絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

1 件中 1 - 1 件表示
カバー画像

娘との会話の中でコーチング

こんばんわ、みなさんいかがお過ごしですか?こちらは現在雨が降っており、心地の良い音の中パソコンを打っております。最近、9歳になる娘が学校の先生がこわくて、学校が楽しくない、学校に行きたくないと相談してきます。この前は急に大泣きしてちょっとびっくりしました。嫁は「そんなことたくさんあるで、この先。ママなんてしょっちゅう嫌な事があるわ」と言っており。確かにこの先いやな事なんて数えきれないくらいあるよなぁ。と共感しました。だけど、娘にとってはとても重大な悩みなので、父「うん、うん。そうだよなぁ」と聞き娘が落ち着くまで待ちました。父「お父さんなぁ、思ったこと言っていいかぁ?」と言って、父「確かにママのいう事は合ってると思うんだぁ。嫌な事なんてたくさんこの先ある。今こっちゃんは先生のことばっかり頭にあって、それで頭がぜんぶになっとると思うんだぁ。でも、いい事もあると思うんだよなぁ。学校でいいことないん?」娘「・・・」父「じゃぁ3つだけだったら言える」娘「昼休み友達と遊ぶこと、学校から一人でかえること、帰っていくちゃんと遊ぶこと」娘「でもなぁ、学校でいいことが30%だったら、70%は先生に怒られて嫌な事だで」父「今は嫌な事探しをずっとしとると思うんだ。だからでも、だってをたくさん言って嫌な事ばかり言っとる。そうじゃなくて、良いこと探しをする練習で、良かったことをお風呂で3つ言うってのをやってみん?」娘「でも、いいことなんてない」父「じゃあいいこと1つは?これならできそうかなぁ」娘「・・・」コクリ父「いつから出来そう?」娘「あさって」父「なんであさって?」娘「決めたばかりだから」父「う~ん、
0
1 件中 1 - 1
有料ブログの投稿方法はこちら