【2022年5月3日のひとりごと】⁡⁡

記事
ビジネス・マーケティング
【2022年5月3日のひとりごと】⁡⁡
おはようございます!⁡⁡
⁡⁡
⁡⁡
引っ越し先でワンコも変化なく⁡
ご飯も沢山食べてくれてるので⁡
なにより、なによりです(´▽`*)⁡
実は昨日の書き込みで⁡⁡
引っ越しが無事に終わった、⁡⁡
と書いていたのですが⁡⁡
⁡⁡
⁡⁡
実は無事に終わってなくて⁡⁡
⁡⁡
⁡⁡
⁡⁡
ぼ、僕の・・⁡⁡
⁡⁡
⁡⁡
⁡⁡
僕の買いたてのベッドが⁡⁡
壊されてしまいました(;´Д`)⁡⁡
⁡⁡
⁡⁡
⁡⁡
ベッドのフレームが⁡⁡
ポキっと、再起不能の状態に・・⁡⁡
⁡⁡
⁡⁡
⁡⁡
でも怒ったところで⁡
ベッドが元に戻るわけでもないし⁡
ここで僕が『怒る』選択をして⁡
ストレスを抱えながら⁡
引っ越しをする結果を⁡
作り出すのも嫌⁡
引っ越し屋さんも⁡
壊してやろうと思って⁡
壊したわけではないし⁡
新しいものを用意してくれると⁡
言ってくれてるので⁡
『このベッドフレームは⁡
引っ越し先に来るものでは⁡
無かった、ということなんだ』⁡
と思うようにしました⁡
ベッドマットは問題ないので⁡
ベッドマットだけを⁡
引っ越し先に置いてみると⁡
『圧迫感なく良い感じで⁡
ベッドフレームが無いほうが⁡
ワンコもベッドの上り下りが⁡
ラクそうじゃないか!』⁡
と、なりました⁡
そして⁡
『ベッドフレームが壊れたのは⁡
部屋の圧迫感を感じさせないのと⁡
ワンコのベッドの上り下りが⁡
ラクになることを⁡
気付かせてくれたんだ』⁡
、と⁡
紐付けるようにしました(笑)⁡
ベッドフレームを⁡
壊されたことだけに注視すると⁡
『引っ越し業者め!』と⁡
思いがちになりますが⁡
僕の場合、自分が生きてきて⁡
自分の身に起きる出来事を⁡
なんで起きてしまったのか⁡
どういう意味があるのか⁡
そんな目線で見てみると⁡
本当に不思議なもので⁡
その出来事が起きた答えが⁡
存在したりします⁡
そう思っていかないと⁡
そのときの時間も経験も⁡
ただ流れ過ぎるものにして⁡
無駄にしたくないな、と思うので⁡
そんなことを⁡
心掛けるようにしてます⁡
さ!今日もがんばるぞー!
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す