絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

太陽電池電源をさくっと作る

私の案件は長いです……うちあわせに1ヶ月、それから製作に1ヶ月以上っていうのがほとんどです。なので、サクッと作ることに、言い換えれば、完成した!という快感に飢えております。というわけで、今日は簡単な電子工作を一つ。  「ベランダのカメ水槽にフィルターを付ける」です。……工作以前ですね。ベランダにコンセントがないし、サッシを通すのもイヤなので、  太陽電池→コントローラー→インバーター→カメ用フィルターという構成で、作りました。コンディショナーは鉛蓄電池でバックアップしています。全部秋月電子通商で揃います。届いたものを配線してベランダに設置するだけです。太陽電池は定格12W、バッテリは12V 7.2Ah、カメ用フィルターは5W程度らしいので、8時間晴れていれば17時間ぐらい動いてくれます。夜は止まっていて欲しいので、十分です。これでカメの水換え頻度を減らせると良いのですが。太陽電池などのリンクを貼りたいのですが、ケツの穴の小さいココナラさんのブログには外部へのリンクを貼れないので、型番だけ貼ります。太陽電池:M-08233コントローラー:M-06167(太陽電池、バッテリー、インバーターを制御)シガーライター型インバーター:M-02998(AC100Vを作ります)シガーソケット:C-10622(上のインバーターは安いけど自動車用なので)バッテリー:B-04961他にファストン端子、電線、太陽電池を支えるあれこれ、はんだ付け……などが必要です。なおバッテリーは乾電池の延長ではなくて取り扱いに注意が必要です。インバーターもちっこいですがAC100Vを出力するので、それなりに危険です。
0
カバー画像

太陽電池電源水槽浄化システム(屋外用)を自作しました。

 要は「金魚の水槽の水を濾過するのに汲み上げるモーターの電源に太陽電池を使っている」というだけですが、水槽を室内に置いている方々の参考になればと思い、記事にしてみました。地震で水槽が倒壊し、部屋中が汚水でべちゃべちゃ…ということがなくなります。電気代もかかりませんし、屋外に電源コンセントを置く必要がないので、雨などによるショートの心配もありません。 我が家には夏祭りで子供がとった金魚2匹とドジョウ1匹が入った水槽が室内にあります。ポンプで水を汲み上げ交換式フィルターで汚れを除去するタイプの循環装置をつけていました。 しかし埼玉の狭いマンションの上の方の階に住んでいるため、地震で揺れやすく、大きめの地震があれば水槽の水がこぼれることは容易に想像できます。実際震度3くらいでも水面が大きく波打って、端から水が飛び出したことがあります。 現在共働きですから、留守中にもし大きな地震があって水槽が割れたら大変悲惨なことになるでしょう。家財道具には使えないものも出て来るかもしれませんし、水も金魚の糞が混ざっていると思うととても不潔です。かなり大掛かりな掃除が必要になります。 金魚水槽はベランダに置きたいと思っていましたが、我が家のマンションのベランダには電源コンセントがないのです。しかし窓やエアコン室外機の穴からコンセントのケーブルを出すにも長すぎるし、虫が家の中に入る隙間ができてしまうことや、雨の時にコンセントがショートしないか不安があり、どうしたものかと考えていました。 そこで太陽電池付きポンプを使った水槽の水汲み上げシステムを考えて自作しました。日が当たれば太陽電池が発電し、ポンプが動
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら