絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

12 件中 1 - 12 件表示
カバー画像

事例と回答ブログ コロナ禍におけるひきこもり 金田治(仮名)52歳 外車四輪ディーラー統括営業部長

【事例】大学を卒業後に入社30年間ずっと営業畑でトップセールスマンでもある金田さん。リーマンショックやメーカーのリコール問題など苦境を何度も乗り越えて販売に尽力を注いできました。しかし、今回のコロナ禍での経済問題で顧客の買い控えに直面してしまいました。グループ会社で店舗は5店舗あり、その統括をする部長職を任されています。メーカーと折衝しても打開策は見えず、営業スタッフもモチベーションが下がります。コロナ禍で、売上は半減してしまっています。幸いグループ会社の経営及び資金繰りはメインバンクが大型融資を実行してくれているので危機的な状況にはなっていません。問題は、金田さんが想定以上に販売不振になり打開策が見えず、オーナーも見てみぬふりをしている状況です。他の取締役もうわべだけは取り繕っていますがオーナーのイエスマンなので何もしません。金田さんだけ本質を見抜き、目の前の危険度が高いことに気づいてもらえない経営陣にショックをいだき、会社に行けなくなり、ひきこもるようになってしまいました。会社は事情をくんで、休職扱いで対応しています。ひきこもって2ヶ月経過しています。金田さんは人望が強く、5店舗あるトップセールスマンはほとんど金田さんの教えで成長している人材です。オーナーもそこは認めていて、将来は社長職に継がせる考えもあります。現場では絶大な信頼があり、金田さんを思い、色紙によせ書きで早く復帰出来るようにエールを送り、それを見た金田さんは、余計にプレッシャーとなりひきこもってしまう状況です。現場のモチベーションは金田さんが育てた優秀な部下なので高く、緊張感をもってやっています。金田さんは、
0
カバー画像

事例と回答ブログ コロナ禍におけるひきこもり 大久保聡(仮名)40歳 イタリア料理店経営

【事例】現在、奥さんと店長、バイト2人でお店を経営しています。コロナ禍の影響で、売上は昨年の8割減になり、大久保さんは自信をなくして、うつ症状になり、家にひきこもるようになってしまいました。実質オーナー不在ではあるが、奥さんと店長が切り盛りしてなんとか現金は回り苦しい状況ではあるがお店は維持できています。給付金申請をして上限の100万円が入り当面、少しの間は継続できる状況である。家賃は12万円で、店長は30歳でおとなしく、無理を言わず、素直な人である。大久保さんの奥さんは、会計業務をメインだが、人柄が良く表に出てお客さんを盛り上げるのが上手で、ファンも多い。現在の施策としては、コロナ対策でお店の消毒をかかさず、客席も間隔を開けて対応している。また、テイクアウトでイタリア料理にこだわらず、庶民が好む定番のお弁当を展開して近所の方々に支持されている。お店の売りは、生生地で作るピザやパスタ、フィットチーネなどを材料としてシンプルな味付けで出している。また、肉の素材にこだわり、牛・豚・鶏の3種類の肉料理は大久保さん独自の仕入れルートで新鮮な素材を使い、リーズナブルの単価で提供して、週末はカップルや家族連れが多くレストランに訪れていた。しかし、オーナーの大久保さんは経営者目線で先を見過ぎてしまい、不安になり、この先どうやっていいのかわからず、誰にも相談できず、抗鬱剤と睡眠薬を服用して、療養にはいっている。大久保さんの奥さんはお店を守る使命感で運命だと気づき出来る限りのことやっている。【やっさんからの回答】まずは、オーナーである大久保さんが、どこまで動けるかだと思います。ひきこもりであって
0
カバー画像

コロナストレスに効く、世界に1つだけのスキル

※【聴くブログ】は方言(備後弁)まじりでお伝えしております。うつ活ソーシャルワーカーの水卜ヒロです。よろしくお願いいたします。今回は新型コロナウイルスの影響によるストレスへの対処に役立つ、「これまでの人生であなたが苦難を乗り越えてきた時に役立ったスキルを活用する」という内容についてお話させていただきました。
0
カバー画像

コロナ鬱を進行させないある一つの方法

※【聴くブログ】は方言(備後弁)まじりでお伝えしております。うつ活ソーシャルワーカーの水卜ヒロです。よろしくお願いいたします。今回は新型コロナウイルスの影響に伴う不安な気持ちと、テレビなどのメディアの視聴との関連性についてお話させていただきました。
0
カバー画像

コロナ鬱にはならないで

こんにちは。コロナコロナの話題で心が疲れ始めている人も多いのではないでしょうか。人は気づかないうちにストレスをため込んでしまうものです コロナ騒動から「非日常」がおとづれて、最初は「テンションが上がる 」っていう方もたくさんいたかと思います。昔 台風が来たり、 大雪が降ったり(ここ関東では珍しい)。そんな時にはテンションが上がってしまった記憶ってないでしょうか??しかしそれは一時的なもの と脳は知らず知らずに理解をしていますそれと同じように今回の騒動を捉えてしまい、勘違いしてテンションの上がっている脳は「疲れ」を感じ始めるでしょう。また、自己防衛反応として人ってピンチを感じた時に緊急反応としてテンションを上げるようにできているとかしかしそれは継続できるものではないようです。そのピンチが長引くと。。。。反動画やってきます。それが「鬱症状」です。物資がない、感染するかもしれない、外出してはいけないなどのストレスを毎日受け続ける私たちの心と体はそのうちキャパオーバーになってしまうと思います私たちは情報社会の中で日々たくさんの情報に翻弄されています。インターネットが当たり前にあるこの現代で手に入らない情報はないといっていいほどに加え、様々な意見や間違った情報、曖昧な見解に左右される毎日ではないでしょうか。特に今回のような「目に見えない敵」には、『未知の恐怖』がつきまとってきます。心が迷走すると人はネガティブになっていきます。498211F0-E6E5-4A8D-8039-18C5DF75CF92まず気をつけたいのは、「情報過多を見直す」ということです。スマホ、SNS、YouTube、テ
0
カバー画像

【聴くブログ】コロナ鬱に負けないための「普段どおり」その①

※【聴くブログ】は方言(備後弁)まじりでお伝えしております。うつ活ソーシャルワーカーの水卜ヒロです。よろしくお願いいたします。コロナ鬱に負けないために、睡眠や食生活における「普段どおり」を意識することの大切さについてお話させていただきました。 
0
カバー画像

【聴くブログ】コロナ鬱を軽くする、信頼できる人との会話

※【聴くブログ】は方言(備後弁)まじりでお伝えしております。うつ活ソーシャルワーカーの水卜ヒロです。よろしくお願いいたします。WHO(世界保健機関)が推奨している「新型コロナウイルスの流行にともない生じるストレスへの対処」の中から、家族や友人など信頼できる人と話をすることで気持ちが楽になるというポイントについてお話させていただきました。 
0
カバー画像

【聴くブログ】悲しい気持ち、フタをしないでグリーフワークを

うつヌケソーシャルワーカーの水卜ヒロです。よろしくお願いいたします。志村けんさんの訃報をうけて、深い悲しみを乗り越えるための「グリーフワーク」についてお話させていただきました。※【聴くブログ】は方言まじりでお伝えしております。
0
カバー画像

緊急事態宣言下のGWのみなさん、ほんとうはみんな頑張ってきたのよ!

 今年もGWは緊急事態宣言の下に制限された人々がたくさんいます。 頑張ってるのに頑張ってるのに、毎日毎日不安を煽られる報道。「まだ努力が足りない、気を緩めるな」そんなメッセージが知事から報道機関から言われ続けてると、そりゃ鬱っぽくなりますよ…。  とにかく人の集まる所、ショッピングモール、映画館、美術館、動物園、公園がみーんな閉まっていて、「東京から出るな、東京に来るな」と言われる始末。息が詰まりますね…。 「このGWに稼ぐことが出来れば・・・」との一縷の望みでこの一年耐えてこられた飲食業(特に居酒屋さん)・イベント業・観光業などの方々のことを想うと胸が締め付けられます。 そこで以前にご紹介したこの動画をもう一度見てほしいんです。じつは日本人はすんごく頑張っている、褒めてもらうべき位頑張ってる。感染者増・医療崩壊しそうというのはじつは別の理由なんだ、それをもう一度見て、頭をあげてほしいんです。 
0
カバー画像

コロナ鬱 ストレスに呑まれない 日常のすごし方

看護師・心理カウンセラーの渡辺由紀子と言います。 感染も怖いし、 経済的に破たんするのも怖い。 いつ、希死念慮(死にたい気持ち)が出てきても 不思議がないような状態です。 そんな状況の中で、 stay homeで気が滅入らない過ごし方について 書いてみたいと思います。 認知行動療法でいうコーピングと言われる方法に ヒントを得て、整理してみたいと思いました。 自分自身でやってみて良かった事や、 クライアントさんが話てくださった事で、 良さそうな事を上げてみました。 1 家事を楽しむ これは、普段家事をしない人方向けの方法です。 日常的に、家事を一手に担っている人にはよけいストレスですので、 いつも、パートナーや親に料理など任せっぱなしの方は、 お相手の為にも是非、家事を引き受けてあげてください。 一番、楽しめるのは、 やはり料理を作る事ではないかと思います。 ちょっと心得がある方なら、 時間をかけて普段作らない者を作る。 ほとんど、台所に立たない方なら、 とにかく、一食賄う事ができれば良しとする。 「楽しむ」がkeywordですので、 下手に頑張りすぎない事が大切です。 パートナーやお母さんなど、 普段、料理をしている方は、 美味しいと言って食べてあげる事が役割です。 後かたずけでよけい大変、というのは、 最初は大目にみてあげる。 日常的な掃除はあまり面白いものではないでしょうが、 断捨離の気分で、押し入れの奥に手をつける。 懐かしい物が出てきたら、 掃除は後にして、 ご家族と思い出話をしたり、 昔の友達に連絡をとってみたり。 どちらかと言えば、 掃除
0
カバー画像

絶対に成功させる

おはようございます。人事のパパです。「絶対に成功させる」たしかに、この気持ちはものすごく大切。しかし、この思いは時には自分を苦しめることもあります。「こんなはずではなかった」と「絶対に成功する」というのはこの世にはなく、時には予想外の事態に絶望することもある。いつ、どんな時でも「現実を直視し、しっかり向き合い受け止められる」そんな人が結果成功します。
0
カバー画像

コロナ鬱に負けないために大切な「普段どおり」その②

※【聴くブログ】は方言(備後弁)まじりでお伝えしております。うつ活ソーシャルワーカーの水卜ヒロです。よろしくお願いいたします。コロナ鬱に負けないために、活動量・運動における「普段どおり」を意識することの大切さについてお話させていただきました。
0
12 件中 1 - 12
有料ブログの投稿方法はこちら