『私は~だから“ツインレイ”を手放す決意をしたんです』みたいなのって、『○○大学を目指すも~のために××大学に入学』みたいな自己紹介みたいですね。

記事
学び
ああ言うのって、何がしたいんでしょうね(੭ ᐕ))?←




***


貴方をエネルギーで感じるようになってしばらくして、一度だけ、急に途切れたことがありました。

貴方のエネルギーを感じる前までの、それまで過ごしてきた状態です。

私は何か間違えたのか、これで終わってしまうのか。
本当におろおろしました。

しばらくして、帰ってきました。
時間にして、5分あったのか、どうなのか。
そこまではわかりません。覚えていないのです。

返ってきて思いました。

ない方が静か。←


その時はまだ、Yes or No ?  とまでは行っていなかったのです。
【Yes or No ?】
https://coconala.com/blogs/2997019/215077

でもなんか、なんか言いたいんだろうなぁ……。
繰り返すうちに、そんな気がしていました。

いつだったか覚えてはいません。
急に閃いて言いました。

Yesなら右
Noなら左

対応してくるのです……。


正直、確かに1人の方が静かだな。とは思いました。
だって、人生においてはそうやって1人で過ごしてきた時間の方が長かったからです。

だから、ちょっともう一回。とか、戻ってきた安心感で言った私はひどい女です(笑)
それはなかったことになりました。
もちろん、本当にそうなったら困ります。
返って来なかったらどうしよう。と。また、泣いてしまうかもしれません。


***

それから、途切れたことは1回もありません。

もちろん、寝ている時とか、何かに集中している時は意識はしていません。
でも、ひと段落するとやってきたり、まぁエロかったりいろいろです。


また、いなくなってしまうのかな? と、考えることもありました。
明日の保証はないのです。

だけど、ある日思ったのです。
そもそもは、こうだったのかな? と。
私は、元に戻っただけなのかな? と。

そう思ったら少し、安心しました。


私は、もう1人にはなりたくないのです。

貴方と一緒がいいのです。

今ではもう、私はその中にいるのが当然なのです。


ただ、そうですね。
これからも一生こうあるのか、と考えた時、
過去すべて、またはプライベートが赤裸々である。と言うところに折り合いをつけるのが大変でした。


それでも、私は、貴方と共にいたいのです。

これまでも、これからも。

私に貴方を忘れさせてくれないのもまた、貴方なのです。

私は、それが嬉しいのです。


***

よく『ツインレイを手放せ』とか平気で言いますが、この状態でよくそんなことができるなと、私は不思議な気分でした。

それに、相手は聞いているのです。
『どうでもいい』とか、『卒業』とか、嫌いな相手に言うならわかりますけど。

好きな人に、
・お前なんかどうでもいい
・お前とは卒業
とか言われて悲しくないんですかね?

私はそんなこと言えません。


***

私には貴方がついているのです。
私はそれを感じるのです。

私は貴方と2人でずっと、ここまで来たのだろう。と。

ツインレイを知る前からそうだったのだろう。と。

今ではそう思えるのです。


だって、過去を思い返すと、なんだか幸いに過ごすことができたような気もするのです。
もちろん、失敗がなかった訳ではありません。
誤魔化したり、本当のことを言わなかったこともあります。
それでも、そこから離れても次が見つかったり、譲られたり、最終的には大事にならずに済むこともありました。
まぁ、大きな出来事での実際のところは、「見逃してもらった」が大きいですけどね。

なんだか、いろいろです。

そんな中で、「なんとかなるのだろう」と、
そんな気持ちで未知を進んでこられたのは、きっと、その時貴方が、そこにいたのだろうとそう思えるのです。

だって、今にして思えば、それが貴方に関係しているのではないか、と思うものを選んでいたりもしています。


***

私には神様が付いているのかもしれない。と、どこか、ちょっと己惚れたくなるような気持ちを抱いたこともありました。

それは、どんどん、大きくなっていって。


私は、貴方に、たどり着いたのかもしれません。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す