勝手に決めて 勝手に持てばいいのです。 他の誰かから 「この志に決めなさい」と 強制されることはないので 勝手に決めるしかないのです。 私たちの歩みは 全て宇宙空間での歩みに つながっ
0
カバー画像

【どのような努力をしているのかを学ぶ】

安田です。 学びというのは 知識だけを学ぶのではなく どのような実践をしているのかを 学ぶかなのです。 今の時代に 多くのことを 知っているかどうかは 何の自慢にもなりません。 いかに実践が できるかなのです。 どのような努力をしているかが 公開されているので 学ぶことができるのです。 本当の学習力というのは 実践につながる力のことをいいます。 ただ、学んでも 実践につながらない 時期があるので 知っていることと できていることの バランスが崩れるのです。 バランスが崩れることで 居心地の悪さを感じ 実践ができるように 転換されていきます。 実践ができるようになるには 転換が必要なので 時間がかかることもあります。 知っているから 実践ができるのではないのです。 知っているだけで 実践ができるのであれば 学ぶだけで どんどん実践が できるようになるのです。 私たちの悩みは 知らないことではなく 知っていることが できないことが 悩みなのです。 誰でも努力が大事 実行することが大事 必要であることは 知っています。 どんな教えでも 結論は同じなのです。 「学んだことを実行しましょう」という 結論に至るのです。 学んだことが できるようになるには 感情の転換が 必要なのです。 私たちは環境の影響によって 感情が反応してしまい 感情の通りに 無意識の通りに 歩んでしまうのです。 環境の影響を受けるというのは 感情が反応してしまうということです。 環境を極端に 変えることができれば 環境の影響を 受けることを 避けることが
0
カバー画像

【意志の力に期待しない】

安田です。 これからの時代は 一人で歩むことが 主流になってきます。 自分から主体的に学んで 実行して、努力をしなければ 何もやることがなくなります。 ただ待っていても 誰も何も指示してくれないので 受け身でいる人は 暇でたまらなくなります。 他の誰かがいたり みんなと同じことを やるとなると 多少の緊張感があるので 勢い的に歩むことができます。 集団の心理というのは 良くも悪くも 大きな力を 発揮することが できるのですが 集団に慣れてしまうと 一人になると より孤独感が強くなり 一人で歩めなく なってしまうのです。 一人で歩むには 意志の力に頼らないで 習慣の力を身につける ことを意識してください。 一人で歩めることは やっても褒められないし やらなくても叱られないのです。 誰の顔色もうかがう必要ないので 自己管理で努力をしていく 工夫が必要なのです。 意志が弱いという前提で 工夫をしていくことで 意志の力に頼らないで 歩むことができるのです。 習慣の力は ごく小さなことでも 毎日続けていくことで 身につけることができます。 意志の力では 継続はできません。 短期間で 一気に集中することは できるのですが 私たちの歩みというのは 短期の歩みではなく 長期の歩みになるので 継続が必要なのです。 自分の努力は 自分でやるしかありません。 他の人が 代わってくれることはないし 代わることもできません。 そして 努力をした分しか 身についていかないのです。 学んだ分 実行した分しか 知識も技能も 身についていかないのです
0
5 件中 1 - 5
有料ブログの投稿方法はこちら