サービスを探す

WordPressサイトの性能を引き出します

WordPressサイトパフォーマンスチューニング

販売実績:0 残り:5枠(お願い中:0人)

サービス内容

レンタルサーバで運営しているWordPressサイトの運用環境を改善してパフォーマンスを引き出します。

■こんな方にオススメです。

・WordPressサイトの表示を早くしたい
・WordPressの処理を高速化したい
・レンタルサーバの機能を上手く活用したい
・PageSpeed Insights の平均値スコアを目安に改善したい
・プラグインの入れ過ぎやテーマの機能の複雑さを整理したい
・キャッシュ戦略を立て直したい
・サーバの運営環境を整備したい

本サービスは、チャージ制(タイムボックス付き)になっております。
決められた時間範囲までの作業に取りかかった料金をいただいております。
その時間範囲の中でパフォーマンスチューニングの作業を進めていきます。
すでに施している WordPressサイトのチューニング具合に合わせて
柔軟に対応することができます。

パフォーマンスチューニング作業は、基本 6 時間(初回)になります。

■サービスの流れ

1. 相談フォームよりご相談、ヒアリング
2. 内容確認の上、ご購入
3. WordPressサイトのバックアップ
4. WordPressサイト・サーバの現状調査・把握
5. 仮想環境Vagrantで検証環境を構築 (必要に応じて)
6. 検証環境上で対応状況を検証 (必要に応じて)
7. パフォーマンスチューニングの方針決定 (計測値の設定、チューニング内容決定)
8. パフォーマンスチューニング計画の作成
9. パフォーマンスチューニング実施
10. 実測値による検証
11. 完了

■パフォーマンスチューニング対応内容

大きく分けて3つのパフォーマンスチューニング対象があります。

* サーバー環境整備・性能安定化 (バックエンド)
* ページ表示速度の高速化・テーマやプラグインの最適化 (フロントエンド)
* WordPressの性能改善 (アプリケーション)

チューニング内容は、対象毎に実に様々あります。
ご要望と現状調査をした上で
いちばん性能が向上するところを中心に
最適な内容を決めていきます。
チューニング対象を絞って対応することも可能です。

ご要望に対応できるかどうか分からない場合や何か疑問点がありましたら、
事前に相談フォームよりご質問いただければと思います。
お気軽にご相談ください。

すべて読む
  1. 提供形式
    テキストチャット
  2. お届け日数 7日(予定)
    用途
    • サーバー・ネットワーク設計・構築
    • システム保守・運用
    • サーバー管理・保守
    • テスト・デバッグ・検証
    言語
    • PHP

有料オプション


購入にあたってのお願い

・ご購入の前に内容確認のため、事前に相談フォームよりご相談ください。
・一度のご購入でパフォーマンスチューニングできるWordPressサイトまたはサーバは、一つまでとなります。
・本サービスは、WordPress が導入できるレンタルサーバ (共用サーバ) に対応しています。VPSやクラウドサーバには対応していません。
・パフォーマンスチューニング実施完了までの期間については、大体1〜2週間程度になります。
・稼働時間 (タイムボックス) を過ぎたところでパフォーマンスチューニング作業は終了になります。
・チャージ時間を超過したい場合は、追加で購入いただけます。
・24時間以内の回答を心がけています。
・休日や夜間、外出中など時間帯によっては、対応にお時間がかかる場合がございます。
・ご要望によっては、お断りすることがありますので、ご了承ください。

すべて読む

よくある質問

通常料金に含まれるものはどのようなものですか?
初回の通常料金は、チャージ6 時間分の他に以下が含まれています。

* WordPressサイト・サーバの現状調査
* パフォーマンスチューニングの方針の提案
* パフォーマンスチューニング作業 (6時間分 : チャージ6)
* 進捗管理
* ココナラ手数料

2回目以降は、サーバの現状状態を継続して把握済みのため。
パフォーマンスチューニング作業を 2 時間増やして対応いたします。

* パフォーマンスチューニングの方針の提案
* パフォーマンスチューニング作業 (8時間分 : チャージ8)
* 進捗管理
* ココナラ手数料
チャージ制 (タイムボックス付き) ってどのようなものですか?
依頼に取りかかった時間で料金が決まります。
時間がかかればかかるほど、料金は増えていきますが、
前もって依頼に掛ける時間 (タイムボックス、一種の制限時間みたいな感じ) を設けることで料金の上限を設けています。
それ以上に達すれば、取りかかっている作業が完了次第終了いたします。
つまり、その時間内で提供できる価値を提供するサービス形態になります。
必ずパフォーマンスが上がりますか? 保証はしてくれますか?
WordPressサイト改善の効果はどのようなものがありますか?
WordPressサイトやサーバーの状況や状態によって
性能が変化する性質上、品質保証はできかねます。

より良くなるように全力を尽くしておりますが、
ある程度の基準を持った安定した状態 (ベストエフォート) を
維持できるところまでと考えいただけたらと思います。
あらかじめご理解いただけたらと思います。

ウェブページを読み込んで表示に3秒以上かかると閲覧をやめて離脱が高くなると様々な調査リサーチで分かっています。
ページ表示速度を1秒改善するごとに、サイト回遊が高まりページビューが上がる。
ページ表示速度が早くなればなるほど、探している情報を見つけやすくなり満足度が上がります。それはそのまま商品の購入やお問い合わせの機会が増えることに繋がります。結果、売上も増え、収益性の向上に直結します。
特に通信品質や帯域のばらつきに影響を受けやすいスマートフォンでの改善効果は期待できるでしょう。
どのくらい性能が上がりますか?
WordPressサイトの運用状況によります。

性能を考慮せずに運営している場合は、かなりの性能向上が見込めます。
すでに何らかのパフォーマンスチューニングをかなり施し、
チューニング余地がそれほど残っていない場合は、性能向上は限定的になる場合があります。

パフォーマンスチューニングは、ある程度の性能を引き出した状態で
チューニング余地が少なければ少ないほど、性能を上げるには、技術力と作業量、時間を要します。

イメージとしては、100%の性能向上の余地があったとすると。
10%から60%までは、見違えるほどの性能向上が得られるのに対し、
80%から90%までは、かけた手間に対してそれほど向上しづらくなると考えていただけたらと思います。

本サービスは、10% から 80% までの範囲に入るような性能向上の効果がいちばん得られるところにフォーカスしたサービスとして提供しています。
パフォーマンスチューニングは、どのようにしますか? パフォーマンスチューニングの方針について教えてください。
WordPressサイト・サーバーの現状調査・把握をして、
最適なパフォーマンスチューニングを実施します。

パフォーマンスチューニングの対象は、大きく分けて3つあります。

* サーバー環境整備・性能安定化 (バックエンド)
* ページ表示速度の高速化 (フロントエンド)
* WordPressの性能改善 (アプリケーション)

ボトルネックを見つけ出したり、
いちばん性能が向上するところを中心に最適な内容を決めていきます。
チューニング対象をバックエンドやフロントエンド、アプリケーション周りに
対象を絞って対応することも可能です。

チューニングの実施前に計測値の設定をして、実測値による比較検証を行います。
パフォーマンスチューニングは、具体的にどのような内容がありますか?
パフォーマンスのボトルネックになっているところに対して
以下のようなチューニングがあります。
レンタルサーバーが備えている機能を充分活用しながら行います。

* PHPバージョン 7 対応
* 常時SSL
* HTTP/2
* WordPressの設定周り
* プラグインの厳選見直し
* サーバーの整備・設定見直し
* サーバーのメモリー最適化
* サーバーのキャッシュ有効化
* PHPやデータベースなどミドルウェア
* データベースデータの肥大化の解消
* 画像の圧縮最適化
* 静的リソースのキャッシュ最適化 (ブラウザキャッシュ)
* 配信リソース・リクエストの最適化
* 画像遅延読み込み
* アプリケーションキャッシュ
* カーネル最適化
など
もっと見る

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス