母の話

記事
コラム
母は、我が家にとって「箱入り嫁御」です。
そりゃあ、24で嫁いできたときと、今だってかわりません。

家事は基本、掃除だけ。

その他は、祖母から私に移動。

今はコンビニ払いがありますが、
昔は振り込みは郵便局のみで、
小5の時から私がやってます。

つまり、
母が書類を書いたことは、
片手で余るくらい箱入り。

現在、
介護系の手続きは全部、当然私が書く。

で、
さっきの記者会見の給付金がどうしたこうしたも、
母の分まで手続きは私。

私も加齢で、
適応できにくくなってる部分があるから、
政府には、小5でもわかる手続き方法にしてほしかったりしますね。

なぜに、「箱入り嫁御」?。
結婚の挨拶に来た時、
りんごがむけなかったから。

確かに。
たまに芋むいてもらうと、
1個で十分なのに、
1個分のために、3個必要。

先日もショートスティ先で、
りんごむこうとしたけど、
「できなかったわ~」と陽気に電話してきたけど。
あなたは、
57年間むけてませんから~。

いろいろと筆舌しがたい苦労もした母ですが、

ある意味、我が家のお姫様です!。

学校に保護者が書く書類も私が書いてたわ~。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す