絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

1 件中 1 - 1 件表示
カバー画像

挨拶の意味?! ボス猿登場の条件!

「きちんと挨拶しましょう」---昔も今も、子どもたちはこう教わる。 「私はきちんとした人です。敵ではありません」というシグナルを相手に示す。ただ、挨拶はそういう意味だけではないことを京都大学が拓いた、いわゆるサル学が教えてくれた。どちらが上位でどちらが下位かを、いちいち喧嘩せずに確認する手段でもあるのだと。確かに、出会うたびに血みどろになっていてはかなわない。合理的な方法だ。特に競争が激しいチンパンジーの世界では、いろんな挨拶があるらしい(姿勢を低くして手の甲にキスする仕草さえあるらしい)。頭を下げない挨拶そこで気付く。あぁ、人間の挨拶にもそれがある!子どもたちが教わる挨拶はおおむね頭を下げる。ところが頭を引き上げる仕草で挨拶する人間がいるじゃないか。たとえば”社長”である。たとえば往年の映画「社長シリーズ」では、なにかとゴマをする役の、三木のり平がぺこぺこすると、社長である森繁久彌は「おぅ」という感じで顎を引くような挨拶を返す。どちらが偉いかということを確認する儀式が挨拶だったのだ。面白くなる。会社員時代を思い出す。若い頃はどちらの案が合理的かを喧々諤々議論し、でも頭は低く”いい奴”だったのに、50歳前後あたりだろうか、離れたセクションでけっこう肩書が付くころから、「どうしてあいつはあんなになっちゃったんだ??」と思う輩が出てくる。人と目を合わせようとしない。なんだか偉そうに挨拶する。仕事の話をしに行っても「それいいね、やろう!」というテンポにならず、ややこしい話になる。場合によっては、嘘をつくようになる。・・・どうやら、自分のボスの意に沿わないことは一切しない人物になってい
0
1 件中 1 - 1
有料ブログの投稿方法はこちら