カテゴリから探す

増田朋美さんのプロフィール

すこしばかり体に不自由なところがある、着物バカです。ほぼ、着物で生活し、タンスの九割は着物です。いつも着ている着物については、blogを参照ください。
こちらでは、主として着物についての情報提供などを伝授できたらとおもいます。着物は難しいとおっしゃる方が多いですが、必要最小限さえ守れば、非常に自由に着られる時代になりました。着物を堅苦しいものではなく、もっともっと、いろんなところに着ていけたらよいなと思ってくださる方が増えれば、うれしいことはありません。
主に着物についてと、短い文芸を書くのをいたしておりますので、どうぞお気軽にお申し付けください。

出品者情報

着物についての想い出や、印象的なエピソードを、1000から5000字程度の短い物語として執筆いたします。 呉服屋さんでの想い出や、ご家族から譲り受けた着物の想い出、着物を着て出掛けたときの、忘れられ…

見積り・カスタマイズの相談をする

9

購入する

訪問着は、誰でも憧れる着物の一つだと思います。でも、間違って付け下げを買ってしまったことが多くありました。「訪問着と付け下げは同じもの」といわれたこともあったけど、リサイクル店では、まだ、別個で扱われ…

7

購入する

リサイクル、アンティーク着物では、どうしても今の時代の体格ですと、着物が小さいかなあ、と思ってしまうことが多々あるとおもいます。 でも、ちょっと工夫すればまだ着れることは意外に多いのです。 本講で…

7

購入する

アンティーク着物は、非常に小さく、身丈が短くて着られない!という人も多いものです。リサイクル着物も、身丈が身近いことが多いもの。本講では、身丈が短いなという方に、少し身丈を長く見せるコツをお教えいたし…

7

購入する

アンティーク着物をよく着る方には、身幅が合わないということは、よくあるのではないでしょうか。また、体形がすこし太めという方もいらっしゃると思います。本講では、身幅の調節の仕方についてお伝えいたします。…

8

購入する

近年、「アンティーク、リサイクル着物」と、称された呉服屋さんが多くなりました。でも、両者の違いは、店によってまちまちであり、あまりはっきりと教えてくれないところが多いようです。それでは、アンティーク着…

8

購入する

着物は、形こそすべて同じですが、柄配置、すなはち格により着用する目的や場所がちがいます。どの柄配置はいつどこできるのか、どんな帯をあわせばいいのかなどを、詳しくご説明させていただきます。 こんなとき…

6

購入する
or
外部アカウントで登録
×

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら