大人のための夢の叶え方をカウンセリングします

ジャニーズ出身者流の大人のための正しい夢の叶え方教えます!

評価
5.0 (1)
販売実績
1
残り
1枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    ビデオチャット
  2. 初回返答時間
    1時間以内(実績)
    ジャンル
    • 子育て・教育
    • 生活・便利

サービス内容

僕は立教中学校の頃ジャニーズ事務所に入ったのですが、学校の校則で芸能活動が禁止されていました。学校なんか辞めようとしましたが、ジャニーさんの立教中学校は出たほうがいい、それまではレッスンだけをとにかく頑張れ、という言葉で、1年間レッスンだけの日々を過ごしました。当然仲間はドンドン出世していきますが、僕はそれを見てるだけ。悔しかった。自分の環境を恨みました。だからこそ、果てしなく長く感じたその1年間死にものぐるいで訓練に明け暮れました。解禁の日が来たら、全員まとめてぶち抜いてやる!24時間それしか考えてませんでした。実はここに、大人になって一般人になっても強く生きるために役に立つある『重大なポイント』が隠されていたのです!それはカウンセリングでお話するとして、活動解禁になった僕はバックダンサーとして最終的に少年隊の全国ツアーレギュラーメンバー入り(8人の選抜メンバー。のちの忍者)、エキストラから這い上がりTBSドラマ「年頃家族」(主演宇津井健、僕はその次男役)にオーディション合格レギュラー出演、テレビ東京「ヤンヤン歌うスタジオ」番組内ミニドラマ『マッチの青春すくらんぶるPART2』にレギュラー出演(ジュニアでヤンヤンにレギュラー出演したのは僕が最初で最後の異例中の異例)など、トップジュニアの地位を確立、あとはいつ歌手デビューするか、というカウントダウン状態でした。しかし、想像もしない展開で僕の運命は終わります。ジャニーさんと電話で話をしていた時、グループ(忍者のこと)ではなくソロでデビューしたい、と言っただけで、突然ジャニーさんの逆鱗に触れ、その場でクビになってしまいました。この時次のドラマやその他の仕事も既に決まっていて、ドラマについては台本まで出来上がっていたのに、ジャニーさんは全てを力で消し去りました。もう事務所のスタッフもどうすることも出来ず、本当にその瞬間からただの高校生になってしまいました。さて、それでも僕は切り替えて大学を目指し、合格します。でも違和感を感じ、退学してアメリカに留学します。資金の限界で1年間しかいられませんでしたが帰国後改めて大学を受験し、英語の教員免許を取って卒業しました。それから流行りのベンチャー企業に入り本部長まで行きましたが、やはり違和感。その後数回転職しましたが常に違和感。去年50歳になったのを機に好きな生き方を選んだのです

購入にあたってのお願い

当然ですが、これはあなたの人生です。カウンセリングはあなたの人生や未来や幸せを一切確約しません。僕は誰にも教わらず自ら編み出したことをなんとかあなたにも身につけてもらいたい、その一心です。そこから先はあなたの決断が全てです。また、このコースの絶対ルールとして、ここで学んだことをあなたが他の人に伝えるのは禁止です。なぜなら、この学びは私が人生を通して自ら会得したものだからです。あなたが人に教えても必ず失敗します。自分で編み出してないものを人に伝えてもなんの役にも立ちません。むしろ、責任を問われることになりかねません。このルールが守れない人は、受講をお断りします。

有料オプション