絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

16テストとは? 8

'大阪府民(?)'の気質特性とメンヘラ(精神系の問題) 限定するのは失礼に当たりそうですが、あくまで「傾向」としてお付き合いください。m(_ _)m 大阪府民に多いであろう気質特性は「ESFJ(ウマ型)」、「ESTP(シマウマ型)」、「ISTP(ネコ型)」、「ISTJ(カバ型)」、「ESFP(ウシ型)」、時たま「ESTJ(クマ型)」だと思います。 基本的には「E型」、「E(Extrovert)→外向き志向(パリピ派)」の人が多い傾向だと思います。また、「E型」、「I型」問わず「S(Sensor)→(外からの刺激に対して)客観視」の人が多い傾向です。 これは大阪が「日本の経済都市」というのみならず、古から「商売の街」という独自の発展をしたからなのかもしれません。 「S(Sensor)→(外からの刺激に対して)客観視」は「よそはよそ、うちはうち」と無意識に'課題の分離'が可能な気質特性は商売(ビジネス)を進める上で欠かせない要素です。逆に、「N(iNtuitive)→(外からの刺激に対して)主観視」は「共感」が優れている一方で、「全て自分のせい」と'懲罰的自己責任'に陥りやすいです。 さらに、大阪府民は「ノリが軽く、必ず会話内で'オチ'を入れないといけない」という特徴はアルファベットの前半2文字が「ES型」の気質特性が多く、「にぎやかだけど、会話の成立のために'課題の分離'を無意識に行っている」という感じです。  一方の東大阪地域や堺市は、いわゆる「町工場」が数多く存在し、そこで働く職人さんが数多くいたことから「ISTP(ネコ型)」や「ISTJ(カバ型)」の気質特性が根付いたのでは
0
カバー画像

16テストとは? 5

 今回は、「16テスト」と'メンヘラ(精神系の問題)'を取り上げます。 人は誰しも「ストレス」を感じるものです。 16の気質特性ごとに何がストレスなのか、ストレスがもたらす問題は何かは違います。 すでに、Youtubeなどの映像では何度か紹介されているようですが、こうして「問題点」を改めて洗い出してみましょう。 改めてですが、こうした'メンヘラ(精神系の問題)'の多くは「治す」のではなく「上手く付き合う」ものです。 ただし、私個人の意見として「脳みそ研究、心理研究を'国家戦略'として加速して、'メンヘラ(精神系の問題)'の'全容解明'」と「'メンヘラ(精神系の問題)'や脳みそ関係の特効薬」を願って止みません。【ESTJ(クマ型)】 人間社会(ホモサピエンス)の中で「最も生きやすい」気質特性です。 韓国人に多い傾向ですが、その多くがX世代以上の大人世代に多いそうです。 その一方で、「自己愛性人格障がい」、「強迫性人格障がい」、「加害(加虐)性人格障がい」を抱えやすいです。 また繰り返しですが、この気質特性は「ルール(規則、法律)」や「競争」にこだわる傾向が半端なく高く、その代償としてこうした人格障がいに陥りやすいのかもしれません。 おすすめの対症療法(その日その場しのぎ)は「芸術鑑賞」。特に、「生の舞台(オペラ、オペレッタ、現代ミュージカル)」の鑑賞はこの気質特性に不足した「多様性」を見つめるよい機会かと思います。【INFP(ウサギ型)】 人間社会(ホモサピエンス)の中で「最も生きづらい」気質特性です。 その証拠に、「世界中のわずか4%」と'マイナー(少数派)な人種'です。 「依
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら