絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

3 件中 1 - 3 件表示
カバー画像

呪いの踏み切りと非日常

今日は、今まで何度か取り上げた「呪」の話を再び考えてみたいと思います。ある踏み切りで飛び込み自殺があったとします。死んだのは女性で、妻子ある男との不倫関係のもつれから怨みを抱いたまま死んだんですね。そのためにその女性の魂は成仏できなくて、怨霊となってその踏み切りの辺りをまだ彷徨っているわけです。その証拠に遮断機に飛び散った血痕は何度洗っても落ちないし、夜になると踏み切りの辺りがぼぉーと明るかったりします。近所の犬が誰もいないのに急におびえたように踏み切りに向かって吠えることもあります。また、ある通勤帰りの会社員が真夜中にその踏み切りの前に立って、最終電車をやり過ごしていたら、いつのまにか見知らぬ女性が隣に現われて、やはり遮断機が上がるのを待っていました。やがて電車が通り過ぎ、二人は踏み切りを渡りました。そして、わたり終えた男性がそれとなく横を見るとそこには誰もいないんです。さらに、毎年その踏み切りでは毎年1人くらい怪我をします。だから、地元の人は夜は決してその踏み切りには近づきません。それで花を置いたりして、女性の怨霊を祀っているなんてこともあります。どうですか、こんな感じの話は誰でも聞いたことがあるんじゃないかな。しかし、この踏切事故ですが、実際に事故は起きたにしても、あとはそれに尾ひれがついただけなんですね。つまり調べて見るとボォーと光るだの犬が吠える、女の人が立っているなんてことはまったくの出鱈目なんです。それでも、種明かしを聞かなければ呪は成立します。この話を聞いた人は、その後、心安らかにはこの踏み切りをわたることができなくなるわけです。人間には常に潜在意識の下で「日常
0
カバー画像

世間で言う不成仏霊・地縛霊というオカルト定番の事象について。彼らだって話せば分かる。

自○すると地縛霊になる?成仏できない?そんなワケない。世間のオカルト系の話での定番、「自○すると成仏できない」「自○すると地縛霊になる」 そんな事はないと断言する。生=正義、明るいもの シ=悪、暗いもの 人々がそういう偏見に長い間晒され続け、そうして、それが当然の考えとなってしまった昨今、人は霊となればとりあえず「祓われる」つまり忌み嫌われる存在と扱われるようになってしまった。その結果、人は自ら命を絶つ事をどこかで悪と捉え、成仏できないだのと言うようになってしまったが、その人がその道を選択したのは、現世という地獄から抜け出す事、ただそれだけの事であり、それを罪のように扱うものだからややこしい話しになっただけの事だ。今まで私はたくさんの自○をされた方とお話をしてきたが、単に「自分がまだ生きている」「○んだ事を理解できていない」からその場にとどまっていただけであり、また、その事実をちゃんとお伝えすれば、大半の方は、そこで納得して安堵して消えて行く。いわゆる見える人がそれをせず、「あそこに霊がいる」と騒ぎ立てた結果の、 今の「自○者の霊が集まる場所」等というオカルトスポットが誕生する原因となっているわけだ。出ると有名な事故現場も同じこと これは事故シにも言える事で、つまり、その方が自覚する間もなく突然そうなってしまったから、わけがわからずそこから動けなくなったからであり、それを人は地縛霊と呼んだりするようだが、それもまったく同じ事で、大半は「話せば分かる」のである。「自分がどうなったか教えて欲しい」から、追いかけてきたりすることもあるかもしれない。でも、大半の人は、霊が追いかけてきた
0
カバー画像

運を損なう怨霊たち

 私は宗教的いかさまには関与しない立場だ。だが心霊現象はさまざま見ており解決がなかなか困難であることから手を付けない。いまさらかっこつける気も無いので、逃げているという表現がいいかもしれない。 占いをしていると当たらない例が1/1000くらいで発生する。もっと幸福なはずなのに、もっといい生活をするはずなのに、ひどい独身孤独仕事のない生活だったりする。そして、1/5000~10000でめためた運悪い星で最好調な資産家もいる。これは生年月日で判断しているだけの限界でもあるが、よく聞いていくと、怨霊、守護霊がいて人生レールをそっちに引っ張っているということが分かってくる。怨霊はまあ不幸な方に、守護霊は幸運な方に引っ張るわけだ。 今の実例を出すとお客様の例と誤解されるので、過去の話にしよう。陸上で県大会の一位にまでなった友人がいたが、心房微細動とかで陸上を禁止されていた。「心臓は治らないというけど治るだろうか」と相談され占ったら「なおる」と出たのでそのまま答えた。しかしインターハイは出られなかった。治った理由はアパートを変えたからかと後で納得した。地縛霊がいただけだった。 バイク好きの友人が、走行中転倒して足を骨折してバイクが乗れなくなってしまったことがある。もちろん暴走族ではなく、楽しくツーリングするクラブで法規に従って運転するから違反もなかった。何故けがをしたのか、その転倒した場所に小石が転がっていたというだけの話だった。そしてそこはよく人が身投げをする崖の上だった。 他人事だけでなく私が学生時代に入っていたアパートは知らなかったが安くて広くて、昔病院だったそうで、住人は次々病気に
0
3 件中 1 - 3
有料ブログの投稿方法はこちら