【四柱推命 相性診断】別れるべきカップルの診断ポイント

記事
占い
結婚適齢期にあるカップルが結婚すると破局に突き進む可能性が非常に高いカップルの例をご說明したいと思います。

相性診断 - 相性がいい vs 相性がわるい

男女の相性診断するときは陰陽五行の組み合わせや刑・冲・破などと、様々な神殺・時期による運を総合的に分析して、長所と短所をみつけることです。
そして、お互いの短所を補える関係、つまりお互いに足りない気運を補ったり、多すぎる五行の気運を減らすことができる関係、またはお互いに地支に三合で形成され、それが用神の役割をする関係であれば、相性がいいと判断できます。
しかし、そうではなく陰陽五行が一方に偏っていたり、刑・冲・破などが多く、命式が激しく揺れたり、三合で形成された五行が用神ではない忌神であったり、運の流れがわるい場合は相性がわるいと判断します。

相性診断の基準

相性診断を依頼される方の中で、年支や日支が三合、あるいは半合になったり、干合が形成される場合には相性がいいと知っている人がいますが、
それは大きな勘違いです。
相性、金運、仕事運など運と関係なく、ある運を判断する時は一つの状況より、命式の全般的な状況を見て判断しなければなりません。
年支や日支の三合、半合だけで、相性がいいと判断してしまうのは理にかなっていません。
それは冲も同様です。
年支または日支がお互いに冲の関係だということだけで、相性がわるいという判断も深く考えるべき問題です。

相性診断で最も重要な結婚適齢期の運

普通、自分の命式が結婚運が非常にわるい場合は結婚運がわるい相手に会う可能性が非常に高いです。
なので、このようなことを事前に防ぐために、自分の命式の組み合せや運の流れ(大運、年運)を知ることが大切です。
特に結婚適齢期の運が良いのか、そうでないのかをしっかり把握しなければなりません。
それが開運方法です。





サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す