絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

11 件中 1 - 11 件表示
カバー画像

今日は通院の日♫

今日は朝から病院に行ってきました(*´ω`*)検査結果も問題なしで一安心です♬そしてね、今日は【親切】に朝から出会いました♬そのお話は一番最後に♡今日はね、苦手な眼底検査を頑張りました!!!あれは本当に気持ち悪くて苦手。笑視界がぼやけてピント合わへんし外は眩しくて目開けられへんし・・・それが5~6時間続くし・・・本当に苦手!笑次は眼科は3ヶ月後♫そして膠原病内科では、いつも通り採血と診察!診察の時に「ムーンフェイスになってきました」ってニコニコしながら言うたら「ムーンフェイスは女性には辛いですよね・・・」って先生が言うてくれはったけど、「2歳の娘も顔パツパツやからお揃いで気に入ってます。顔が大きくなって、化粧品の減りが早そうなこととマスクが小さくなって耳が痛いことが最近の悩みです。」って言うたら「いつも○○さんはポジティブですね」って先生とクラークの方に笑われた。笑実はね。私の「アイコン」ムーンフェイスが普通に目立ってきてるタイミングで撮りました(笑)普段の私はもうちょい小顔!笑ステロイドを大量摂取してるからムーンフェイスになるのは仕方ないし、薬が減るまでムーンフェイスは治らんやろうけど、どこまで顔がでかくなるか楽しみにしている自分がいます。笑よく、家族にも病気になってから直接会った友人にも、ココナラで出会った方々にも「話すと病気に見えないね」「なんでそんなに明るいの?」「辛くないの?」と聞かれますが、全く辛くないんですよね。笑病気とわかったときから今までで、落ち込んだことはゼロです。もちろん身体は辛いですよ?身体はしんどいけど、心はめちゃくちゃ元気です♫心は絶好調♡ポジティブ
0
カバー画像

第一回、コロナワクチン行ってきました( ・`ω・´)キリッw

本日、コロナワクチンを打ってきました。なんか怠いですがブログを楽しみにしてくれている人にはそんなこと関係ないですよね?なので、いつも通り行きましょうwワクチンを打つ前に、ナースさんからチェック?がありました。ナ 何か御病気は患っていますか?俺 厨二病です。ナ 他には?(苦笑い俺 恋の病になりました。ナ 定期的に飲んでるお薬とかありますか?(怒俺 バイア・・・ナ 問診票を持ってる先に進んでください。女医 注射は苦手ですか?俺 いやー、注射するのはいいんですけど(意味深)されるのは苦手ですねー女医 終わったんで控え室でお待ちください。ナースが好きなのになぜナースは俺に冷たく仲良くなれないんでしょうか・・・蓮です(;ω;)wさて、今日はワクチンについて、話そうか(´・ω・`)w画面の前のあなたはもう打ちましたか?別に俺は、打つことを強制する気はないですw打ちたくなきゃうたなくたっていいじゃない(*´ω`*)筋肉注射って聞いてたし「めっちゃ痛い」と思ってたけどそうでもなかったw「筋肉注射」とか「ステロイド」って言葉に敏感なんですよwわかる人ならわかるだろ?w今のところ怠さ(いつもの)以外は異常はありませんwコロナって、だんだん落ち着いてきて今は下火だけどオムロン株だかが出てんだろ?それがどうなるかだよね(´・ω・`)w落ち着いてくんないとさ遠出もできんし苦痛だわ。誰かコロナを「魔封波」してくれよ(´・ω・`)俺は年末にもう一発、打ってきます( ・`ω・´)キリッwじゃ、またな!
0
カバー画像

何のワクチンかなぁ⁉️ドキドキのお買物時代は加速中🤣

ご親切に、知らせてくれるだけでも良心的ですょネッ😇🤙問い合わせてみたところ動物の伝染病予防の為に 投与を義務付けられているもの との回答でしたどの様なワクチンかについては農林水産省の、動物用ワクチンの基礎知識で閲覧出来るとの事です早速見てみたょ😁🎶おゃおゃ😳恐ろしぃ遺伝子組み換えって書いてある〜🤣※遺伝子組み換え爆チンが、純輝鶏に投与されているか迄は不明です   興味がある方は、農林水産省へお電話してみて下さぃ知人が昔、シックハウス症候群を目の当たりにした事から病気の原因を探るべく、食に関する調査を初めた時のお話🤫日本全国の乳牛舎を回り🐄水質検査を行なった際目にしたモノそれは…乳牛への ステロイド投与 乳牛界の常識⁉️それ以来その知人は、牛乳を飲んでいないと言っていました今日は素敵な事象をshearさせて下さぃ🤗💖張り詰めた空気を身にまとぃ、cameraを前に投げ掛ける彼女凛とした美しさを感じました😌💖彼女がこの雇用主の元を去る事になったのは必然 であり 自然 な流れだなぁ〜と思いましたやはり、これだけ周波数が違えばこれからもご一緒に、なんていきませんょネッ❓この先きっと、この素敵な彼女を相応しい環境 が待っているんだろぅナッ🥰以前、この動画の翻訳者であるLihsiaさんにお目にかかった際シェディングについて尋ねると💉波動の話をしてくれました心配ゃ恐怖するでは無く自分自身がhappyでいる事がとても大切💘といった内容だったかとやはり自分の周波数に合った事象を引き寄せるんですょネッ酸化グラフェンが磁石を引き寄せる様に😝私は、起こる出来事は 最善 だと心得ていてそれに対し、あらゆる
0
カバー画像

ステロイドの工夫された使い方

飲み薬では全身にいろいろと副作用がでてきます。なので、ステロイドを必要な場所だけ効かせればいいじゃんってことで、いろいろな薬がでています。・塗り薬俗にいうステロイドの軟膏とかですね、みなさんお世話になっている方多いとおもいます。たくさん種類があって、パッと見ただけだとなにがなんだかってレベルで多いです。・吸入薬これは喘息やCOPDという病気で、よく使われます。最近この病気ではこれをつかって症状を抑えたり、予防することがトレンドですね。・点鼻薬花粉症、アレルギー性鼻炎でよく使われますね。最近は1日1回タイプなんかでてきて、とっても便利ですね。・目薬結膜炎や白内障手術後の炎症を抑える目的で使用されます。とこのように結構種類があります。ここら辺は前回触れた副作用は基本ありません。あとステロイドの工夫された使い方として短期決戦的に使うってことがあります。簡単にいうと5~7日目くらいまでならそのまま終わらせても大丈夫ということです。ステロイドやめる場合徐々に量を減らしていくのが欠点といいましたが、この短期間であればそれをしなくてOKということです。注意するのは胃がもたれるってリスクがちょっとあるからくらいです。むかし円形脱毛症でステロイドをかなりの高容量点滴で5日つかってはい終了!!っていうのは病院で見たことがあります。うまく使うと頼れるステロイド、欠点を出さないようにいろいろ工夫されているわけですね。
0
カバー画像

ステロイドの効果についてざっくり解説

皮膚科ではおなじみのステロイド、その他いろいろな病気の治療薬としてステロイドは活躍します。ではステロイドってそもそもどんな薬っていうことなのですがこれは本来体内の副腎という臓器で生成されるホルモンの一種です。これを医薬品として応用して使っているわけです。主な効果として・炎症を抑える効果・アレルギーを抑える効果この二つがメインです(本当はほかにももうちょっとあります)これが非常に効果がよく、いろいろな病気に使えます。よく使われるところで言うと、アレルギー症状の代表格 蕁麻疹やぜんそくリウマチや膠原病に使用したり、過敏性腸症候群に使用したりできます。本当にいろいろなところで使われるんですよ。じゃあなんでバンバン使っていかないのかっていうことなんですけれどもそれはステロイドの長期使用による副作用が問題となってくるからです。今回はここら辺でまたの機会に副作用についてお話ししたいと思います。
0
カバー画像

ステロイドの副作用で食欲増進とムーンフェイス

どうも、はげにゃんです。入院中の食事の影響により、自然な流れで魚と野菜中心の食生活になったのは良かったのですが、退院した当時それとは別の問題がありました。副作用からの食欲増進です。とにかくお腹が空いて空いて…まだまだステロイドの量が多かったので、それに比例して食欲が旺盛だったのです。朝起きると「あ~お腹が空いた!」という感じでした。起き抜けだというのに美味しく食べられるんですね。また、通常の食事以外に夕飯のあと甘いものを食べたり。ちょこちょこと間食をしていました。食べずにはいられない、という感じでしたね(^_^;)当然ですが、体重が増加気味になってしまいました。そしてムーンフェイス。顔がまん丸になって頬が赤く、常に腫れぼったい感じでした。その後、ステロイドの量が減るに従って食欲は落ち着いてきましたし、顔のむくみもずいぶんとマシになりましたが…食欲のコントロールがいかに難しいかを実感した出来事でした。ちなみに一年経過した今では、体重は一番あった時からマイナス10kg、服のサイズが1サイズダウン↓。ややぽっちゃり⇒標準体型・体重になりました。この一年、病気克服のため健康のために色々と試してきたのですが…結果的にダイエットにもなり、完全に治ったわけではないもののコロナ後遺症の改善にも繋がりました。もちろん時間という大きな力も働いたのでしょうが、この事は本当に嬉しかったです(^^)
0
カバー画像

高齢者の皮膚のかゆみについて

冬になると特に増えてくるお悩みの一つに、「かゆい」というのがあります。高齢者さんは、とにかく乾燥肌。なので、服を脱ぐと雪のように白い粉がふぁ~っと舞ったりします。皮膚が乾燥して、皮がめくれてはらはらと雪のように舞うんです。カサカサに乾燥すると皮膚ってかゆいんです。なので、ポリポリと手の届く範囲は掻いてしまい、気が付くと血が出てる・・・なんてことが往々にしてあります。お風呂の介助をしていると、背中やわき腹に、赤いシュプールを作っている高齢者に度々出会います。搔きまくって線状に内出血しているんです。やりすぎです~~また若い時のように毎日お風呂に入らないということも、痒みの原因になっていたりします。冬でも、汗をかいていなさそうに見えても体温調整のために人は汗をかきます。でも、夏でもない限りはすぐ蒸発したり、衣類が吸い取れるくらいの量なので、一件汗をかいていないように見えるのです。だから、「今日は汗をかいてないので風呂はやめとこ」とか、「寒いし、面倒だし。」なんてお風呂は冬は特に敬遠されがち。身体機能上の理由で、お風呂が週1回や、入れずに清拭のみ(体をふくこと)になっている場合もあります。そうすると汗が汚れとなって垢となり、たまっていきます。それが皮膚を刺激してかゆみを引き起こします。ずっとおむつをしている方だと、尿や便の刺激でかゆみが起こっていることもあります。皮膚はアルカリ性ですが、尿や便は酸性で、それが皮膚を刺激してしまうんです。もちろん、全身性疾患で、皮膚にも症状が出てくる場合があり、痒みを引き起こすことがあります。肝臓疾患で、黄疸(皮膚が黄色く変色すること)が出ると、皮膚の痒
0
カバー画像

ダニについて調べてわかった②食われたら

悲惨よね!待つ子ママよ^^引き続き、書いていくわね!・とにかくめっちゃかゆい&何日もかゆい! しかもなんか、固いし跡がずっと残る!TnT→アレルギー反応と言われているわ! ダニの毒かなにかと思っていたけど・・・。 蚊とは段違いの反応よ!・対策は→まずは腫れを抑える、ステロイドがいいと 言われているわ!体内のアレルギー反応を抑えるためね。 腫れるほど長引くし、跡が残るのよ。 ただし、ダラダラ塗らない事! 腫れやしこりは、白血球の屍・・・みたいに 待つ子ママは想像しているわ。 でも、本当に、その体内からの抵抗を、抑えてしまって いいのかしら?と疑問にも思うのよね・・・。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー腫れが引けば、かゆみも収まって、あとは長々と残る跡との闘いね・・・悲しいわ~ちなみに待つ子ママは、非ステロイドで、無駄にビタミンBやCを摂取しているわ・・・^^;余裕で掻き壊しているし、もう、子どもね!続くわよ!
0
カバー画像

【赤ら顔・敏感肌】化粧水は絶対ダメ。な理由。

エステティシャンを経て、自ら敏感肌・脂漏性皮膚炎・ステロイドによる酒さを経験してきたyuuと申します!肌荒れ歴はなんと小学校6年生から32歳までの20年!(汗)そんな敏感すぎるお肌の持ち主の経験してきた20年間の経験を、一人でも赤ら顔・敏感肌の人の助けになればとこのブログを書いています。私が行き着いた結論は、【赤ら顔・敏感肌】化粧水は絶対ダメ。そもそも化粧水を保湿として使っているのは日本くらいだったんですよね。世界基準ではクリームや油を保湿剤として使っていたんです。まあ簡単に言ってしまえば企業の金儲けな訳で。でもそれはいいんです。化粧水のようなサラッと保湿して直ってしまう方も現実的にいますから。ニキビ肌は直っちゃう場合もあるよね。保湿は大切だから。でも、問題は敏感肌・赤ら顔の方です。洗顔した後に、化粧水塗ると赤くなったりしません?最初は良かったけど1週間くらい経つとなんか肌がごわついたり、悪化しているように思ったり。もし、赤くなるならその化粧水やめてください!そもそも化粧水って【水】からできていて【水】は腐りやすいんです。何週間も何ヶ月も常温で腐らないようにするためにはある程度、防腐剤やらを添加しないといけないので、肌が弱っている時は超危険。合う化粧水を探すまでにめちゃくちゃ荒れます。またまたそもそも、肌荒れしているなら水つけちゃダメです。お肌ってどんな役割をしているの?ってところ考えてみましょう。この辺もまたお話しします。では次回!
0
カバー画像

VT CICA DAIRY SOOTHING MASK買いました

アトピー肌の私は花粉症で絶賛肌荒れ中です。今は顔にステロイドを塗っておりますが、顔にステロイドを長期間塗るのはよくないので早く治したいのです。ちょっとよくなってステロイドを止めるとすぐにぶり返しての繰り返し。ステロイド以外の方法で何かないかと探していたところ、肌の鎮静効果のある商品を発見。最近流行っている韓国のコスメで、試供品などがないので思い切って現品を購入してしまいました(肌に合わなかったらどうしよう)。昨日パックしてみたところピリピリすることはなかったですし、翌朝まで肌がしっとりしました。これをしばらく続けてみようと思います。
0
カバー画像

ステロイドの副作用、注意について

ステロイドの副作用と最初に言いましたが、今回は基本飲み薬での場合ですね正直な話をすると結構いっぱいあります。ざっとこれだけあります。すべての人がこれ全部起きるわけではないのですが、よく顔が膨らむのと太るのはよくあります。あとは免疫力が落ちるので風邪をひきやすくなるということがあります。特にこの時期は注意をしたいところです。ステロイドは治療上どうしても必要な場合があります。薬の効果はいいのですが、やっぱりここら辺がネックですよね。ステロイドってここが難しいところです。次回はステロイドの工夫された使い方についてお話ししたいと思います
0
11 件中 1 - 11
有料ブログの投稿方法はこちら