絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

12 件中 1 - 12 件表示
カバー画像

ブログで集客を増やす!SEO対策のコツとポイント

ブログで集客力をUPさせたい方々へ。この記事では、SEO対策の重要性から具体的な戦略、さらには最新トレンドまでを網羅的に解説します。対策がなぜ必要なのかから始め、記事の検索結果を左右するキーワード選定のコツ、リンク戦略、そしてブログ作成のポイントを掘り下げていきます。また、ブログの構造やデザインとSEO対策の関係、SEO対策の成果が上がったかを測定する方法もお伝えします。さらに、Googleの最新アルゴリズムの変化を考慮した対策や、これから取り組むべき新技術についても触れています。ブログSEO対策の重要性ブログを運営する上で欠かすことのできない「SEO対策」。何をするにも、何を得るにも、必ずと言って良いほどSEO対策が絡んできます。それでは、具体的には何がそうさせるのでしょうか。それは、SEO対策がWebサイトやブログの「見つけられやすさ」に直結しているからです。インターネット上に氾濫する情報の海の中で、自身のブログを目立たせひときわ光らせるためには、SEO対策が必須であるのです。なぜSEO対策が必要なのかSEO対策が必要な理由から説明します。まず、SEO対策とは検索エンジン最適化の略で、自身のブログが検索結果で上位に表示されるようにするための手法です。具体的には、GoogleやYahoo!などの検索エンジンがウェブサイトやブログを評価する基準に沿って、コンテンツを最適化します。これにより、検索エンジンからの評価が上がり、検索結果で上位に表示される確率が高まるわけです。つまり、SEO対策を行うことで、自身のブログへの流入を増やし、広告収入の増加や商品の売上向上につなげることがで
0
カバー画像

SEOに欠かせない5つの基本的なツール

SEOは、ツールを活用した最適化と、継続的な改善が欠かせないマーケティング手法です。これからSEOを始める場合は、下記の基本的なSEOツールを押さえておきましょう。1)SEOプラグイン2)Googleアナリティクス3)Googleサーチコンソール4)Loocker Studio5)Googleドライブ各SEOツールの特徴や、使い方についてご紹介します。1)SEOプラグインSEOプラグインとは、主にWordPressに導入する、「SEOのための拡張機能」のことです。WordPressは「SEOに強いCMS」と呼ばれていますが、SEOに必要な機能をほとんど備えていません。WordPressによるSEOを強化するためには、専用のプラグインが必要です。プラグインアプリケーションに追加できる、「拡張機能」のこと。プラグインを追加すれば、対応している機能を簡単に実装できる。便利な反面、増え過ぎると管理が煩雑になり、セキュリティリスクも大きくなる。WordPressで導入可能なSEOプラグインとして代表的なのが、の3つです。「All in One SEO」と「Yoast SEO」に関しては、ほとんどの機能が競合するため、どちらか一方の導入で事足ります。「WebSub (FKA. PubSubhubbub)」は、導入して有効化するだけで、Googleへのインデックスを助けてくれるので、おすすめのSEOプラグインです。ちなみに、CASITOMOがブログで導入しているWordPressのプラグインは、下記の7つです。・All in One SEO・WebSub (FKA. PubSubhubbub
0
カバー画像

SEOとは?「検索エンジン最適化」のこと

SEOは「Search Engine Optimization」の略です。日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれています。検索エンジンGoogleやYahoo!などが提供する検索サービスのこと。SEOを実施する目的は、「Googleにおける露出を増やし、キーワード検索によるWebサイトへのアクセスを増やす」です。Googleを使った情報収集が当たり前になった時代では、Webサイトにどれくらいの人を集められるかによって、会社の売上が大きく変化します。もちろん人を集めるだけでなく、商品やサービスが魅力的でなければ、売上は増えません。一方で、「商品やサービスに魅力はあっても売るのが難しい」という会社が多いのも事実。そこで実施すべきがSEOです。SEOを実施してGoogleにおける露出が増えれば、集客力が高まります。より多くの人をWebサイトに集められれば、それだけ多くのビジネスチャンスが生まれる、ということです。SEOには下記のような種類があり、それぞれ実施すると、より高いSEO効果が期待できます。Googleの仕組みSEOへの理解を深めるために、Googleの仕組みを解説します。Googleには、「クローラー」と呼ばれるプログラムが搭載されています。クローラー世界中に存在するWebサイトを巡回し、ページデータを集め、検索エンジンのデータベースに登録するプログラムのこと。Googleユーザーが特定のキーワードで検索をすると、データベースから適当な記事を選びます。これをランキング形式で表示するのが、Googleの仕組みです。SEOではこの検索エンジンの仕組みを利用します。クローラーが
0
カバー画像

SEO対策の最重要項目!ページタイトル最適化の5つのポイント

SEO内部対策の一つに、ページタイトルの最適化があります。 ページタイトルはSEO・内部対策において最重要項目です。 ここでは、ページタイトルを設定する際の注意点や、検索エンジンでの表示のされ方、最適化した場合の順位変動の事例、ページタイトルをチェックするポイントを説明します。ページタイトルとは? ページタイトルは、ここではウェブページのHTMLの中でタイトルタグ(<title>タグ)に記述されている文字列を指します。 検索結果(SERPs)に表示されるサイトのリンクには、このページタイトルが使われます。 タイトルタグは、サイトの訪問者や検索エンジンに対してページの内容・トピックを表す、とても重要なタグです。 また、SEO内部対策のチェックポイントとしても、タイトルは一番にチェックすべき部分です。弊社のサービスでは今回のタイトルや他のSEOにおいて重要な項目など、、 今何が貴社サイトで課題となっているか突き止め、改善点のご提案が可能となります。まずはお気軽に自社の課題点をご相談ください。 ページタイトルの文字数は、全角30〜35文字程度で完結に記述する ページタイトルの文字数には注意が必要です。 ブラウザにより表示される文字数は異なりますが、基本的には対策キーワードを必ず含め、全角35文字程度、Google(Chromeブラウザ)の場合は30文字程度を目安に簡潔に記述する必要があります。 スマートフォンでは、ブラウザによりタイトル文字数が大きく異なる iPhoneのsafariブラウザは、タイトル文字数は40〜42文字程度まで非常に多く表示されますが、Ch
0
カバー画像

SEOで上位を狙うキーワード選定方法とコツについて

SEOのキーワード選定をどういった方法で行っていますか? サイトやブログのアクセスを伸ばしていくためには、検索される(需要のある)キーワードで上位表示させる記事を積み上げていくことが必要となるわけですが、このキーワードをしっかりと選定しなければ、場合によっては下記のような効率良くサイトのトラフィックを伸ばしていくことができない状態となってしまいます。 ・競合が強過ぎて上位表示することができない ・上位表示できても誰も検索しない  この場合、検索結果で上位表示させるためには、キーワードの強さの指標とも言えるキーワードごとの“検索ボリューム”もひとつの参考値となり、こういったポイントを押さえた上で、“キーワード選定”を行うことが非常に重要となります。 つまり、サイト・ブログのアクセスを伸ばしていくためのSEO対策はキーワード選定が何よりも重要な要素となるわけです。 では今回は、この“キーワード選定”について、詳しくご説明していきたいと思います。キーワード選定とは? まずはじめに“キーワード選定”とは、公開するページ(コンテンツ)のテーマとなるもので、ユーザーに検索してもらいたいキーワードを選ぶ作業のことを意味します。 そして、基本的なキーワードの選び方として、競合が強い単ワードでの対策だと成功した場合の集客数といった効果は計り知れませんが、そもそも上位表示させることが非常に難しい可能性が高いということが挙げられます。 しかし、可能性が0というわけではなく、こういった強いキーワードの場合、複合キーワードといった複数のキーワードからなるページを対策しながら、徐々に検索ボリ
0
カバー画像

【SEO対策⑧】SEOを考えた記事を書く基本(初歩の初歩)

SEOを考えた記事を書く基本(初歩の初歩) キーワードが大事です!「タイトル」「見出し」「本文」 自分のサイトを上位表示させるためには、まずキーワードを考える必要があります。 あなたが美容関連のブログを立ち上げたとしましょう♪ 何で検索されたいですか? ただ単にメイクの仕方やコスメの紹介記事を書いただけでは、誰も読みに来ません。検索ユーザーの役に立つ記事を書くことが大事です。 ※自分の職種やブログの内容に合わせて、置き換えて考えてくださいね。 検索ユーザーの役に立つ記事とは 顔が大きく見えて困っている、悩んでいる、どうしたらいいか?憧れの芸能人のような小顔になりたい!どうしたらいい? 困っている人の役に立つサイトになればいい。記事を書けばいい!STEP1悩みを持った人が何と検索するかを考える こんなキーワードで検索するんじゃないでしょうか? 「小顔マッサージ」「小顔メイク」「小顔に見えるヘアスタイル」「小顔になるためには」「小顔になりたい」。。。 なんとなく流れが分かってきたでしょうか?このキーワードが何になるのか?  STEP2悩みを記事のタイトルにする そうです。悩みをタイトルにしてあげればいいんです! 「小顔マッサージの仕方・方法」「美容員が教える小顔メイクテクニック」「美容室で聞いた!小顔に見えるヘアスタイル」「小顔になるための秘訣・習慣10」「小顔になりたいひとのやっていること10」などなど。。。これだけで数記事書けますね。 「小顔」というカテゴリをつくれば5記事の束になります。もしかすると記事単品では弱くてもカテゴリが検索でヒットするかもしれま
0
カバー画像

【SEO対策③】あなたが本当に狙うキーワードはそれではない!

御社が狙うべきキーワードは「AI導入」ではない可能性があります。 「AI導入」というのは答えである可能性が高いです。 この記事は「SEO対策①」からの文脈の流れの続きです。SEO対策①からお読みいただけると幸いです。「SEO対策①」:https://coconala.com/blogs/1117039/34810 その答えにたどり着けていない人が困っていたり、悩んでいたりします。  その人が検索窓に打ち込む内容は・・・ 「工場の効率アップ」「工場 省力化したい」「工場 自動化推進策」「工場 自動化推進方法」「工場 人員不足解決したい」などかもしれません。 それに対して記事を書きます。 タイトル:「工場の効率アップ化を進める方法3つのこと」 などというお題で、その内容を書いていきます。そして、ひとつの方法として、「AI導入」を使うことで飛躍的に効率がアップできますよ! という答えに導いてあげます。  最後に「もっと詳しくはコチラ」という感じでホームぺージの詳細ページへのリンクを貼ってあげます。 ホームページの詳細ページからは、「無料相談」または「無料診断実施中」というのを用意していれば、そこに相談してくる人が増えます。 ポイント 読んだ人が記事の内容に共感・同感をもって答えに納得した場合は、高確率でその記事(書いた人)がすすめる物やサービスを買います。このとき値段は関係ありません。その人がすすめる商品やサービスを買おうとします。まとめ検索者の悩みや意図を考えて、それに対して役立つ記事を立ち上げることで、御社の売りたいものに検索者を引き込める可能性が出てきます。キーワー
0
カバー画像

【SEO対策④】狙うべきキーワードはコレ!

ビッグキーワードを狙うのではなく、検索者の立場に立ってキーワードを考えるというのは、「【SEO対策③】あなたが本当に狙うキーワードはそれではない!」の記事でも紹介しました。では実際に、狙うべきキーワードは何でしょうか?【SEO対策③】:https://coconala.com/blogs/1117039/34821この記事はSEOについて書いてありますが、絶対的な正解ではありません。 これからのサイト運営のヒントにしていただくための読み物です。 ご理解の上、参考にしていただけたら幸いです。例を挙げて「売り上げを上げるキーワード」を解説していきます!ここからは「奈良県にある金魚店のサイト」という設定で解説していきます!このサイトが狙うキーワードは「金魚」ではありません。 そんなビッグキーワードを狙っても売り上げは上がりません。※ここは後述します。 「金魚を売りたい」のであれば、「金魚」の「購買動機」に関するキーワードをすべて出して、それをすべて高品質のコンテンツにして投稿記事(ブログ)や固定記事で発信すれば高い確率で売り上げが伸びていくようになります。(ただし、Googleに認めてもらうには時間がかかります)  高品質のコンテンツとは、金魚についてのことをプロが書いている2千文字以上の的を得たページのことです。狙うべきキーワード例 「金魚 販売 奈良県(地域名)」「金魚店 奈良県」「金魚 夏休み 研究」「金魚 販売 安い」「病気に強い キンギョ」「金魚 飼い方 初心者」「出目金 買いたい」「金魚 通販」「飼いやすい金魚」「金魚初心者セット」。。。挙げればきりがないですが、このよう
0
カバー画像

【SEO対策⑤】アメブロからワードプレスに!今までのアメブロはどうしたらいい?無料ブログを有効に使う

無料ブログをワードプレスに引越し!無料ブログはいつ廃止になるかわからないという不安があるし。自分が一生懸命書いた記事に勝手に広告が出て、運営側に広告収入を取られていくのが我慢できない!そんな想いがある方も多いはず!将来的なリスクや利益を考えると、本格的なブログ運営は独自ドメインのワードプレスでの運営がおすすめです。ブログを始めるには無料ブログはお勧めですが、要領をつかんだらワードプレスでブログ運営するのが良いです。<アメブロを例にとって解説> アメブロからワードプレスへの引っ越し方法はいろんな方法があります。それらはSEOとは関係ない作業なので、ここでは解説しません。丸々引っ越ししたい場合は、その方法はググってください。アメブロからWordPressへ301リダイレクトはできません。301リダイレクトとは、設定することで、SEOパワーを引き継ぎながら、自動的にページを遷移させることが出来る仕組みのことです。したがって、アメブロのSEOパワーをワードプレスに引き継ぐことはできません。ここでは、アメブロはそのままで、新しい記事をワードプレスに引き継いでいく方法を解説します。①アメブロのトップページ「掲示板など」から新しい「ブログ一覧へ」リンクさせる ②最終記事を書いて新しいブログへ引っ越し(移転)しました!のお知らせ記事を書いてワードプレスへリンクさせる。 ③リンクテキストには必ず「そのブログが強かったキーワード」または「ワードプレスで活かしたいキーワード」を入れる。 ④アメブロは更新しないようにする。削除をしてはダメ。そのまま放置する。 コメントが着たら新しいブログを見てね
0
カバー画像

【SEO対策⑨】豆知識:あなたが見ている検索結果と他の人の検索結果は違う

みなさんは、自分のサイトを検索して何位に表示されているか調べると思いますが、その結果が良ければ自分で満足していませんか?それは大きな間違いです。Googleは何度も同じサイトにアクセスしている場合、自然とそのサイトを上位に表示させます。これはその人のためを思って行っていることです。つまり、あなた以外の人が見た検索結果は、違う検索結果が表示されている可能性があります。他の方から見ると、あなたのサイトの順位はもっと下かもしれません。「熱帯魚」というキーワードあと、検索結果は時期や見る人、地域によって異なります。全国万人に同じ表示がされているわけではありません。例えば「熱帯魚」というキーワードで検索する人すべてが、熱帯魚を飼いたい、熱帯魚を買いたい、と思っているわけではありません。 小学生から大学生の場合は、宿題や課題で生態や各部位のことを調べている可能性もあります。 病気や大きさ、釣り方?、博覧会、品評会、について知りたいと思っている人もいます。また、イラストを描きたいので静止画を探している、動画を探している人が「熱帯魚」と検索する場合もあります。 ※現在、あなたがみている検索結果は、本人の年齢や検索履歴、思考を加味した結果になっています。その証拠にネットで出てくる広告の多くは自分の年代に関係していること、その年代の多くの人が悩んでいること、趣味嗜好に合わせた広告が出てきます。独身男性が見ている場合、間違っても女性用の化粧品の広告や子供用のおむつの広告は出てこないと思います。 検索結果は、女性が見た場合、学生が見た場合、沖縄の人が見た場合、熱帯魚とあまり縁のない県の方が見た場合、
0
カバー画像

【SEO対策⑬】デザインはSEOに関係ない!

ブログの制作を請け負う時によく言われることがあります。検索上位に表示させたいから・・・あのサイトのようなデザインにしてほしい!このサイトのようなデザインにしてほしい。。。と。勘違いされているようなのですが、デザインがいいからみんなに見られているわけではありません。デザインがいいから、検索上位に来ているわけではありません。そこを勘違いされて、デザインにばかり凝る方がいます。結果、検索結果には表示されません。検索結果に表示されるためにSEOで大事なのはコンテンツです。デザインで満足して記事を書かない、または疎(おろそ)かにするとそのブログは誰に見られることなく埋もれていきます。SEOを考えるとき、デザインは二の次です。読みやすさがあればそれでいいんです。デザインが悪くても自分の検索結果に納得できる内容のページが表示されていれば、訪問者は、デザインに関係なく文章を読み進めます。 逆にデザインが一流(デザインは個人により感じ方は違う)であっても、自分の検索した結果に寄り添っていないページの場合は、1秒で離脱します。 このことはご自分でもお分かりだと思います。実際に何か調べ物をしようとしたときに、スマホで検索して、自分の「問」に対しての「答」ページを探します。同意できる内容であれば、読み進めていて、デザインは全く気にならないと思います。その証拠に、文章は思い出せても、デザインはなかなか思い出すことができません。(つまりデザインはどうでもいい可能性があります。) まとめデザインが良いサイトではなく読みやすいサイトを目指す!次の記事や関連記事が探しやすいサイトはとても便利です。デザインに凝る
0
カバー画像

今のブログは王道SEOだけじゃ成功率が低すぎる

5年以上前からある王道SEOでブログを作ること。これが間違いだとは言わないし、ある程度はやるべきだけどたとえば、競合の少ないキーワードをツールで調べて一応、ライバルチエックしてただし、既にアフリエイト案件で稼げるキーワード物は、大手ドメインで占められているので、それらを避けてやらないと時間の無駄。見つけたキーワードを検索して、競合を一応調べるのもいいけどたぶん、そこで大手のサイトばかり、ECサイトや公式ばかりでるようなそんなキーワードを最初から選んでいるなら、すでにそこから違うので、競合調べなくても良いキーワードにすべき。といっても、今は大手のサイトや公式も、ブログをつくって、商品に関係ナいキーワードでアクセスをあつめているから難しいのだけれど。王道のタイトル左ずめで、複合キーワード+記事の内容をいれたタイトルを作。たたしキーワードは3つぐらいで押さえて、入れ込みすぎないようにする。あとは、H2からH3タグにキーワードを入れる。共起語を調べてわざわざ入れるという方法もあるけれどそのキーワードにたいするコンテンツを漏れなく書こうと思えば当然その共起語はかくので、わざわざライバル調べてやるまでもない。むしろ、視点を変えたコンテンツにして、内容自体をライバルのすくないところにで書く方が良い。だいたいそれらのことに時間を使っていたら、とても時間がたりない。まあ、外注という手もあるが、まず自分で記事が書けるようにならないと、外注だって上手くはいかない。そして関連する記事をなるべく沢山つくる。そのほうが、そのコンテンツキーワードにたいして、詳しいブログということになりえるからだから、ブログ
0
12 件中 1 - 12
有料ブログの投稿方法はこちら