SEO対策

記事
ビジネス・マーケティング
SEOのキーワード設定には、
「Googleキーワードプランナー」
「グーグルサジェスト キーワード一括DLツール」
が主にあります。

どちらも無料で使用できます。
Googleキーワードプランナーは、検索窓にサイトのテーマや商品を示す語句を入力して、調査します。
そうすれば、入力した語句の検索数や競合性、その語句に関連するキーワードなどの情報が把握できます。
そうした情報がわかれば、検索ユーザーに需要のあるキーワードや上位化しやすいキーワード、関連性のあるキーワードが洗い出せるので、効果的なキーワードが選定できます。
グーグルサジェスト キーワード一括DLツールは、有料会員以外の検索回数は1日1回となり、サジェストキーワードがCSV形式で出力されます。
Googleのアルゴリズムでは、「ユーザーにとって有益なコンテンツ」であると判断されたサイトが検索順位の上位に表示されるような仕組みが整えられています。そのため、サジェストキーワードをもとにSEO対策を行っていけば、アクセス数のアップや検索上位表示などを期待できます。

とありますが
メタキーワードは現在SEO対策としては一切効果がなく、Googleがサポートするメタタグの一覧にも含まれていません。つまりどんなにメタキーワードを記述したとしても、Googleのクローラーはそのキーワードを無視し、結果としてメタキーワードがそのページの評価を高めることはなくなっています。

以前はSEO効果があったメタキーワードがなぜ、今では何の効果もなくなってしまったのか、その理由としてもっとも大きいのは検索エンジン技術の進化です。Webサイトの制作者がメタキーワードとしてそのページの主要ワードを記述しなくとも、クローラーは何が重要なキーワードであるかを判断できるようになっています。

有用なSEO対策は
有益なコンテンツを作成することであり、それこそが最大にして、決して変わることのない唯一のSEO対策です。



サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す