市場・業界動向調査実務マニュアルを販売します

リサーチャーの方や調査発注者に知っていただきたい手引資料です

評価
4.7 (19)
販売実績
42
残り
3枠 / お願い中:0
市場・業界動向調査実務マニュアルを販売します リサーチャーの方や調査発注者に知っていただきたい手引資料です イメージ1
市場・業界動向調査実務マニュアルを販売します リサーチャーの方や調査発注者に知っていただきたい手引資料です イメージ1
市場・業界動向調査実務マニュアルを販売します リサーチャーの方や調査発注者に知っていただきたい手引資料です イメージ2
市場・業界動向調査実務マニュアルを販売します リサーチャーの方や調査発注者に知っていただきたい手引資料です イメージ3
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数
    3日(予定) / 1日以内(実績)
    初回返答時間
    2時間以内(実績)
    用途
    • データ分析・解析
    • リサーチ・データ収集
    • データ整理・集計

サービス内容

シンクタンク・調査会社でのリサーチャー指導育成実績に基づきリリースしました。 市場調査や業界調査の進め方、報告書の表現方法、プロとしてクライアントに対して信用を獲得・継続するためのノウハウやポイントを明記した手引き資料です。 企業が新事業や新商品を市場化する場合には事業計画や生産計画、設備投資計画などを立案する為に根拠となるデーター、情報を必要とします。 その為に専門の調査会社に委託して「市場調査」を行ないます。 ただ、現在一般的に「市場調査」と言われるものは「ユーザー調査」を指しています。 ユーザーのニーズをいくら収集したところで、それらから事業の成功要因を得る事はできません。ましてネットリサーチに至っては基本的に匿名性が高く、ひずみが生じる事で調査結果に対する信頼性が得られているとは言えません。 その為「ユーザー調査」は商品のコンセプト等の仮説の検証に用いられる事は有りますが、企業がそれらの「ユーザー調査」に基づいて事業計画を作成・立案する事はありません。 では、「本来の市場調査」とはどのようなものでしょうか。 本来の「市場調査」は対象市場を構成するサプライヤー(主にメーカー)の実績や動向を実査ヒアリングし、把握し、明確にする事です。 その上で、委託先企業に事業戦略、事業計画に関する有用なデーターを提供する事が目的となります。従って、特定領域、分野での知識、経験、人脈が非常に大切になります。 このサービスは企業内で新事業、新分野、新領域、新製品の事業推進、開発、企画、調査、マーケティング、分析業務を担当されている方、シンクタンク・調査会社にお勤めの方、市場調査・業界調査に興味のある方、これからマーケティング・調査で起業しようとされている方にも必携の資料です。また、銀行・証券・研究機関のアナリストの方、また中小企業支援機関、税理士、社会保険労務士、中小企業診断士の方にもご覧いただきたい資料です。 <プロフィール> ~新事業・新分野・新製品事業化の為の業界調査・分析~ 製品の市場構造、市場規模、シェア状況、価格優位性、技術優位性、成長性、強味、弱みなどを客観的なデータにより把握する事は欠かせません。当方では消費財、生産財、その他(エネルギー、環境、他)の調査を受託し、市場・業界調査・分析を行っています。 #リサーチ #市場調査の力

購入にあたってのお願い

大手企業が求める「市場調査」を理解し、レポートを作成する為の参考資料です。 プロにとっての「市場調査」の意味、大手企業が行っている「実際の市場調査」はどういうものか、市場調査の手順、考え方、どんな調査項目、内容を明示すればクライアントが満足するか、また、市場調査を業として進める上での必要要件、考えるべき事柄等を明記しています。 内容の確認事項等がございましたらお問い合わせ下さい。因みに当方は総合マーケティング会社での経験が豊富で市場調査を熟知しております。 #リサーチ #市場調査の力