サービスを探す

住まいの耐震相談と耐震診断(OP)をお受けします

新築や現在お住いの木造耐震性を専門の建築士が的確にアドバイス

5.02件) 販売実績:2
現在お願い中:1 残り受付枠:1 お届けまで:要相談
5,000

50ポイント(1%)獲得

有料オプション

サービス内容

 住いを新築や購入しようとする時、建築士のアドバイスはとても大切です。
アイデア、デザイン、機能性、コストなど第3者のプロの意見がとても参考になることは
多くの方が体感されています。
 ですが、多くの設計士と言われるが方の弱点は残念な事に構造に弱い事です。
特に木造の場合の多くは構造計算が要らないか 簡易な確認で建築申請が可能なため、
自由設計と言う名の法基準ギリギリか満足していない住いが設計されていたり、安易にリフォームされています。
 家をリフォームしようとしても高築年で耐震性に不安があって迷われている方、
建売住宅を購入されようとしたり新築設計をしてるが耐震性は信頼していいのか
疑問がある方などにプラン図から簡易診断して一級建築士としてアドバイスいたします。

 本業では現場調査から耐震診断プログラムを使っての正式な結果報告書の作成や減税の手続きに必要な『耐震適合証明書』の発行も行っています。
本サービス後に正規の診断診断依頼を受けたり、必要な補強計画のご提案することも可能です。(この場合は関東以外では机上診断のみとなります)

 建物の耐震性は工法の違いではなく個別のプランと建物の仕様で大きく違います。
木造であれば工業化住宅(プレハブ)を除き、ご提示いただける資料を基にアドバイス差し上げる事が出来ます。
 また耐震性が高いと言われるツーバイフォー住宅(枠組壁工法)も正しく耐震性を評価できる方は非常に少ないのでこれもご相談ください。
 今年は某ハウスメーカーのリフォームを担当されている建築士の方々を対象に
構造の勉強会講師を委託されて全国20か所以上を回り、現在は主にリフォーム時の構造相談を各地の建築士の方から構造施工の技術支援事務所としてチェックアドバイスを行っています。
 一般の方の住まいの耐震性へのご不安にもお役に立てるかと思い、ココナラ出品いたしました。お気軽な相談でも可能な限り詳細にお答えしたいと思います。

有料オプション

このサービスには、5,000円のサービスに、プラスして「有料オプション」サービスが
付いています。
※購入したサービスがキャンセルになった場合は全額返金させて頂きます。

購入にあたってのお願い

【お送りいただく資料について】
 簡易診断であっても情報が多いほど正確になります。
既築建物の購入やリフォームの方はプランのほかにお部屋の仕上が判る写真などがあればより正確な耐震性を確認できます。
Q&Aを参考に資料のご提供にご協力ください。
あまり情報が乏しい場合は、お受けでき無い事もありますので事前にフリートークで確認させて頂いてからとなります。

【お住いの規模について】
 オプションを含めて、一般的なお住まいの規模で60坪程度までを想定しています。
これを大きく超える場合は要相談とさせて「おひねり」での清算いただく場合があります。

【アドバイス後のお問い合わせや継続相談等について】
 お答えした内容については責任をもってご理解いただく努力をいたします。
但し、リフォームやプラン変更などで内容の変わった改めてのご相談の場合は別サービス料とさせていただきます。
 また、建築士として「設計業務に当たる耐震改修計画」等は当方が法的な責任を負っています。責任のとれるサービスが供給できないと判断した場合は
これをお断りし、サービス料をお返しするなど必要な対応を行います。

一言PR

お住いのリフォーム相談を構造や施工面のアドバイスや耐震診断を中心に行っています。
耐震性への配慮の無い建物らリフォーム案に遭遇する都度、対応に悩まされる中、少しでもこうした建物や工事を減らすお手伝いができることを目指して『coconala』にサービスにデビューしました。

よくある質問

どんな資料を用意すれば良いですか。
お住いの図面で最低でも柱・壁の位置がわかるものをお送り下さい。その後、いくつかのご質問をお送りしますので、内外の仕上や下地をわかる範囲でお答えください。
 また、確認申請書があればぜひお送りください。
図面はスキャンしていただく事が出来なければ、写真でも可能です。寸法が読み取れれば略図はこちらで作成します。
 またオプションの耐震診断を希望される場合はより詳しいご提示いただく資料のご案内を差し上げます。
受け取れる成果物はどんなものになりますか。
 オプションとなる規模でなければ、頂いた資料から耐震診断プログラムに入力し、頂いた情報から想定可能な限りの条件で耐震診断計算を出して、建物の耐震性能レベル(想定内容による上部構造評点)を算出した報告書と
お住いの耐震性の弱点となる事項等の特性についてをご報告いたします。
診断できる建物は木造なら何でもできますか
国が認定する耐震診断法(木造)では3階建てまでの一般の在来木造や枠組壁工法と柱がおおよそ15㎝以上の木組みで造られた伝統的工法と言われるものとなっています。
但し、スキップフロア―など特殊な構造など対象外の物もありますので算定不可能と判断した場合費用は返金してお断りする事になります。
 また、伝統的工法については現場調査が不可欠ですので図面のみでのご依頼はご辞退しております。

評価・感想(2件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス