仕事着

記事
コラム
最近の仕事着は、
「私の時代」の中学生のようなものを着ている。

どちらも、
通販の福袋で入手したもの。

白いTシャツに、
コーデュロイのパンツ。

え、4月なのに、まだコーデュロイ?。
ポケットが大きくて深いので、
コンビニに行くときの、
nanacoやらスマホが入れやすいのでね。
しゃねっぷりして穿いてるちゃ。

母からは、
かなり不評のこのファッション。

自分でもNGだなと思っている。

もう、中学生ではないし、
昭和でもないのだ。

しかし、
私が木綿のTシャツを着るのは、
本当に何十年ぶりかのことで、
その素材感はばっちりなのだ。
本当に白でなかったら、
さぞかしよかったのだけれど。

だぼだぼのパンツも、
テーブルに正座で、
パソコン打つ体制にはやさしい。

前髪さえあげてなければ、
白髪も見えないので、
セールスの人には、
「おかあさん、今、いません」と、

おまえいくつだ!という対応がとれるんですね。

結局、私と言う人間は、
裸でなければ、
着やすければなんでもいいやって人です。

高校を卒業したくなたっかたのも、
明日から、
制服でなくてなに着るべえ、と思ったからです。

服は難しい。
特に片胸なくなってからは。

楽なのが一番でがす。

そして、
たまにの喪服で、
ばおんばおんになってる体型を思い知るのです。
私なんて消えてなくなれと思うのです。

ほんと、ファッション上手さん、
お疲れ様です。

もう1枚厚地のTシャツ欲しいなあ~。
黒か紺がいいなあ~。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す