医療機関のBCP(事業継続計画)を作成します

臨床経験者が被災地で集めた知見で実用的なm-BCPを策定

評価
-
販売実績
0
残り
3枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    制作物 (+テキストチャット) ビデオチャット打ち合わせ可能
  2. お届け日数
    14日(予定)
    用途
    • その他

サービス内容

【m-BCP】 ◇企業用のBCPは『発災後に業務を停止して復旧にあたる』というゼロスタートができます。 ◇業務停止ができない医療、多くの医療機関では発災後に多忙期を迎える特殊性があります。 ◇消防や警察も事情は似ていますが医療は公共機関ではありません。平時から、非常時に対して備えた人員配置や備蓄をする予算はありません。 ◇医療は特殊であり、人数が揃えば提供できるというサービスではありません。 ◇何が必要で、どのような配慮があれば事業継続性が高まるのか、私たちは研究を重ねています。 ◇実用性とは何かを常々考えています。私が病院の技士長をしていたときは、400名の透析患者と数十名のスタッフの安否確認に憂慮していました。400本もの電話に応対するマンパワーは無いだろうと判断し、ガラケーメールで対応できる簡易安否確認システムをプログラミングしました。患者さんから1円の維持費もいただくことなく、安否確認システムは構築できます。 ◇実際に被災地も訪問して、医療従事者からヒアリングしています。 ◇ここに紹介している画像は2011年に岩手県沿岸部を訪問した際に私が撮影した写真です。 ◇消防車の被災、自衛隊の援護、BCP策定のヒントがたくさんあります。 【提供するサービス】 ◇ここで作成するBCPは『迅速版』として10ページ以内に収めます。数十ページにわたる詳細なBCPは別途承ります。 ◇被害想定は大地震発生、津波なし、自院被災あり、を想定しています。 ◇患者殺到対応は本BCPには含みませんが、リクエストに応じますのでリクエスト下さい。 ◇停電BCPにも対応します。別途ご相談ください。 臨床経験者です。医療安全や機器・設備の安全管理が専門です。東日本大震災当日もBCP関連の打ち合わせをガス会社としていました。東北や熊本など被災地を訪ねてヒアリングし、災害対策に活かしています。

購入にあたってのお願い

●医療機関の方のみご依頼ください。 ●ここでは簡易的なBCPを作成します。当方よりいくつかの質問をご用意しますので、そちらにご回答いただきましたらPDFファイルにしてBCPをお納めします。 ●非常時の院内体制について計画します。外傷患者殺到などは本サービスでは想定していません。コンテンツの多いBCPは別途お見積りいたします。 ●納品したBCPは貴院の内部資料とし、転用や公開はしないでください。