サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

キャラクター設定作成のお手伝いいたします

出自や背景など、キャラクターに深みを持たせたい方に

販売実績:0 残り:20枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    テキストチャット
  2. お届け日数 要相談 

サービス内容

小説やゲーム、TRPG、漫画、何でもokです!キャラクターの設定をご一緒に考えさせていただきます。
チャットでご相談も可能ですし、ある程度の要素だけいただければお任せで背景設定を作成いたします。
文字数や作り込みの程度によりお値段変動いたします。(1000円〜)
別出品にて立ち絵も承っております。

以下は作成したキャラクター設定の一部です↓
1916年に発生したトレンティーノでのオーストリアとイタリアの戦いにおいて彼の農園は大きなダメージを受けた。それでも夢を諦めずに生き残ることを最優先とした彼は、イタリア南部に逃れ再度資金を集めようと考えている。マフィアという組織に所属していながらも資金のみを目的とする彼に連帯意識は殆どなく、上から与えられる仕事を出来るだけ穏便に処理するのみ。同時期に組織に加わった者たちからは「おっさん」とか「臆病」とかいろいろ揶揄されているらしい。計算高く合理的な反面、分かっていても感情を優先させることがある。彼にとって裏切れないのは自分の心であるようだ。自然暮らしでもともと良かった目を活かして一心に射撃を訓練するのも、危ない仕事はなんとか他に回してもらおうとするのも、生き残るために。そのためあまり名は上がらない。名を上げすぎるのは抜け出しにくくなる。かといってマフィアにおいて賃金は地位が全て。そこそこの地位までは登らないと資金集めは厳しい。しかし、彼はこんなところで死ぬわけにはいかないのだ。再び自分の農園を育て、清々しいリンゴの香りの中で暮らすために。多少面倒な仕事であっても、危険少なく達成が可能…もしくは失敗に終わっても退ける。彼が受けたいのはそういう仕事である。
彼の拳銃はイタリアの老舗銃器メーカー××社のを想定。当時イタリア軍用に拳銃の開発を行っていた同社のものを彼が選んだのは、信頼性から。
燃費が悪いのかすぐ空腹になるためリンゴやお菓子を持ち歩く。グルメな一面もあり、安くて美味いと噂を聞けばふらっと出かけたりすることも。
部屋の窓際で、一人目を閉じる。彼が描くのはこじんまりとしたリンゴ園。全ての木を自分で世話できる範囲のもの。その間を吹き抜ける風を夢想する。自分のことは多く語らず、友人と呼べる人物もいない。一番の仲良しは市場のリンゴ売り。それは彼に取ってこの地が「いずれ去る場所」であるからなのかもしれない。

すべて読む

購入にあたってのお願い

まずはご希望内容(キャラクターの概要やざっくりとした文字数など)を簡単にで構いませんのでDMにてご連絡くださいませ。お見積りをいたします。

すべて読む

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス