精神疾患 ○○してみませんか?

記事
占い
今回は精神疾患で苦労されている方へお伝えしたいことがあります。

これは私の実体験でもあるのですが、むかし精神疾患になり夢も追いかけていた時期に早く治さなきゃと焦りがあった時の事です。

精神疾患を患っていらっしゃる方の中で昔の私のように焦りを感じていたり、周りから理解が得られず悩まれているとしたら、ひとつ言葉を受け取って欲しいと思うのです。

これは昔、担当してくれていたメンタルクリニックの先生の衝撃的な言葉でした。
先述した通り、私は病気を早く治したい、働いて親への負担を減らしたい、
そう常に思っていました。
詳しくいえば自分ではそうは感じていないと思っていました。
しかし、先生からすると私はとても生き急いでるように見えたようで、
ある日の診察で、先生が静かに言ってくれました。

『○○さん、もうそろそろ自分を休ませてあげましょう。
何もしない自分を、受け入れてあげて下さい』

私にとってはその先生の言葉はとても衝撃でした。
そこで自分がどれだけ焦っていたか、自分で自分を苦しめていたかを悟りました。
母も同席してくれていたので、もう無理をしないで病気を治すことを優先させようね、と本格的な休養が始まったのです。

皆様はどうでしょうか?
私のように焦っていたり、何かしなければいけないと感じていませんか?

精神疾患は難しい病気が多いですし、目に見えない病だからこそ親や周りから
バイトくらいしたら?
規則正しい生活しなさい。
ずっと家にいるんだから家事くらいして。
そんな言葉を掛けられるかもしれませんが本当に病気を治したいなら、
”時には全力で休むこと、何もしない自分を受け入れること”
そういうことも必要なのではないでしょうか?

これまで頑張ってきた分、休んでみませんか?
何もしないことに罪悪感は感じなくていいのです。
精神疾患は生涯続くことも多いです。
だからこそ無理をしてはいけません。
自分を愛して優先してあげてみてくださいね。








サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す