サービスを探す
仕事・相談を探す

事業計画書・資金繰り表を添削します

起業・開業・融資時などの事業計画書が必要な方へ!

販売実績:0 残り:5枠(お願い中:0人)

サービス内容

こんにちは!
創業・開業時あるいは資金調達時に必要な事業計画書。
誰しもが初めて書くことになる事業計画書。
どうやって書いたらいいのか、どうやって表現すればいいのか。
わからないことだらけかと思います。
そして、これは、一朝一夕で書けるものでもありません。

そこで、私がみなさまの事業について、文面でやりとりしながら、事業計画書を作成・あるいは既にお書きになったものは添削をいたします。

これまでに、日本政策金融公庫の創業融資、東京都創業助成金、小規模事業者持続化補助金の採択実績がございます。

これは、私の経験則ですが、創業・開業時に様々な方・機関にご相談されると思います。
いいことばかり言うだけが正解ではないと思います。
創業・開業すれば、相談相手が取引先になることもあることから、相手も結構な確率で営業トークを交えてきます。できもしない、事業計画書で起業・開業するとその先は非常に苦労します。
そうならないためにも、現実に即した事業計画書をお勧めします。
売上規模は会社の規模によって違います。
必ずしもこれくらいなければならないという数字はありません。
必要なのはいかに正確な事業計画書を書くかです。

もちろん、事業が開始すれば、思いのほか、うまくいなかいこともたくさんあります。
その時に、現実に即した正確な事業計画を書いておけば、立ち帰れます。
必ず、立ち帰るときがきます。このときに、適当な事業計画書では、非常に困ります。
なにがうまくいって、なにがうまくいかなかったのか判断ができません。
当初の見込みが甘かったのか、当初の積算があやまったのか、仕入れ値が厳しかったのか。
一つ一つの項目を見返すことではじめて、PDCAサイクルを行うことができます。
そのための基準となるのが事業計画書です。

従いまして、サービスを受ける皆さまの意に反したお答えをすることもあるかと思います。
この計画では無理、ここの見通しが甘い。そういうシビアなお答えをすることもあります。
でも、それは、将来、事業を行っていくときに必ず、ご自身の助け舟となります。
これは、私の経験です。

ぜひともお気軽にご相談ください。

すべて読む
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数 要相談 
    業種
    • 人材・業務支援
    • 小売・飲食・生活
    • メディア
    • 教育
    職種
    • 経営者・経営企画・経営戦略
    • マーケティング・広報
    • コンサルタント・リサーチ

有料オプション


購入にあたってのお願い

事業計画書の添削が基本料金となります。
そもそもまだ書いていないといった場合には、オプションをご選択ください。
また、創業融資の仕方もお伝えできます。必ずしも通るものではないですが、仕組みやポイントはお伝えすることができるかと思います。

すべて読む

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス