事業計画書(新規開業)の作り方をアドバイスします

金融機関等に提出する計画書には押さえておくポイントがあります

評価
5.0 (2)
販売実績
4
残り
2枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    3日(予定) / 約32日(実績)
    初回返答時間
    5時間以内(実績)

サービス内容

開業に向けた資金調達の為には、自らの事業が儲けを出し、借入金を返せる力があることを金融機関等に説明する作業が必要です。 そのためには、一般的に事業内容や利益計画等を書いた事業計画書を用意する必要があります。 この事業計画が説得力の無いものだと、資金調達に苦労する可能性が出てきます。 私は金融機関関係者として複数の開業案件の審査に当たってきましたので、その経験を踏まえ、印象の良い事業計画の作成ポイントについてお伝えします。 リスクの大きい開業という決断。そこへ向かって覚悟を決めて踏み出された方の成功へ、少しでもお力添えしたいと思い、出品しました。 数百件の開業案件を見てきましたので、実体験を踏まえたアドバイスができると思います。

購入にあたってのお願い

ご自身の略歴、開業予定の業種、開業予定時期をお書き下さい。