絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

3 件中 1 - 3 件表示
カバー画像

ココナラ初受注

今年の5月頃からココナラで仕事を受注し始めましたが、お客様から直接ご依頼を頂いたのは今回が初でした。ココナラでは多くのクリエイターさんが登録をしているので、その中から僕を選んで頂き、本当に光栄だったのと嬉しい気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。今回の案件は飲食店のYoutubeチャンネルで使用する画像の制作でした。こうした画像のサイズはわずか数cmですが、否数cmの画像だからこそ、クリアで太いスピード感のあるデザインを提供しなければ、せっかくチャンネルを立ち上げてもユーザーからは見過ごされてしまうと僕は考えています。また、よく見るYoutubeのサムネイル画像(太い囲み文字で原色が多く使われているような)をオートマティックに制作することも簡単ですが、今回はイタリアンの飲食店のチャンネルです。長期的に見た時に、実店舗の世界観とマッチして相乗的にイメージアップに繫がれる画像を作る必要がありました。とにかく、デザインの作業はご依頼主様との意思疎通をした中で、その時その時の最適解を紡ぎ出すような作業だと思っています。僕は、その点に関しては真摯に取り組んでいきたいと強く思っています。出来合いのフォーマットに要素を落とし込むようなことはしたくありません。そのため、状況次第ではヒアリングを多く重ねたり、あるいは依頼を受けることができない場合もあるかと思いますが、上記の理由からご了承頂ければと思います。Youtube、SNS広告画像など承っておりますので、何かありましたら是非ご連絡頂ければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
0
カバー画像

【脳のクセがスゴイ話】

立花です、     ここ最近、何かと ランディングページ (以下LP)に関 する広告が 目に飛び込んでくる。     作成に関するものから テンプレート、   あるいはデザインといった LPに関する様々なSNS広告を よく目にする。     恐らく今回クライアントの コンテンツがLP作成に 関するものだったので、 必然的にそうなったんだろうけど、   人間の脳の仕組みって 本当不思議だよね、、、     脳は積極的に意識するだけで 勝手に必要な情報だけを 拾い集めてくれる能力を 持ち合わせている。     この脳の仕組みを 「カラーバス効果」 「RAS機能」 「引き寄せの法則」って 言うんだけど、   いずれも網様体賦活系 (もうようたいふかつけい) と呼ばれる、   覚醒状態を維持する 脳内機序がそうさせている。     簡単にいうと脳の フィルターの役割を果たし、   自分にとって必要だと思う 情報を選択して取り入れる 機能を持っている。     よく例えられるのが、 男性の場合だと奥さんが 妊娠した場合、   それまでは特に何も 気にならなかったのに   街を歩いているとやたらと 妊婦さんが目につくとか。     因みに「カラーバス効果」の バスは乗り物のバス(bus)ではなく、 バスルームの方のバス(bath)。     色を浴びるという意味らしい。     もう1つウンチクいうと、 「実際には見えているはずなのに 見えていない」という   情報遮断効果のことを 「心理的盲点(スコトーマ)」 などと呼ぶ。     そんなクセが強い脳の 仕組みに振り回されてきた 原因がも
0
カバー画像

広告は出さなきゃ損!

・もっと売り上げを上げたい!・最近売り上げが頭打ちだ。停滞している。・ビジネスをブレイクスルーさせたい!もしあなたが無料集客に注力して、広告戦略を活用していないのであればそれは本当にもったいないことです。<広告を出さないとはどういうことか。>もしあなたがネットビジネスで商品もありサイトも用意しているが集客にお金をかけていないというのは例えるならお店を構えて、商品を棚に陳列したのにお客様の呼び込みを一切行わないと同じことです。道ゆくお客様が自分のお店に入ってくれるのを口を開けて待っている状態です。この状況まずいのお分かりになりますよね。<広告は自分のビジネスを知ってもらう最大のツール>オフラインで販売している店では少なからず広告や、それに類似する戦略をとって集客を行なっています。例えば、「食べログに掲載してもらう」「チラシ配り」「自分の店のチラシを掲載してもらう」「店の前で呼び込み」などです。ビジネスではよく「弱者の戦略」、「強者の戦略」という言葉が使われます。ビジネスで強者とは売り上げを上げている企業です。売り上げを上げている企業は多分に漏れず広告費をかけて自分のビジネスを成長させています。逆にいうと広告費をかけてもその費用を回収できなければビジネスとして成り立たないということです。皆さんの参考になれば幸いです。
0
3 件中 1 - 3
有料ブログの投稿方法はこちら