【続けられる目的を決める】

記事
学び

日常的スピリチュアル、安田です。

どんなことを成していくにも
続けることが必要なのですが
続けていくには
続けていく目的が
必要なのです。
目的が曖昧であったり
決まっていないと
モチベーションを
保っていけなくなります。
モチベーションの高さというのは
より大きな目的を持つことで
高くなるのです。
自分だけの願望や目標では
モチベーションを上げることは
できないのです。
自分の願望や目標を実現することで
より大きな目的に貢献することに
つながることで
自然にモチベーションを
上げることができるのです。
自然にモチベーションを
上げることができれば
自然に続けることが
できるようになります。
続けるためには
習慣の力が必要なのですが
習慣の力を身につけるには
大きな志の土台が必要なのです。
なぜなら
習慣の力を身につけても
何のために歩んでいるのかが
明確になっていないと
惰性的な歩みになったり
ぼやかされる歩みに
なってしまうからです。
目的を決めるというのは
面倒なことなのですが
目的を決めないと
続けられなくなります。
そして、いつの間にか
諦めてしまうのです。
勝手に大きな志を
持っている人は
諦めることが迷惑になると
感じているのです。
諦めることが
自分だけの問題であれば
自業自得で済むのですが
大きな志
目的につながる
歩みであれば
諦める訳には
いかなくなるのです。
志というのは
勝手に決めて
勝手に持てばいいのです。
他の誰かから
「この志に決めなさい」と
強制されることはないので
勝手に決めるしかないのです。
私たちの歩みは
全て宇宙空間での歩みに
つながっています。
志を大きく持つことが
できるのは
どんな歩みをしていても
全てにつながっているからです。
現実的には
今の目の前のことに
最善を尽くすことしか
できないのですが
どんな小さな歩みであっても
宇宙空間での歩みになるので
全てにつながるのです。
なので
より大きな意識
大きな志、目的が
必要なのです。
続けられる目的があれば
自分だけの問題ではないので
適度な緊張感を
感じることができるのです。
どんなことでも
続けることができれば
成されるのは
時間だけの問題になります。
いつ成されるのかは
分からないので
投入する歩みを
続けていきながら
待っていればいいのです。
地道な歩みができていれば
何の問題もないのです。
目的を決めていくには
目的意識を持ってください。
目的は意図的に決めないと
流されてしまうのです。
現実の歩みというのは
流されやすいし
惰性的になりやすいのです。
どんなことでも
始まりがあれば
終わりもあるのですが
いつまでも続くと
錯覚してしまうと
流されてしまうのです。
なので
一日一日を着実に
積み重ねていく歩みが
できるようになれば
惰性的になることなく
マンネリ化を避けることができ
新鮮に歩むことができます。
私たちの歩み自体は
同じようなことの
繰り返しになっていくので
新鮮さが必要なのです。
同じことを繰り返しながら
新鮮さを保つことができれば
目の前のことに
投入しながら
着実に積み上げる歩みが
できるようになります。

今回も読んで頂きましてありがとうございました。
安田 悌