絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

顔採用はあるか?

近ごろ「ルッキズム」という言葉を耳にするようになりました。 「外見にもとづく差別」であり、特に「身体的に魅力的でないと考えられる人々を差別的に扱うこと」とされています。 一般的には、ビジュアル=容姿・顔を指すのではないでしょうか。 ルッキズムをやめましょうとは、言い換えれば人を顔や見た目で判断するのはやめましょう、ということだと思われます。 では転職において、ルッキズム=顔採用はあるのでしょうか。 現実的な話、顔採用は存在します。 これは受付などの接客業だけではなく、営業などにも存在します。 人を外見で判断してはいけないというのは頭では分かっていても、実際にそのように行動できるか?というと、そうもいかないのが人間なのでしょう。 そもそも「外見で判断する社会」だから「そんな社会はやめましょう」と声が上がるのです。 人を外見で判断しない社会であるなら、ルッキズムという言葉自体が存在していないでしょうから。 私個人では変えられない問題でもありますので、ルッキズムが社会的にどう影響があるのか、どう対処すべきなのかについてはここでは触れません。 転職においてルッキズムが問題なのは、 企業側から「あの応募者様は顔が悪いから不採用です」 とストレートにお伝え頂いても、 エージェントからは求職者様に「あなたは顔が悪いから落ちたんです」 と明言できなくなったことです。 私は、これは求職者様にとって不幸なことでは? と思うのです。 無理なものは無理、とハッキリ伝えなければ、同じ過ちを繰り返してしまうためです。 容姿が悪いことは悪ではありません。 単にその人の強みではないという事実だけです。 スキル
0
カバー画像

嫌われてはならぬ。

王様の耳はロバの耳だったり、王様が裸だったり、色々世に中には言ってはならぬことがあります。だけど、言ってはならぬことを言ってしまう人もいます。そういう人は、たいてい嫌われます。去年、「ルッキズムは良くない」というネット記事を読みました。それに対してどこかのモデルさんが「きれいを頑張る人がいたっていいじゃない」というようなツイートをした。いや、このイマイチ論点がズレている対決どうなるのだろうとこっそり楽しみにしていたのですが、別にそんなに話題にならなかったですね。どーでもいいわ!というご意見が大多数だったのかも。ルッキズムの問題。私の個人的意見としては・・・結構微妙なラインですね。自分の力では変えられないこと、どうしようもないことを指摘するのは、ただの意地悪です。だから、ブスとかデブとかメガネとかチビとかハゲとか、そういう見た目で区別できる指摘をするのは当然ダメです。王様の耳がロバの耳なのも、裸なのも、当然言ってはならぬことです。だけど、「俺はただの意地悪な人間だからな」と開き直っている人だったら?イジワルして他人を嫌な気分にさせる、ただの嫌われ者を自認している人物だとしたら・・・見たままの本当のことを忖度しない子供のような生き方をしている人がいたら・・・これはもう止めようがないね!みんなが思ってて、言いたいけど言えないことを、空気を読まずに発言するという役割を担う人も社会には必要です。古い時代で言えば、「ピエロ」「道化師」がその役割を担っていました。地域によっては、この道化師、王様お抱えだったそうですよ。王様だろうと誰であろうと、イジリ倒すお仕事です。普段は、市井の人にバカにさ
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら