絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

限定公開Chop-chop❣️ご縁のある方々へ届きますよぅに

内藤 晴輔氏のお話です😄✨情報量が多過ぎて、何を書ぃて良ぃやらしかも動画は①②とありますこの情報をどぅ感じるかは、人それぞれです❣️こんな日が一体いつ迄続くんだろぅ…と、出口の無ぃ迷路をグルグル🌀しているといぅか日々その答えを探し求めていたので今回、答えに辿り着けた気がしました😇💘内藤さん有難うございます🥰動画①の情報も素敵だったけど爆チン💉の犠牲になって欲しく無ぃからここでは動画②の内容を、ほんの少しだけ🤫以前のblogに食用動物達が🐄爆チン打たれてるってshareさせて貰ぃましたがその詳細が語られていました❗️食用動物達に グラフェン が打たれていて肉食によりグラフェンを摂取した体がどぅなるか?5Gを浴びる事で血栓が形成されるとナ💣アニマルイーターでなければ、5G浴びても問題無ぃ本当かなぁ🤔血栓が出来ないってだけな気もする(笑)そして飲食店で酒類を禁止していた理由が何と酒&タバコでグラフェンが消せちゃう事が分かってるから🚭ではと他にも、メドベッドにつぃての詳細も😵💖爆チン摂取者に💉何故メドベッドが効かなぃのか?↑コレ疑問でした爆チンの作用でDNAが(別物に)変わっているから修復しよぅにも、その元(のDNA)がなぃんだから無理❗️みたぃななる程〜ぉ😲凄ぃな遺伝子組換え爆チン💦加えて爆チンの起爆時期について…それは摂取から1年半後💣詳しぃ内容と、爆チン以外にも幅広く本っ当ぉ〜に盛り沢山の情報を提供して下さっていますのでWellBeingチャンネル と検索してみて下さぃネッ😉💕
0
カバー画像

血管の炎症として新型コロナウイルスを考える

 新型コロナウイルスは肺の湿毒(=肺・金の病気)ととらえらていましたが、最近は川崎病様相や血栓の報告など血管の炎症(=心・火の病気)としてとらえるべきではという考え方がでています。 中医学では、「清肺排毒湯」という漢方を肺の証から創薬して一定の効果を上げているとされています。「清肺排毒湯」を日本の市販エキス製剤の漢方で構成しようとすると「麻杏甘石湯」「五苓散」「小柴胡湯」で生薬の7割程度を構成できるようです。  近年,脳神経外科領域で「五苓散」が使用される例が増えてきており。特に慢性硬膜下血腫(CSDH)における有用性が多く報告されています。「小柴胡湯」と「五苓散」の 組み合わせである「柴苓湯」は抗炎症作用、アンジオポエチン様物質などによる毛細血管機能改善作用もあります。 一見、肺の証から創薬された「清肺排毒湯」ですが、その構成から毛細血管機能改善作用も得ており血管の炎症に関して一定の作用があるという事も考えられますね。図らずとも(?)証を追いかけることにより、肺だけでなく心の不具合も網羅していたという事でしょうか???
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら