絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

58 件中 1 - 58 件表示
カバー画像

ピーマンの栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと

『ピーマンの栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと』
体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です今回のお題『ピーマン』といえば、トウガラシを品種改良して辛味を取り除いて、独特の香りと苦味を残した原産地が熱帯アメリカのナス科トウガラシ属の野菜そんな『ピーマン』は昭和の時代から現代のお子様に到るまで『苦手な野菜』筆頭に挙げられる食材かと思います私自身も小学校の頃は、特有の苦味がある『ピーマン』が苦手だった記憶がありますが、気づいたら美味しく食べれられるようになっていました『ピーマン』はレシピによっては『あり』ただ子供の頃苦手だった『ピーマン』も、レシピによって『あり』と思える食材で母親が作ってくれた肉詰め料理は私の大好物で、土(ポイントw)レンコン、ナス、しいたけ、ピーマンと4種の肉詰めが食卓に出る日はすこぶる良い日だと思ってました(ちなみにどうでも良いですがw好きな順は1レンコン2ナス3しいたけ4ピーマン・・・でも肉詰めならピーマンもそれなりに食べてました)とそんな『ピーマン』について今回は深掘りしてみました。『ピーマン』の栄養素成分まず『ピーマン』の栄養素成分を見てみると可食部50g辺りカロリー    11kcal炭水化物    2.55g(糖質1.4g 食物繊維1.15g)脂質      0.1gタンパク質   0.45gビタミンベーターカロテン当量   200μgビタミンK          10μgビタミンB1         0.015mgビタミンB2         0.015mgナイアシン          0.3mg
0 500円
カバー画像

心身共に長く若くいたい人が欲しい話題の機能性成分2

『心身共に長く若くいたい人が欲しい話題の機能性成分2』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です人生100年時代とも言われる現代ではありますが、『寿命』で100年生きるのと『健康寿命』で100年生きるでは、世の中の人生の楽しさもかなり変わってしまいます全ての方が長生きしたいかどうかは置いといて(苦笑)、長生きするならばココロもカラダも健康で長生きしたいもの健康を後押ししてくれる要素その健康を後押ししてくれる大きな要素となるのが、『個々の体質に沿った適切な食事』『適度な運動』『良質な睡眠』かと思いますその中でも『個々の体質に沿った適切な食事』は、『私たちは自分が食べるモノが食べたモノでできている』ため自分の体質を考慮した食材の選択は美健偏差値を上げ下げする最も大きな要素と言えます選択した食材を『いつ』『どんな風に』『どんな状態』で食するか?さらにはその選択した食材を『いつ』『どんな風に』『どんな状態』で食するかが美健偏差値を高く維持したい場合には大切になってきますこのことは、何らかしらの老化の兆しを感じる40代以降になると、特に意識したいことでもあります高い美健偏差値を維持したい方にとっては、どうせなら見た目も頭(脳)もカラダの老化の進行を遅くしたいもの高い美健偏差値の維持や向上のサポートになる機能性成分そこで今回は昨日に引き続き、高い美健偏差値への改善や維持、向上のサポートになる食材に含まれる機能性成分についてと摂取ポイント、さらに簡単に症状別摂りたい栄養素について今回はふれていこうと思いますダイエットサポートの味方になる機能性成
0 500円
カバー画像

心身共に長く若くいたい人が欲しい話題の機能性成分1

『心身共に長く若くいたい人が欲しい話題の機能性成分』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です人生100年時代とも言われる現代ですが、長く生きたいと思っている方の多くが望むのは『寿命』を伸ばすのではなく、『健康寿命』を伸ばすことだと思います長生きをするならば、年齢とともにどこかしら体調不良で、定期的に病院(薬)のお世話になる人生よりも生涯を自分の足で軽快に歩くとができ、脳も体も心も元気であれば『我が生涯に一片の悔いなし!!』と仁王立ちで片手を振りかざして・・・・は難しいですが、最終的には眠るように人生の幕を閉じれたら、自分に生まれてきてよかったと心底思えるかなと私は思っています肌や臓器が弱かったからこその『気付き』私自身は、肌や臓器(消化器官)がもともと貧弱なのもあり、全身大炎上(ニキビ・アトピー)で10代前半から苦しんだ経験からともかくどうにかしようと自分のできる限界ギリギリでアレコレ取り組みましたが私が全身大炎上を起こしたのは、平成初期の時代ならでは現在のような情報自体が少なかった(携帯は勿論ネットなし)ので当然苦労の連続でした情報は皮膚科や知り合いの口コミのみそのため肌改善の情報は皮膚科や知り合いの口コミのみで学生時代皮膚科通院(塗り薬)ビタミンB錠剤(当時は発売したて)ビタミンC市販のにんじん100%ジュースお菓子を控える(チョコやポテチなど)20代前半〜20代半ばエステ玄米食温野菜(冷凍をチン 笑)ニキビ用化粧品といえばおおよそチャレンジ高級化粧品(クリーム30gで10万とか 苦笑)美容皮膚科での治療(当時は敷居が高かっ
0 500円
カバー画像

果物の栄養素をたっぷり摂りたい場合に知っ得こと

『果物の栄養素をたっぷり摂りたい場合に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『果物』というと、『甘くて』『みずみずしい』食材が多いことから、昭和の時代には夕食後のお口直しというかお楽しみとして春にはいちご(昭和のいちごはいまのような甘くはなかったので牛さんマークの練乳がお供)やビワ、夏にはスイカや梨、秋にはぶどうや栗、冬にはこたつで(?)ミカンと季節にそった果物を家族団らんで美味しく堪能した記憶があります『果物』の栄養素を食する美健法そんな私には果物の栄養素を食する美健法にハマりハマって束の間の喜びとイタイ思いもした過去がありますそれは遡ること、平成という時代の幕開けと共に始まりを告げたわたしの顔面、胸、背中へと怒涛な勢いで増殖していったニキビが関係しますそのニキビの追い討ちをかけるが如く、その少しの隙間さえも埋め尽くそうとする全身の至る所に発生したアレルギー性皮膚炎(当時はアトピー性皮膚炎と診断されました)さらにさらに最後のトドメだと言わんばかりの全身の余分なお肉も増殖をし自分史上最高体重までも記録してしまいますこの踏んだり蹴ったりの状況は長きにわたり黄色人種としてではなく新(珍)種のふくよかな赤色人種として改善のためあらゆる治療法にお手つきする山あり谷ありどん底ありきの人生を生きていくことなりました果物ではなく野菜でダイエット?ともかく恋だの愛だのに現を抜かしたい年頃故にまず体型をどうにかしたいと試したのが当時流行っていた単品の果物のみを食べ続けるダイエットである『りんごダイエット』を試したのではなく(りんごは
0 500円
カバー画像

ビーツの栄養素がたっぷり欲しい時に知っ得こと

『ビーツの栄養素がたっぷり欲しい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『ビーツ(ト)』といえば、ふくよかな根の部分がカブに似ていることから赤カブと勘違いされることもある植物ですがほうれん草と同じヒユ科に属するロシア料理の『ボルシチ』に欠かせない食材でもあり、6~8月、11~12月が旬そんなビーツは昭和レトロの日本国では、知っている方のが少なかったであろう存在で私がビーツを初めて食したのは、20代前半の時当日勤めていた会社の上司に連れて行ってもらったロシア料理のお店のボルシチでただしボルシチに入っている赤みがビーツだとは当時は思っていなかったと思います(おそらく赤ワインが入っている料理だと思っていたはず 苦笑)現在では鮮やかな真っ赤な色みが(主に女子に)受けてレストランや野菜売り場でも見かけるようになりましたビーツは、その鮮やかな色みからさぞかし美と健康に嬉しい栄養素が豊富なのではと予測してしまいますが、実際のところはどうなのか今回はビーツを題材に深掘りしてみました『ビーツ』の栄養素では早速ビーツの栄養素成分を、みてみますと(可食部50g)カロリー   20.5kcal水分     43.8gたんぱく質  0.8g炭水化物   4.65g(糖質:3.3g 食物繊維:1.35g)✳︎ミネラルナトリウムカリウムカルシウムマグネシウムリン鉄亜鉛マンガン✳︎ビタミンナイアシンパントテン酸葉酸『ビーツ』はカラダに嬉しい栄養素ぎっしり『ビーツ』はカラダに嬉しい栄養素ぎっしりで、真っ赤な見た目が真っ赤な嘘にならないくらいの様々
0 500円
カバー画像

大豆の栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと

『大豆の栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『大豆』といえば、『畑の肉』とも言われるほどの植物性タンパク質や体(細胞)内での代謝の際の酵素の相棒として不可欠なビタミンB群などが豊富大豆の歴史は4000年以上前(東アジアで栽培)からと古く、日本では縄文時代には食されていた痕(遺)跡があります『大豆』は今もなお行事で活躍そんな『大豆』は、今もなお受け継がれている古来より行事(おせち料理の黒豆煮や節分の豆)などでも活躍し、そのまま茹でたものでも美味ですが、豆腐や納豆、味噌、(室町時代末に誕生)醤油などの加工されたりと日本食に馴染深い食材の1つ『大豆』は大部分が輸入『大豆』というと日本のイメージが強く、国内では北海道や宮城、九州(福岡・佐賀)などでも生産されていますが、実は国内生産量は少なく(自給率1割未満)、ほぼ輸入に頼っています(そのため、オーガニックではない米国産のような遺伝子組み換え食品の大豆を完璧に避けるのは難しい状況でもあります)※加工食品は避けていたとしても、輸入大豆を家畜(鶏・豚)や養殖魚などの餌で使用されている場合があるため日本の食卓では『大豆』が大活躍と難しい問題もありますが(遺伝子組換えとは一体何が良くないのかについての詳しい説明は省略します)、『大豆』は昔から日本の食卓では大活躍の食材昭和後期に純日本女児として生まれ、子供の頃から大人になるまで『自称貧乏家族』の春夏秋冬毎日の食卓にほぼ必ずあったのが『大豆を使ったレシピ』・大豆と昆布の甘煮・ひじきと大豆の炒め煮・麻婆豆腐
0 500円
カバー画像

コラーゲンで若返りを実感したい場合に知っ得こと

『コラーゲンで若返りを実感したい場合に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法で30代前半までバサバサだった髪が髪の毛先まで栄養素が届くようになったアラフォー世代右寄り米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『コラーゲン』というと、古今東西永遠に美しくを願う女性陣が、是が非に我が身にたくさんあってほしい栄養素の1つかと思いますそんな『コラーゲン』といえば、昔から『コラーゲンを食材から摂っても意味がない?』とも言われていますよね?高級中華料理店でよくある会話の1つとして挙げるならば『今日はコラーゲンたっぷりのフカヒレの姿煮を食べたから、明日はお肌プルプルになるね ウフ🖤』では、翌朝起き抜けの顔はプルプルになっていたのでしょうか?以前、高級中華でフカヒレ三昧(?!)を食したという友人(実在するNさんとNちゃんw)〜ずに翌朝どうっだたのかの意見を聞いてみたところ当時アラフォーNさん『今朝起きたら お肌がパーンと張っている感じが♩』当時アラサーNちゃん『え??何も変わった感覚ないけど?????』と面白いくらいに真っ二つに分かれるご意見をいただき放題のお肌をプルプルにしてくれる?と長きに渡り否定意見も多々聞かれるのに人気が落ちることもない食材に含まれる『コラーゲン』今日は、『コラーゲン』とは一体?についてと『コラーゲン』が含まれる食べ物で摂る際に知っておくと、吸収率アップに繋がる内容について書きますコラーゲンを食べ物で摂る=意味ないと言われる前に気になる事そんな『コラーゲン』ですが、食べ物で摂る事は意味ないかどうかは一先ずおいといて(笑)そのコラーゲンがたっぷりと含まれている
0 500円
カバー画像

枝豆の栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと

『枝豆の栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『枝豆』といえば、夏場(7〜9月)が美味しい季節の原産地は中国のマメ科ダイズ属『枝豆』は日本では縄文時代から弥生時代に伝わったと言われ、今のような食べ方(塩茹で)は江戸時代とも言われています『枝豆』は長いことアジア圏のみのお楽しみ食材でしたが、世界的な健康ブームから、その栄養素やヘルシーさに食べやすさが注目され現代ではアメリカやヨーロッパでも『EDAMAME』が食べられるようになっています『枝豆』は夏限定の定番だった現代では一年中枝豆を楽しめますが、私が子供だった昭和の時代は、『枝豆』は夏の定番で“自称昭和の貧乏家族”の夏の食後のお楽しみは果物以外ではトウモロコシもしくは枝豆だった記憶があります『枝豆』の種類昭和の時代は夏の定番だった『枝豆』といえば、私の場合は上記のイメージですが、各地域特産の『枝豆』というのが、気づいた時には登場していました●茶豆マメが少し茶色がかっていて香りが高く、甘みも強い 生産地:新潟●丹波黒豆大粒で甘みが強く、10月以降が旬  生産地:兵庫県丹波地方●だだちゃ豆さやに茶色の毛が生えトウモロコシに似た香りと甘みがある 生産地:山形県私の中では、丹波の黒豆を始めて食した時にその美味しさにビックリした記憶があります。『枝豆』の豊富な栄養素と残念な栄養素今回は昭和の時代は夏の定番だった『枝豆』について、ただ美味しいだけでない豊富な栄養素から残念な栄養素、『枝豆』の栄養素をたっぷり摂りたい場合の対策方法などを深掘りしてみまし
0 500円
カバー画像

とうもろこしの栄養素が欲しい時に知っ得こと

『とうもろこしの栄養素が欲しい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『トウモロコシ』というと、高エネルギーで、6月後半から9月初旬までが旬の野菜『トウモロコシ』で思い出すのは昭和の古く良き時代で、私は子供の頃、緑豊かで空気と水が美しいDo田舎で育ちましたそんな私は、食の好き嫌いだらけのわがまま散らかし放題で、特に野菜嫌いは顕著で今思うと大いに食物繊維がかけていました(汗)そんな嫌いな野菜だらけの中、貴重な大好物の野菜の一つだったのが『とうもろこし』『トウモロコシ』は旬の季節の楽しむ食材だったそんな『トウモロコシ』といえば、現在のように一年中好きなものを好きな時に食べれる時代とは違い、昭和の時代は季節の旬の食材を楽しむ時代そのため主に夏場のお楽しみの一つが『トウモロコシ』でした『トウモロコシ』が茹で上がった時の食欲をそそる甘い香りにリスかハムスターのように(可愛くはないけど)頬張った記憶がありますそんな子供の頃はお楽しみの一つだった『トウモロコシ』も体型が気になる年齢以降は問答無用にスコア(カロリー)が気になる存在になっていました高校時代(平成前期)は『カロリー』、アラサー(平成後期)以降は『GI値』からの『GL値』、さらには『糖質量』と時代とともにその栄養素よりもスコアに目がいってしまう野菜に変化『トウモロコシ』の栄養素そんな『とうもろこし』の栄養素といえば100gあたりエネルギー: 92kcalタンパク質: 3.6g炭水化物:  16.8g(糖質13.8g食物繊維3.0g)脂質:    1.7g『タンパク質』
0 500円
カバー画像

ズッキーニの栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと

『ズッキーニの栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『ズッキーニ(Zucchini)』といえば、オーガニックスーパーでは夏になると見かけるようになる夏が旬の野菜日本ではキュウリのような見た目のズッキーニが一番認知度が高いですがヨーロッパでは、丸いズッキーニやUFOズッキーニ、黄色の花がついた花ズッキーニなど様々な形が存在色も緑や黄色だけでなく、白や柄入りのものまであり、日本でも現代では通常(緑のキュウリ型)タイプ以外も見かけるようになりましたそんな煮込んでも炒めても美味の『ズッキーニ』ですが、私にはその見た目から食わず嫌いの時期がありました『ズッキーニ』に敵?夏場の料理レシピに大活躍のズッキーニに『敵』がいるとはここ数年まで知らなかった私は、昭和後期にこの世に誕生しました両親の育て方には、一切妥協や問題はなかったものの幼い頃から家族に対してのみ(苦笑)ワガママ散らかし放題の性格だけでなく、食でもワガママ散らかし放題でしたただし成長するにつれて食へのワガママはなくなっていったものの、立派な(?)アラフォー世代右寄り(R45)になった今でも自ら好んでは食べない食材があります。それは夏場のお野菜でサラダに使われることが多い『きゅうり』大人になった今でもあまりお好みの味ではないため、我が家の冷蔵庫には通常入っていないのですが・・・定期的に自然栽培(無農薬・無肥料)野菜の宅配をお願いしているので、当然のごとく夏野菜の一角としてたまに『きゅうり』が入っていますそのため夏場にのみ自宅の冷蔵庫にいらっし
0 500円
カバー画像

キウイの栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと

『キウイの栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『キウイ』というと、昭和の時代は、甘酸っぱくて根っからのお子ちゃま舌だった小学生の私は酸っぱさを感じあまり好きな果物ではありませんでしたが気付いた時には、甘みが強いキウイも登場し、美味しく食べれるようになっていました『キウイ』といえば、正式名称はキウイフルーツ(kiwifruit)ですが、かつて中国ではグースベリーと呼ばれていて、中国では自生したものが採取されて、薬として利用されていた時代もあります『キウイ』の種類そしてキウイというと昭和の時代は、皮は茶色で、毛のような繊維に覆われていて果肉はグリーンで小さな黒い点(種)があるキウイが『キウイ』でしたが、今では・ゴールドキウイフルーツ(果肉が黄色で甘みが強い)・レインボーレッド(産地:福岡や静岡 果肉の中央が赤く酸味少なく甘い)・ベビーキウイフルーツ(産地*アメリカやチリ 3cmぐらいのミニ)・香緑(産地:香川 円筒型で大きい 酸味が少ない)というように『キウイ』といっても様々なで世界中で販売されているのは、昭和の時代からおなじみの卵くらいの大きさで、果肉は鮮やかなグリーンのもの『キウイ』の想い出は高校時代そんな私の『キウイ』での想い出といえば、高校時代に遡ります顔面・胸(デコルテ)・背中はニキビだらけ、全身のいたるところにアトピーも発症し、最後のとどめとばかり横の身長(どすこい)だけ伸びた私は部活は美術部に所属していましたそんな私に中学時代からのお友達で英会話部?に所属していたべっぴんのC
0 500円
カバー画像

シソの栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと

『シソの栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『シソ』と言えば、私が月二回宅配をお願いしている自然栽培(無農薬・無肥料)の野菜に7月あたりによく入っている食材シソといえば、スーパーやお店の刺身の下に敷かれているイメージがありますが、他の食材の彩りをよくする飾りではなく、食べることで身体にとって嬉しい作用が色々含まれていたりします(後ほど記述)赤紫蘇ジュースが美味しかった記憶以上の想い出そんな『シソ』といえば、友人のおばあちゃんが作ってくれた赤紫蘇ジュースがすごく美味しかった記憶以上に我が身をこの世に生み出してくれた偉大な存在であるリアルママ(実母)との間に決して忘れられない想い出がありますそんな我が母と言えば、本人は全く認めていないが超を超越したdo天然ですその為、天然の母といると毎回おかしなことが起こり、おかしな日本語をいただきます(私がヨガをしてようがトイレに行こうがずっと話しかけてくる人でもあります)『シソ』にまつわる天然の母との想い出『シソ』にまつわる天然の母との想い出でいえば、私が20代の頃お盆で実家に帰省した日の出来事で、駅に昼頃に到着したので車で迎えに来てくれた母と子供の頃から家族で週末にたまに来ていた昭和レトロ感満載な洋食レストランに入りましたアイスコーヒーを注文した母レストレンに着いたものの母は食欲がなかったのでアイスコーヒーのみ注文し私はなんちゃら定食(サラダ、スープ付き)を注文しました注文して早々に母のアイスコーヒーと私用の300ml以上は入るであろう大きめ(↓こん
0 500円
カバー画像

オクラの栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと

『オクラの栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『オクラ』といえば、育ちすぎると繊維が硬くなり味が落ちるため、4〜8センチの柔らかい幼果のうちに収穫する食材でこれからの季節(夏場)からがオーガニックスーパーでも見かけることが多くなります一般的なオクラは輪切りにすると、断面が五角形になる五角種ですが、丸型や星型なども存在しますそしてカットする事でよくわかるオクラの重要な栄養素でもある“ネバネバ”は小学生の頃まで食の好き嫌い全開のワガママ散らかし放題だった私にとって貴重なネバネバでした私は子供の頃、苦手な食材として『納豆』や『ワカメ』があったのですが、苦手だった理由が“味”と“特有の“ネバネバ感”でしたただ“ネバネバ感”に関していえば、実は逆に好きな食材があったことに、小鳩サイズの脳を誇った私は子供の頃のとある日に気づきました(すぐに気づかないのがポッポイント 苦笑)『オクラ』のネバネバ感は我儘味覚でもOKその食材の一つが『オクラ』で、細かく刻む事でよりネバネバ感が増しますが、ワガママ味覚にもOKな食感と味だったらしく母親が出してくれる“長芋とオクラとなめ茸”のネバネバ連合レシピは好物の一つでした(このことから長芋となめ茸もOKだったと気づく 笑)ただし記憶の中でそのレシピは、食べ物ではなく“飲み物”になっていました(要はほぼ咀嚼をしておらず、のちに栄養学を学んで咀嚼という行為が高い美健偏差値を維持するのにいかに重要かを改めて学ぶ)『オクラ』が夏場に大活躍する理由は栄養素にありそんな『オクラ
0 500円
カバー画像

ブルーベリーの栄養素がたっぷり欲しい時に知っ得こと

『ブルーベリーの栄養素がたっぷり欲しい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『ブルーベリー』といえば、現在ではスーパーフードの1つとして有名ですが、私の頭の中で連想されるブルーベリーといえば『ブルーベリーアイ』というお目目に良いと言われるサプリメントで、それはブルーベリーに含まれる栄養成分からついた名前だと小鳩サイズの脳をフル稼働させなくてもわかります私がブルーベリーアイならぬ『ブルーベリー』の栄養素が必要になったのは遡ること平成初期の時代水と空気が美しく緑あふれる山々に囲まれた山間部のDo田舎で育った私は小学校まではお勉強には一切興味がなく黒板の前で?ω?顔で微動だにしない姿に、先生に黒板消しでしょっちゅう頭を叩かれていました真冬じゃなくても自分の周りだけ年中粉雪が舞っていたあの頃・・・一番ご縁がなく必要がなかったもの『メガネ』。一生不要かと思っていたそのメガネが高等教育あたりからいつしか必需品になっていましたブルーベリー『アイ』が必要となる緊急事態発生そうブルーベリーの『アイ』?が必要となる緊急事態が発生し、気づいたら視力がドンドコ低下し、『勉強しすぎてぇ目悪くなっちゃったテヘ』と『恐らく悪いのは頭だ』と突っ込みたい周りの気持ちとは裏腹な中程度の冗談をたまに言っていましたそんな時代から社会人になる頃にはコンタクトを着用を開始し、さらにはパソコン(だけ)が恋人の職業につくとコンタクトでは負担が大きいため仕事中は眼鏡っ娘に逆戻り、さらにさらに世の中に巨大な液晶テレビやPC、スマホとズンドコ増えていき…目の健康に
0 500円
カバー画像

トウガラシの栄養素をタップリ摂りたい時に知っ得こと

『トウガラシの栄養素をタップリ摂りたい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『トウガラシ』は、熱を運ぶ格別な生理活性物質『カプサイシン』にちなんでつけられたトウガラシ属の実でありお口の中だけでなく、全身をホットにしてくれる食材好き嫌い散らかし放題だった子供の頃の私には、辛すぎて苦手な食材1つでした色合いは様々で、赤や黄色、緑というように鮮やかな色合いから分かるようにカロテノイド系(ゼアキサンチン・ルティン・βカロテンなど)の生理活性物質を含みます今でもほんのり程度の辛さの『トウガラシ』の種類でないと食べられないですが、『トウガラシ』と言えば思い出すの20代前半の頃『トウガラシ』モリモリのパエリア当時ドラッグストアでアルバイトをしつつデザインの学校に通っていた私には、バイト先で仲良くなった私含めた4人(女性2人男性2人)の仲間がいましたその4人で約束していたのが給料日後の月1回、月ごとに違う国の料理を食べに行くことある月に行ったどこのお国の料理だったかはっきりとは失念しましたが(おそらくアフリカ?)、パエリアが人気のお店だったため、色々な料理と一緒にメインに2種類のパエリアを注文そのうち1つパエリアが当時は何の種類かは不明ですが『トウガラシ』モリモリに入っていたようで、私ともう1人(男性)は『一口』でギブ(笑)『トウガラシ』大好きな2人が見事に完食残りの2人は、辛い(トウガラシたっぷり)もの大好きだったため、『辛いけど、美味しい!』『美味しい!!』と2人でハフハフ見事に完食一口でギブした私からしたら、『どんな味覚
0 500円
カバー画像

スーパーフードの栄養素を摂りたい時に知っ得こと2

『スーパーフードの栄養素を摂りたい時に知っ得こと2』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『スーパーフード』と聞くと、『カラダにすっごく良い食べ物』というイメージがあるかと思いますがもう少し詳しく説明すると私達の身体にスペシャルな健康的な効果をもたらす食材で治癒的要素を持っている特定のホールフードのことで、あらゆる自然な食品は身体に対して特定の効果を持っています昨日に引き続き、今ではお馴染みの『スーパーフード』のいくつかを取り上げてその栄養素効果について語りつつ、注意点やそのスーパーフードの選択以上に大切な事について述べていきますスーパーフードその4『かぼちゃ』秋〜が旬のスーパーフードでもあり、野菜の中ではすこぶる甘く満足感を与える栄養素も含む低カロリーな『かぼちゃ』今の時代は、ダイエットに糖質制限が人気なのもあり、スーパーフードで低カロリーと言っても『かぼちゃ』は避けらる傾向にあるかと思いますが見た目の黄色からわかるように
動植物に存在する脂溶性色素の『カロテノイド』であり“カロテン”の中でアルファカロテンやベータカロテンが豊富カロテノイドというのは、私たちの食生活では50種のカロテノイドが存在し、その効果の数々は素晴らしく・肉体をフリーラジカルから守るため免疫反応調整・細胞と細胞の間の情報伝達を強化するのに必要な酵素※1を活性化・紫外線による皮膚や目のダメージ予防

0 500円
カバー画像

スーパーフードの栄養素を摂りたい時に知っ得こと1

『スーパーフードの栄養素を摂りたい時に知っ得こと1』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『スーパーフード』といえば、今でこそ誰しもが知っているワードの1つですが、昭和の時代には聞いた事もなかったワード『スーパーフード』というのはどういう食材かといいますと私達の身体にスペシャルな健康的な効果をもたらす食材で治癒的要素を持っている『特定』のホールフードのことで、あらゆる自然な食品は身体に対して特定の効果を持っています今回は『スーパーフード』のいくつかを取り上げてその栄養素効果について語りつつ、スーパーフードをただ食べれば良いのか?というとそういうわけにもいかない理由があり、その辺りについても詳しく述べていきますスーパーフードその1『豆類』まずは、スーパーフードその1は日本人には馴染深い『豆類』豆類といえば、低脂肪で植物性タンパク質が豊富に含まれ、ほかにもビタミンB、鉄、葉酸、カリウム、マグネシウム、フォトケミカルと栄養素が豊富ですがその中でも『豆類』に含まれる妊婦さんに特に必要な“葉酸”は、血液中のアミノ酸の一つであるホモシステインのバランスを調整し、冠動脈心疾患のリスク軽減に役立ちます『豆類』がダイエッターの強い味方になる理由豆類は低カロリーで『ボリュームがある』ので体重管理に都合がよくコレステロール低減にもつながりますがここでいう『ボリューム』というのは、量を大量に摂るという意味ではなく
0 500円
カバー画像

ウーロン茶の栄養素をたっぷり欲しい時知っ得こと

『ウーロン茶の栄養素をたっぷり欲しい時知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です中国のお茶の中で青茶(ちんちゃ)に分類され、カテキンの酸化をほどよく利用し半酵素発酵(半酸化)させた『烏龍茶(ウーロン茶)』と言えば、日本でも昔からお食事のお供などに親しみのあるお茶で、私が子供の頃は苦いと感じるため苦手だった記憶がありますウーロン茶の生産地ウーロン茶の生産地といえば、広東省東部や中国福建省、台湾で香りや色、味わいは発酵度の幅が広い(15〜70%)ため異なり多種存在します発酵度の低いものでは緑茶があり、発酵度数が高くなるほど紅茶のような味わいになると言われていますそしてお茶のこの発酵度合いの違いが、それぞれのお茶にどんな化合物が含まれるかが異なるようになるため重要な要素でもあります女性が喜ぶウーロン茶色々の種類が存在するお茶の中で、美や健康に気を遣う女性であれば喜ぶウーロン茶として凍頂烏龍茶が挙げられます味わいは緑茶に近く、栄養素としては・ポリフェノール(抗酸化作用)・ビタミンC(コラーゲン生成サポート)・メチル化カテキン(抗アレルギー作用)と永遠に美しくを望む方のサポータードリンクになってくれそうなウーロン茶ですウーロン茶の栄養素で着目すべき成分はそんなウーロン茶で特に着目すべき成分が、ポリフェノールで、しかも様々な種類のポリフェノール化合物を含むことですさらに現在までに新しく発見されたポリフェノール化合物の多くがウーロン茶のみに存在します今回はお茶の中で最も沢山のポリフェノール化合物を含むが故にお腹の脂肪を是が非に減らし
0 500円
カバー画像

糖質を制限し続けると起こる緊急事態宣言とは?

『糖質を制限し続けると起こる体内緊急事態宣言とは?』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『糖質』というと、昭和の時代とは違い、この10年くらいで多くの文献で、その存在について負の情報満載なった栄養素ただし多量(三大)栄養素の1つというだけあって、ほとんど糖質を摂取しない生活を長期間継続には問題があります糖質は過剰な摂りすぎは誰しもNGではありますが、誰しもが極端な糖質制限をすべきでもないです(受け継いだ遺伝子により異なる)そしてこの糖質については、ホルモンが関与してくるわけです糖質よりも敵視された栄養素そんな糖質とホルモンの関係について語る前に、私の青春時代は糖質よりも敵視された栄養素がありました時はさかのぼること1990年代後半、思春期ニキビを顔面だけでなく胸にも背中にも満開に咲かせまくりで、見事なくらい真っ逆さまにダークサイド(?)に落ちていたワタクシさらに追い打ちをかけるかのように、全身のお肉(脂肪)も容赦なく増えていき毎日鏡を見るたびにあまりに残念な自分の出で立ちに凹む日々糖質量よりもカロリー計算しかも当時は糖質量を計算するよりもカロリー計算を重視する時代で当然今のような美容健康の専門書やTVの健康情報番組もなく、インターネットも普及していない時代だったため自分の見た目のコンプレックスをどうにかしようと暗中模索の日々(当時は病院か知人の口コミで情報収集)お肌は、ニキビが数個減ったくらいではわからないくらいに満開だったためどれもこれも圧倒的な効果は感じず・・・せめてでもこの豊満なボディ(余分な脂肪で構成)だけでもどうに
0 500円
カバー画像

ヨーグルトの栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと

『ヨーグルトの栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『ヨーグルト』と言えば、私が子供の頃(昭和)には存在する食品の1つですが私はお子ちゃまに属していた頃、好き嫌いが激しかったのと、根っからのお子ちゃま舌だったのもあり『辛い(辛味)』『苦い(苦味)』『酸っぱい(酸味)』食品は大概苦手で、その中でも私のお子ちゃま舌では酸っぱいよ属には、『ヨーグルト』も属していました子供の頃は苦手だったヨーグルト私が小学生の頃は今のように商品数も多くなく、美味しさを感じられず、当然子供のため栄養素のことを考えることもなく(苦笑)、当初は苦手な食品であった『ヨーグルト』しかし、いつの間にやら大人(舌)への階段を2段飛ばしくらいでのぼったらしく気付いたときには『ヨーグルト』の栄養を摂ろうと毎日食べるものへと変化していました※現在は毎日は食べていませんヨーグルトの種類は多種多様現代では『ヨーグルト』は多種多様なメーカーが、それぞれの『推し菌』を商品化し、『味』、『食感』などバラエティ豊か『ヨーグルト』は、腸内環境の健康を保ち悪玉菌をやっつけてくれるぜみたいな理由もあり多くの老若男女に愛される存在にまでのぼりつめ、食品を売る店で、ヨーグルト売ってないよというのは皆無の状態様々な人の希望・願望・欲望に答えたヨーグルトが登場そんなヨーグルトには、昔は『加糖ヨーグルト』『無糖ヨーグルト』ぐらいだったのがいつの間にやら味付けだけでなくカロリーが気になっちゃうかたに向けた『低脂肪ヨーグルト』『無脂肪ヨーグルト』とカロリーを制限
0 500円
カバー画像

トマトの栄養素がたっぷり欲しい時に知っ得こと

『トマトの栄養素がたっぷり欲しい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『トマト』と言えば、いかにも栄養素豊富そうな真っ赤な見た目に昭和から平成、平成から令和と時代が移りゆく中で、昨今では季節問わず、サラダの彩りを鮮やかにする食材として大概入っている野菜の1つ※かと思います※植物学的には果物に分類される品種改良も進み昔は大きくて酸っぱかったハズのトマトはメソアメリカに起源を持ちますが、いつしかフルーツトマトと呼ばれるような甘いトマトまで誕生(1000種以上の品種がある)そんなトマトといえば、昭和の自称貧乏一家の我が家の大黒柱(父親)の好物でしたと言っても『トマト』そのものではなく『トマトージュース』あまりに美味しそうに飲む父親の姿に、子供ながらに興味をそそり飲ましてもらったことがありました…ナンジャコリャお子ちゃまの私には理解不能の味で、父親の味覚が信用できなくなった瞬間でしたそんな子供の頃の記憶も抹消されたのか、気付いた時には自分自身もトマトジュースを飲めるようになっていましたトマトは調味料だと子供にも人気そんな『トマト』は、お子様の中には野菜の状態では苦手だけど、ケチャップやペーストのような加工品だとOKだったりする子もいるわけでサラダの具の1つとしてだけでなく、調味料として外食だけでなく家庭でも度々登場する食材そして現在では一年中一般的なスー