絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

3 件中 1 - 3 件表示
カバー画像

アドセンス広告で稼ぐにはどのくらいのPVが必要か

こんにちは。ブログ屋 石川です。今回はブログ運営の初心者向けに【アドセンス広告で稼ぐために必要なPV数】をお伝えしていこうと思います。ぶっちゃけた数字を公開していくので、これからブログでアドセンス広告を運用してみたい方はぜひ参考にしてみて下さい。アドセンス広告の単価について多くの初心者の人が最初にブログに導入したいと考えるのがアドセンス広告だと思います。ブログに貼っているだけでお金を貰えるなんて夢のような世界だと感じてしまうのはしょうがないのですが、現実はなかなか厳しいものです。アドセンス広告のクリック単価は平均すると約15円ほど。数年前までは平均単価が約20円と言われていた時期もありましたが、現状、コロナウイルスの影響なども含めて、広告の単価は非常に下がってきてます。それらを鑑みると、平均して15円取れればかなり良い方だと言えます。「15円もあれば月間にするとそこそこ稼げるんじゃない?」っと思う方もいらっしゃるかと思うのですが、問題はこれが「クリック単価」であるということなんです。アドセンス広告は基本的にクリック単価の報酬になるので、クリックされない限りは収益が発生しません。ではPV数(ページビュー数)に対してどのくらいのクリックがされるのでしょうか。約1100万PVで約9万1500クリックこちらのレポートは実際の僕のアドセンス広告管理画面を適当に切り取ったものです。ブログの種類や、広告の位置など、他にも要因はいくつかあるのですが、1100万PVに対してクリックは10万に届きません。つまり、約100PVに対して1クリックほどの計算になります。1クリックが15円だと仮定すると、
0
カバー画像

2020年7月アドセンス審査サポート

やはり気になるのは「価値の低い広告枠」での審査落ちです。2020年に入ってからも、7割程度はこの原因で審査落ちになっています。2019年以降、アドセンス審査ではブログ全体の質が重視されるようになりました。サイトデザインから文章の一言一句まで、ブログ全体をくまなくチェックされ、足りない部分が多いほど減点方式でバンバン落とされてしまいます。つまり昔のような「これが設置されていれば合格!」といった簡単な審査ではなくなっているんです!審査項目が非常に多いため、不合格の理由もサイトごとにそれぞれ大きく異なります。そのため他の合格体験記をそのまま実践しても合格できない場合が多いんです。それぞれのブログの状況に合わせた対策がかなり重要です。
0
カバー画像

Googleアドセンス審査で不合格になりやすいブログジャンルの特徴

Googleアドセンスの審査に合格できない方は一定数いらっしゃいます。何度も不合格になっている人のブログを見ていると、決して質の悪い内容ではないなという印象です。しかし、不合格になってしまう...。なぜでしょうか?ここからは、僕の推測に基づく考えを述べていきます。分析してみたところ、・お金・健康・法律などのジャンルを扱っているブログが、Googleアドセンス審査不合格になりやすいと分かりました。このジャンルは、Googleが敏感になっている分野で、YMYL(Your Money or Your Life)と呼ばれています。和訳すると、「あなたのお金、あなたの人生」です。「お金」や「健康」や「法律」といった、人々の生活に大きく影響を与えるジャンルは、Googleは信頼性や専門性のあるサイトを優遇します。逆にいうと、Googleから信頼性や専門性のあるサイトは、その専門分野のジャンルを扱っても評価されるということです。だから、信頼性や専門性を保証できない弱小ブログでは、「お金」や「健康」や「法律」の分野を扱っても、評価はされません。『マイナス評価にされる』ではなく、『評価すらしてもらえない』ということです。この評価すらしてもらえないという状況が、Googleアドセンス不合格の要員の1つだと思っています。だったら、「お金」や「健康」や「法律」のジャンルで記事を書かなければ、Googleアドセンス審査に合格するのではないか?というのが僕の考えです。こういった考えでご提供しているのが、下記のサービスです。『不合格になりにくい』に一点特化した記事【2200文字×5】『合格になりやすいジャン
0
3 件中 1 - 3
有料ブログの投稿方法はこちら