絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

混合ワクチン接種って必要なの?

前回は、犬の狂犬病ワクチンについてお話ししましたが、今回は犬猫の混合ワクチン接種の必要性に関して、解説していきたいと思います。混合ワクチンとは?まず、混合ワクチンとは複数の感染症の病原体(細菌やウイルスなど)を1度の予防接種で予防できるように混ぜて作製されたものです。予防できる病気の数が異なり、その組み合わせによって以下のようなものがあります。犬であれば1種・2種・3種・5種・6種・7種・8種・11種混合ワクチンなどが存在します。一方で猫用の混合ワクチンは、3種・5種の2つが一般的です。どんな病気が予防できるの?<犬の混合ワクチン>①犬ジステンパー②犬伝染性肝炎③犬伝染性喉頭気管炎④犬パラインフルエンザ⑤犬パルボウイルス感染症⑥犬コロナウイルス感染症⑦犬レプトスピラ感染症(約250種類の血清型があり、イクテロヘモラジー・カニコーラなど)<猫の混合ワクチン>①猫汎白血球減少症②猫ウイルス性鼻気管炎③猫カリシウイルス感染症④猫白血病ウイルス感染症⑤猫クラミジア感染症混合ワクチンの種類によって、犬猫それぞれこれらの病気の中から複数を組み合わせたものを選択して接種します。健康な犬の場合は、5種・6種混合ワクチン、健康な室内猫の場合には3種混合ワクチン、外出して野良猫との接触が起こりうる猫の場合には5種混合ワクチンを接種されることが多いでしょう。混合ワクチンの接種は必要?とくに犬を飼い始めた方は混同しがちですが、混合ワクチンの接種に法律的な縛りはありません。つまり、混合ワクチンの接種は飼い主の義務ではありません。しかし、予防接種により他の犬猫から愛犬・愛猫に感染しうる病気を防ぐことができ
0
カバー画像

ワクチン接種の副作用・・・

昨日、大規模接種センターにてワクチン接種を致しました。 30分の経過観察中、近くにいた女性2人が具合が悪くなってしまい、矢継ぎ早に担架で運ばれて行き、少し驚いてしまいました。 自分のことに話を戻しますと、帰宅後数時間で頭痛(市販薬服用)、本日日中は倦怠感というかボーっとした感じ、夕方から腕が痛くなる。という感じです。
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら