傷つくことも自分の選択? 

記事
コラム
昨夜、手持ちのマグカップにお湯を注いでいたら、ローレンスが後ろをすごい勢いで通り過ぎ(悪さしてた猫に向かって走った・・笑)どつかれた形でマグカップに注いでたお湯が手にこぼれた・・・

親指の付け根から25センチくらい?結構な広範囲での火傷。

その瞬間に「ああー、カンサリス残ってたっけ??」とレメディの心配をする私。即座にレメディをチェックすると、2粒!嬉しい!ひとつぶをゆーっくりと舌の下で溶かす。

その間にアロエヴェラを切って肌をなだめる。ヒリヒリ痛いーけどまあ、大丈夫。レメディあるし2個目が必要なら砕いて、ちびちび取ろうとか考えつつ。

そういえば火傷って基本的に「自分が悪い」の典型的な怪我。いつも「ああー。馬鹿な私!」って思いながら火傷ケアしているなあーと気づき、今回みたいに誰も悪くない気分は初めてかも・・・と。

しばらくすると、レメディが効いてヒリヒリがひいてきて・・・でもその後また戻ってきた。こう言う時が、ホメオパシー のレメディのリピートのタイミング。んー。でも。。。せっかくだから、自分で作っちゃえ!と、手の中で波動水を作る。レメディに特化したもの(これはエネルギーワークになるので「お支払い」必要ケース)

うん、効いてる・・・あ。戻ってきた・・の繰り返しで数時間。

朝、火傷のあとは一切なし。でも朝ヨーガしててダウンドッグはやっぱりちょっとヒリヒリ感戻るなーとか、湯気やお湯は「あちち!」になるし、こどもがガツっと腕を掴むと痛いからやめてー!となるので皮下の細胞レベルの火傷は超軽度で存在してるけど。

そして思うのです。これが自分の選択で傷つく、傷つかないってことなのかなと。。。

もし、「ばかばかばかー!」とマグカップ持ってた自分を責めてたら?「気をつけなよ!」と夫を責めてたら?「猫が悪い!」と猫を責めてたら?? 少しは皮膚が赤くてもおかしくない? 

もしかして今までずーっとこうやって、何があっても誰かを責めることや、傷つけることで、不必要に自分を傷つけてきた?? うん、そんな気がする。責めるのは、自分は正しい、正しくないの主張だし・・・ こう書きながら、これがこどもだったら、「もーう、ちゃんと気をつけてよ!」とか言いそうだなあ・・・と思う母。

良い体験ができてありがたい。(アロエすり込みながら、レメディはオーダーしました!やっぱり何かという時にとっても便利。カンサリスはついついの日焼けにもすごーく良くて、焼けすぎたなーって時はレメディとれば、お風呂に入っても痛くないのです!)


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す