サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
この出品者は最終ログインから時間が経っています。

脳をアップデートするマインドフルネス教えます

元極道のマインドフルネス 理論編 60日間プログラム

販売実績:0 残り:5枠(お願い中:0人)
  1. お届け日数 2日(予定)

サービス内容

巷で話題になっているマインドフルネス。

グーグルでは社員教育にマインドフルネストレーニングの瞑想を取り入れ、ハーバードやスタンフォードといったビジネススクールの名門校でも、マインドフルネスの概念と実践についての講義が用意されています。

「今この瞬間に完全な注意を向けた状態」であるマインドフルネスをつくる方法は、ビジネスの結果を出していくために、必須のスキルであると注目されているのです。


【セッションのポイント】

point1 マインドフルネスは、疲弊からすぐに立ち直って冷静な判断をする力、自己認識力、どんな状況でもポジティブでいる力など、混沌とした現代でビジネスの結果を出していく力を養う。マインドフルネストレーニングとして行われる瞑想は、そうした力に対応する脳の部位を発達させることが、研究と調査によって裏付けられている。

point2 マインドフルネストレーニングとは、「注意(力)」を高めて、マインドフルな状態をつくり出すプロセスである。少しずつでも毎日実践し続けることでマインドフルネスは磨かれる。


【脳を進化させる手段としてのマインドフルネストレーニング】

危機的な状況や感情的な場面で、脳の自動反応に流されず、本来の力を発揮できるようになるには、どうすればよいか。大きな効果をもたらすのが、マインドフルネストレーニングなのです。マインドフルネストレーニング、とくに瞑想は、物事に関する理性的な判断をつかさどる大脳新皮質の働きを開発できるということが、学術的研究により近年明らかになっています。


こんな方々にオススメです。

●自分の仕事に新しい意味や充足感を見つけた
●自分のやっていることが、ずっとうまくできるようになった
●自分のために質の高い時間を持つ重要性に気づき出勤日数を減らした結果、昇進した
●相手の話を聴くのがずっとうまくなって、すぐにカッとしなくなった
●あらゆる状況を前よりもうまく理解できるようになった
●顧客の信用がずっと高まった
●心の平穏と幸せがずっと深まった
●結婚生活の質が上がった
●自分の深い悲しみをポジティブな形で処理できた
●前より優しくて理解のある目を通して自分と世界を眺めることができる  などなど

すべて読む

購入にあたってのお願い

このプログラムは、具体的な成果に焦点を当てています。

「自分をマネジメントできなければ、他者をマネジメントすることはできない」

とドラッカーが言ったように、昨今の複雑な環境において、セルフマネジメントは不可欠なものです。

しかし、「日常において具体的に何をどうすれば良いのか?」と聞かれても、なかなか明確な方法論がありませんでした。そして、自分自身をマネジメントすることは疎かにされ、自分の「外側」の世界を強引に変えようとすることに注力し、結果として自身も家族も組織も疲弊してしまうということが、今起きている現実だと思います。

こういう緊急な問題を一人でも多くの方に解決策があるということを伝えたいのです。

購入して頂いたら動画コンテンツをお送りします。

動画での対面セッションではないのでご理解頂いたうえで申し込みください。

すべて読む

よくある質問

マインドフルネスは誰でもできるのですか?
はい。誰でも実践することができます。
この動画を見たらマインドフルネスを実践できますか?
いいえ。

この動画はあくまでもマインドフルネスの全体像を理解するためのものです。

実践したい方はマインドフルネス実践編を購入ください。
足が悪いので座禅を組むことができませんが
マインドフルネスを実践できますか?
はい。

普通の家庭で使用している椅子の上でも実践できます。

ご安心ください。
マインドフルネスは本当に脳科学で認められたものですか?
はい。

マインドフルネス脳科学で検索して頂いたら
本当に驚くほど表示されます。

国内の病院でも臨床データなどが発表されています。
マインドフルネスの研究は現在どういう状況なんですか?
例えば,国立情報 学研究所が提供するデータベース CiNii でマイン ドフルネスをキーワードに論文を検索すると, 2001 年から 2005 年の5年間で6件,
2006 年から 2010 年で 55 件,
2011 年から 2013 年の3年間で 108 件となっている(2014 年7月統計).
データ ベースに加えられる情報リソースが年々増加して いることを考慮しても,日本において注目が高 まっていることは確かです。

大きな増加は 2008 年と 2012 年にみられ,2008 年の増加は, 2007 年にマインドフルネスに関連する翻訳が3
冊出版されたこと,2012 年の増加は心理臨床領域 にマインドフルネスを導入したパイオニアとして 知られる Kabat-Zinn(マサチューセッツ大学医学 部名誉教授)が来日し,マインドフルネス瞑想の 実際を紹介したことが影響しています。
マインドフルネスはどのような人にオススメですか?
すべての人類にです。
もっと見る

関連サービス