100個+100個=合計200個の欲望が分かります

人の欲しいものを知らないと商品を買ってもらうことは出来ない!

評価
5.0 (5)
販売実績
5
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    要相談 / 約41日(実績)
    初回返答時間
    6時間以内(実績)
100個+100個=合計200個の欲望が分かります 人の欲しいものを知らないと商品を買ってもらうことは出来ない! イメージ1
100個+100個=合計200個の欲望が分かります 人の欲しいものを知らないと商品を買ってもらうことは出来ない! イメージ1
100個+100個=合計200個の欲望が分かります 人の欲しいものを知らないと商品を買ってもらうことは出来ない! イメージ2
100個+100個=合計200個の欲望が分かります 人の欲しいものを知らないと商品を買ってもらうことは出来ない! イメージ3

サービス内容

最初にこのサービスを見た瞬間、 「お金を出してまで他人の願望を知る必要があるの?」 と感じたかもしれません。 字数の許す限り補足をします。 例えば、 「良い女と遊びたい」 という願望が男性にあるからこそ、 1時間あたり5000円から30000円もする 男性向けの娯楽施設が各分野で存在しています。  人はお金が欲しいのではなくて、  お金を払ってでも叶えたい願望があるから  お金が必要になる ということは覚えておいてください。 ただ、日常会話で 「何か欲しい物は?」 という話題になったときに、 車、家、マンションなど、 テレビのCMで宣伝されているものしか出てこないのが当たり前で、 その人の心の深層部に根付いている真の願望が出てくるのは ほとんどありません。 願望を100個も書き出して項目を分類することで その人がどんなことを望んでいるのかが分かるわけです。 このサービスであなたにお渡しする100個の願望リストの特徴は ・独身男性 ・休みの日は家に籠る内向的タイプ ・物欲が無い ・モチベーションタイプ「失敗するのが怖い」 ・目標や計画をあまり立てない ・月収20万円程度 といった感じです。 今は「本当に必要」だと思った願いは 必ず叶うようになってきたので、 願望達成のために新しい行動を始めようとは思いません。 ただ、こちらでお渡しした願望と あなたのお客さんの願望がカブっていて、 本当に叶えたいと思っているのであれば、 「毎月5000円でそれを達成するお手伝いをしますよ」 というセールスに結び付けて 自然に会員制ビジネスが出来上がってしまいます。 あなたが100個の願望を書き出すのを想像してみてください。 70個とか80個ぐらいで 手が止まってしまう気がしませんか? あなたのお客さんがセールスの勉強をしていないとすれば、 もっと思い浮かばないものです。 冒頭でお話しした通りですね。 こちらのサービスから手に入れた100個の願望を あなたの商品のセールスレターに散りばめて お客さんの「本当に欲しいもの」に気付かせてあげてください。 欲しいものが既に手に入った状態を想像して テンションが高くなっているお客さんから 「何か良さそうだったから購入させて頂きました」 というレビューがつくかもしれません。 (サービス内容の説明の続き)100個の願望を絞り出した結果、自分は「とにかく家から出たくない」という傾向が分かりました。似たような願望を持っている人に「これを叶えるためにサポートしますよ!」と自信を持って勧めることで、あなたのサービスを買ってくれる可能性が上がるわけです!

購入にあたってのお願い

「100個+100個=200個の欲望」 ってどういうことだ? と思ったかもしれません。 最初の100個は自分が出したリストで、 次の100個はあなたが書き出すんです! そうすれば、100個の欲望リストが2つになるので 合計200個の欲望リストが手に入るということになります。 自分が書いた欲望とあなたの書いた欲望で 同じものがあったら、 他の人も同じものが欲しいと考えている 可能性が高いです。 商品のPR文で「こんな結果を得られますよ」 とアピールすることが出来ますし、 それ以前に欲しい結果から逆算して 商品を考え出すことも出来るようになります。 自分も物を売る側の人間として、 【他の人はどんなものが欲しいのかを知りたい】です。 なので、あなたの「100個の欲望リスト」が出品されたら 買ってしまうかもしれません。 あなたも100個の欲望を書き出して出品してみてください。

有料オプション