絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

3 件中 1 - 3 件表示
カバー画像

「ネッシー大捜査」・・・夢いっぱい。^^

もう~、50年ぶり??あのスコットランドの「ネス湖」の「ネッシー」の大捜索じゃ。^^;今年は、かなり降水量が減って、例年の30%くらいとのこと。^^;それに「水をかなり吸い上げた」からね~「今年は、さすがに’ネッシー’も頭を出すんじゃ~ないの?!」っていう、アホのような話題で持ち切りじゃね。(^^;あのねえ~、もう数十年前?かな??「あれは、恐竜の模型でネス湖にちょいと浮かべただけのフェイク(うそ)写真」ですよ~、ってオッちゃんが、証言?したじゃんか~。(^^;もう、それで「終了」でしょ?!え、まだやりたいの??アンタも好きねぇ~♪^^まあ、でも「30年ぶり?」位の低水位だし~、「なんかネス湖にはある?」かもしれないので、ボクも実はちょっと興味あるぜよ。^^数十年前に発見された「シーラカンス」だって「存在」してたんだから~、まあ、期待するぜよ。^^だけどね~、まだ、日本だって鹿児島の「イッシー」とか~北海道の「クッシー」なんてのもいるからね~、期待できるぞ!え?「イッシー」って、’おおうなぎ?’え?「クッシー」って、’人食い魚?’まあ、なんでもええのじゃ。この広島だって「ヒバゴン」とかっていう「類人猿?」とかが話題になったりね~、そういえば「ツチノコ」っていうヤツもいたね。^^へえ~~。ま、「ヒバゴン」ってわかんないけど、「ツチノコ」はありゃ~、「ヘビが動物でもパクって」食べた後の姿?じゃ~ないのかい??ま、ど~でもいいけど。古(いにしえ)にあった「人面魚」・・・もう、あれも「ただの斑点?」だし。^^みんな「ヒマ」ねぇ~♪はい、ボクも。では、また次回も「UMA」でいくか?じゃね
0
カバー画像

占ってみた 日本を代表するUMA・ツチノコは見つかるか

こんにちは南仙台の父(hrperficio)です。今回は日本を代表するUMA・ツチノコを取り上げてみました。最近もUMAの目撃話題がチョコチョコと取り上げられますが、先日も北米でUFO・宇宙人の目撃の話が出ています。UMAの中でもかなり地味な存在であるツチノコは世間で大きな話題になってから既に半世紀以上が経過しています。先日の別のブログでツチノコの話を取り上げてみましたが、やはり気になるので今回は特別に鑑定をしてみました。さて、謎の生物・ツチノコは見つかるのでしょうか。写真は鑑定の結果となります。左側が結果、右側が環境条件となります。まず結果ですが、愚者のカードの正位置が出ています。愚者のカードの正位置は自由や型破り、無邪気や純粋、天真爛漫や可能性、発想力や天才、熱狂や楽天的、好奇心といった意味があります。これらのワードを考えると可能性はあるようですが、そんなに簡単には見つからないということを示しています。最近は人口減による森林放棄などもあって、かつては林として人の手が入って整備されていましたが、近年は限界集落化や集落そのものが消滅するといったことも増えています。そうした中では更にツチノコと遭遇する機会は減っていくます。また、ツチノコ自体は仮に棲息しているとすれば、人に慣れているわけではなく、自由に動き回っているはずですが、警戒心もあるのでなかなか姿を表すようなこともありません。そのため、大規模な捜索や従来の蛇狩りのような対応では捜索・発見とはいかないようです。もっと違う視点からの探索や手段、更には生態が不明なので別の仮説からのトライなども必要になりそうです。今のところは可能性
0
カバー画像

ツチノコ

日本に生息されていると言われている、未確認生物。ヘビのような外見をしているが、普通のヘビより胴体 太く短く、高くジャンプするとも言われる。その正体は、四肢の退化したトカゲの一種、腹の膨れたヘビの誤認などの説がある。
0
3 件中 1 - 3
有料ブログの投稿方法はこちら