このままだと再び模倣犯が出る可能性が高い

記事
占い
自民・門博文候補の応援のため和歌山市の漁港に訪れていた岸田文雄首相の演説中に爆発物が投げ込まれるとの事件が起きました。

幸い岸田首相にも、付近の聴衆にも怪我はなく、警察官1人が軽傷を負った程度で済んだとのこと。

本当によかったと思います。

ただ、犯人を取り押さえたのが一般人だったことから、警備体制が万全であったかについて疑問の声が上がっています。

当然ながら、9か月前の安倍晋三元首相の銃撃事件での失態を踏まえて、SPの人数が大幅に増やされていました。

にも関わらず、大きなリュックサックを背負っている明らかな不審人物に気付くことができなかった。

聴衆への避難指示が出されたのが遅すぎるとの指摘もあります。

容疑者が投げ込んだ筒状のものが数秒後に爆発し、その爆音と白煙でようやく聴衆の一部は逃げ出しているものの、その時点でも警察は避難指示を出していません。

ある警備専門家はこう語っています。

「容疑者は一般人らに羽交いじめにされている最中、2個目の爆発物と思しき筒状のものに火をつけようとしていた。この時点で、警察はまだ聴衆に避難指示を出していない。もし着火していたら被害は甚大なものになったかもしれません」

また、SPは聴衆の中から投げ込まれた爆発物をカバンで止めて足で蹴り飛ばしたのですが、その先には多くの聴衆がいました。

「一般人が集まった方に蹴飛ばしてるんで仮にそこで爆発してけが人が多数出た日には大ごとになってたと思いますよ」(同専門家)

なんでも、警察官には「踏むな、さわるな、蹴飛ばすな」っていう不審物の三原則があるとのことです。

蹴飛ばすとその衝撃で爆発する可能性がありますからね。

それで、爆発物投擲のシーンを見返すと、首相を押しやって盾を展開したSPだけ初弾が飛んでくるのを見ていました。

だから彼だけが他の人より先に動けたわけです。

本来なら一番注視すべき群衆の方向だったのに、他のSPは別の方向を見ていたんですね。

申し訳ないですが、日本のSPは練度が足りないと思います。

それぞれは間違いなく空手や柔道の高段者で、射撃や逮捕術の達人でもあるでしょう。

しかし、実際のテロ事件発生の際には大して役に立たない。

訓練が足りないとしか思えません。

それから、屋外での警備は聴衆全員に金属探知機と身体検査を行うことができないなんてことをいっていますが、それが無理なら人数を制限するなり何なりすればいいでしょう。

いまだに「まさか」という気持ちが強いのでしょうね。

本気で要人警護体制の根本的な建て直しを図るべきです。

ところで、今回の事件の犯人は、明らかに安倍元首相暗殺事件に触発されています。

山上容疑者を擁護する人たちは責任を感じるべきでしょう。

最後に書いておくと、参政党の田中よしひと氏が今回の岸田首相襲撃事件を「仕込み」だと発言しています。

ちょっと信じられない品性です。

岸田首相の足を引っ張りたいがためだけに、まったく証拠のないことを思いつきで口走る。

いっていいことと悪いことの区別がつかないとはこのことです。

田中氏には政治家たる資格はありません。

参政党自体がそういう政党であると思われないために、一刻も早く彼を除名処分にすべきですね。

では

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す