絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

3 件中 1 - 3 件表示
カバー画像

科学技術「究明!ハゲ!」

【メカニズム】とうとう人類の悪夢ハゲのメカニズムが解明されました!かといってハゲを直す方法やハゲない方法が見つかった訳じゃありません今までのハゲる原因として知られていた事はただの原因であり何故そうなるかは解明されてませんでした。毛穴は定期的に縮小して中の老廃物を出しまた元の大きさに毛穴が戻ります。そのサイクルが老化や環境ストレスによりだんだん元に戻る毛穴の大きさが小さくなってきます。そして最終的に毛穴が小さくなりすぎて毛穴が無くなり毛が生えなくなります。これがハゲになる原因ですが今回なんでこうなるかと言う理由が解明されました。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【17型コラーゲン】毛穴が再生されなくなる原因として「17型コラーゲン」と言うタンパク質がストレスや老化で少なくなってきます。17型コラーゲンが少なくなると細胞が毛穴を再生させる能力が少なくなります。そうなると細胞は再生させる代わりに硬い角質の皮膚を作るようになってしまいます。その硬い皮膚は毛穴が縮小される事で排出されますが17型コラーゲンが少なくなる事により縮小された毛穴が元に戻り難くなります。そうすると元に戻っても元の毛穴がだんだん小さくなり最終的に毛穴が無くなってしまいます。毛の生える所は「毛包幹細胞」と言います。毛包幹細胞は硬い皮膚を垢として出す道が左右の脇に作られています。〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓【分化細胞】17型コラーゲンが作られなくなると毛包幹細胞の左右にある垢を出す道も小さくなります。そうなると垢を出すペースがだんだん遅くなり17型コラーゲンが供給される道も徐々に狭くなり供給され無
0
カバー画像

育毛業界が教えない、最適な育毛法を教えます

0 2,000円
カバー画像

おはようございます。

秋は夏の疲れが影響して抜け毛が多くなる季節とも言われます。しっかり対策していきたいですね。髪が抜けている原因考えた事ありますか?ゲストのお話を聞いていると遺伝という言葉がよく出てくるのですが遺伝には先天的遺伝と後天的遺伝があります。先天的遺伝は骨格や毛細血管の形に太さ、男性ホルモンなどなど。後天的遺伝は大まかに生活環境。細かく言うと食生活や喫煙習慣睡眠習慣などなど。先天的遺伝は対策が可能で後天的遺伝は改善が可能です。何をすればいいのか分からない状態よりも何をすればよくなるのか知ってみてはいかがでしょうか?遺伝に対するアドバイスで改善出来たケースも多くあります。ご連絡下さい。
0
3 件中 1 - 3
有料ブログの投稿方法はこちら