今度の調整も軽微なのか!? 本格的な調整の始まりなのか!? 日々是相場-夕刊-

記事
マネー・副業
日々是相場 -夕刊-   2021年1月18日(月)
日経平均   28,242.21 円 ▼ 276.97 円
≪東証一部≫
売買高    9億0,854万株
売買代金  1兆9320億8500万円
値上り銘柄数 905 銘柄
値下り銘柄数 1,196 銘柄
騰落レシオ(25日) 99.53 %
為替 1ドル=103.75 円
☆ 市況概況 ☆
新型コロナウイルスの感染拡大を嫌気して大幅下落
 週末の米国株が軟調となったことや新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないことなどが嫌気されて売り先行となった。寄り付きの売りが一巡となった後はいったん戻りを試す動きも見られたが、戻りきらないとみると手仕舞い売りも嵩んで冴えない展開が続いた。売り急ぐよな動きもなかったのだが、買い気に乏しく冴えない展開が続いた。
 昼の時間帯も特に動きは見られず、いったん戻しかける場面もあったが、期待された日銀のETF(上場投資信託)買いも見られなかったようで再度下値を試す動きとなった。買戻し一巡となった銘柄などから売られる。買われすぎ銘柄から売られるという状況でじりじりと値を崩すものも見られた。結局は寄り付きの水準での引けとなった。
 小型銘柄は幕間つなぎ的に買われるものも見られまちまちだった。東証マザーズ指数は大幅高、日経ジャスダック平均は小幅高、二部株指数は軟調だった。先物はまとまった売り買いも少なく、指数を大きく動かすような場面もほとんど見られなかった。目先的な持高調整の売り買いが中心となっていたようだ。
 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないことなども嫌気されたようだ。東京五輪の中止なども取りざたされてきており、また、中国での感染拡大なども懸念されており、決算発表を前に手仕舞い売りが嵩んでくると思う。買われすぎ銘柄も多いことから日経平均などは下値を試す動きとなるのだろう。
☆ テクニカル分析 ☆
日経平均
いったん天井となった形だ。25日移動平均線や基準線のサポートを確認する動きになるのだろう。
☆ あれやこれやと一言 ☆
上げ一服からの調整となり始めた感じだ。相変わらず買い材料も特にないなかで買われている銘柄もあるが、さすがに買われ過ぎ感が強まっており、少なくとも日柄の調整は見られそうだ。日柄調整となるか、値幅調整となるかということなのだろう。
新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないといろいろな懸念が噴出しそうだ。まずは2021年3月期、今期決算の下振れ懸念、そして来期回復が鈍くなるのではないかとの懸念、さらに東京五輪の中止懸念などが取り沙汰されては売られるということもあるだろう。
最後の望みとなっていた中国でも新型コロナウイルスの感染拡大がみられるということもここまで相場をけん引したハイテク銘柄などへの懸念となりそうだ。さらに中国で新型コロナウイルスの感染拡大がみられるようであれば手仕舞い売りを急ぐ動きになるのだろう。
米国での決算動向なども気になるのだろうし、新大統領の就任式をきっかけにこれまで買われていたものが売られるということも想定しておいた方がいいのではないかと思う。上値の重さが気になり始めているよな感じでもあり、注意しておくに越したことはないと思う。
今日の相場と明日の相場見通し