不幸な出来事を一瞬で幸運な出来ことに変える方法

記事
コラム
ある人のスピーチでとても面白いものがありました。

ある時旦那さんから突然離婚を言い渡された女性の気持ちは?
不幸のどん底の突き落とされた?
幸運の女神が訪れた?

答えは、
〝その人の状況による〟

どういうことかというと、

その女性が旦那様を心の底から、唯一、愛していたなら
とても悲しい気持ちになると思う。

その女性が旦那様に金銭的に依存していたら
この先の生活が不安で怒りさえ覚えるかもしれない。

その女性が旦那さんに内緒で
他の男性ととても素敵な密会をしていたとしたら、
今後の自由な生活に心が弾んでワクワクときめくかもしれない。

つまり、離婚=不幸、結婚=幸せ、ではなく、
あるできことは、それに関わる人の状況によって、
幸にも不幸にも悲しみにも怒りにも楽しみににもなり得るということ。

この考え方って、本当に面白すぎる。

自分が不幸だと感じた時、怒りを感じた時に、
一度冷静になって、
私は〝なぜ〟それに対して悲しいと思ったのか、
私は〝なぜ〟それに怒りを覚えたのか、
一度考えてみる。

そうすると、そのイライラの原因が違うところに見つかったりする。

そして、今起きた出来事をプラスに捉えることもできる。

そばにいる人には油断してストレスや不満をぶつけがち。
だけどじっくり考えると、
大体の出来事は捉え方次第で幸運な出来ことに変えられる。

もちろんその相手が本当に悪かった場合は
真摯に向き合って話を聞いてもらった方がいいけど、
とっさのイライラや落胆は、
原因が他のところにないか、
別の角度で捉えることはできないか、
一度冷静になって考えてみた方が良いかも。

他の角度から見てみると、案外ラッキーな部分が見つかるかもしれない。



そんなこと言ったって、
無理に近いけどね。
ね。
一番私自身に言い聞かせたいことでした。