ココナラにおけるライター

記事
ビジネス・マーケティング
ライター。
SNS制度が出来て、
だれでもフリーライターが名乗れる時代。
ブログの更新も月1も出来ない人や、
投稿マニアですら、
ライターを名乗れる時代。

でも、本当のライターは、技術と経験を持っています。

ココナラにおいては、
基本お客様の意向に応えること。
でも、
その意向が日本語的におかしければ、
一応おかしいですよとはいいます。
言われたことを黙ってやれと返されたら、
黙ってやります。

ライターは、一文字も書かなければ、
ライターではないかもしれません。

でも、
発注を受けて、
一文字でも書いたら、
ココナラにおいて、それは仕事です。

ピンとこない。

じゃあ、どうしたらピンとくるのか教えてください。
ピンとこないからお金を払いたくない。

でも、少なくとも、あなたのために時間を割いて書いてるわけです。
500円でも◎万円でも。
気に入らないから、
ピンとこないから。
それはキャンセルの理由ではないです。

ご希望のものを書くから、
どんどん提案してください。
例えば、映像があるなら、スクショで見せてください。
そこから、
文字だけではわからないことも判明するかもしれません。

ライターは、たたき台に応じて書きます。
それでなければ、自己満足です。

6月末から、
そういう根本をご理解できないお客様が続きました。
気持ちも駄々下がりになりました。

褒められて「もう一本別方向から書けます?」言われれば、
おだてに乗った私は書きます。

否定ばかりしないで、
ディスカッションしましょう。

それから、
Facebook通じてリピートしてくる方。
あなたはお友達になって、
ただで書かせようと思ってるかもしれませんが、
その手には乗りませんから。
相手の職業を尊重することが、友達ですから。