マンションなどの立体駐車場で車落下事故が多いことを受け、消費者安全調査委員会が国土交通省に再発防止策提言

コンテンツ
写真・動画
これは、マンション管理業会でも結構重要な話ですね。
管理会社、管理組合は意外と、立体駐車場のメンテナンスや修繕計画を軽視しているところがあり、必要な部品交換をなどを結構後回しにしている事例が多いです。
その理由としては、工事の金額がかなり高額であるということもありますし、メンテナンスしているメーカーからしか見積もりが取得できないため、相見積もりなど金額の妥当性がはかりにくいのも問題の一つです。エレベーターなども同じことがいえると思います。
また、駐車場においては、稼働率が低いなどの問題もあるため、設備投資に消極的になりがちということもあります。
しかしながら、一度事故がおきてしまうと、重大な事態になってしまう立体駐車場。
管理者側としては、難しい課題ではありますが、今後、修繕計画などのガイドライン化などが進むことを期待しています。