利益>損失の資金管理で、手堅く利益を確保します

”FX両建てバイブル”で損切貧乏に、さよならしよう

評価
-
販売実績
0
残り
4枠 / お願い中:1
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数
    3日(予定)
利益>損失の資金管理で、手堅く利益を確保します ”FX両建てバイブル”で損切貧乏に、さよならしよう イメージ1
利益>損失の資金管理で、手堅く利益を確保します ”FX両建てバイブル”で損切貧乏に、さよならしよう イメージ1

サービス内容

山田(仮名)「もう(怒)。また、損切になった。3回連続だ。」 前畑「こんな時もあるよ。」 山田「この前は、損切りになった後で反転して、伸びていったんだよ。」 前畑「よくあることだね。」 山田「損切しなければ、よかった。利益になっていたのに。」 前畑「・・・」 山田「その後、損切りを入れずに、トレードしたんだよ。    今度は戻ってこないんだ。大損失。」 前畑「よくあるケースだね。」 山田「前畑くんは、損切りはどうしているの?」 前畑「切らないよ。 損失は、固定するだけ。」 山田「?」 前畑「両建するんだ。 例えば、ドル円を105円で買う    とするよ。     上がれば、利益、下がれば、含み損になるよね。」 山田「うん。」 前畑「下がった場合、104円くらいで、売りを入れるんだ。」 山田「やっぱり、-1円。 含み損だよね。」 前畑「ここから、トータルで利益になるようにするんだよ。」    含み損ー1円をいったん、置いておく。    別のトレードで利益をねらう。    そこで、+1円以上の利益が出たら、トータルで利益に    なるから、3つ共、決済するんだよ。」 山田「ん、どういうこと?」 前畑「要は、固定された含み損以上の利益を他でつくるんだよ。     今回は、簡単なパターンを説明したけれど、他にも、    色々なパターンがあるよ。     山田君は、それらを僕の“FX 両建てバイブル“を読んで、    練習した方がいいよ。 以下で、手に入るから。」 山田「うん。やってみるよ。でも、気になることがあって、    利益は出るかもしれないけれど、そんなに儲からない    んじゃあないかなあ。」 山田「僕は、月で30%の利益を出したことがあるよ。」  前畑「でも、その利益はどうなったの?」 山田「・・大きな損失を出して、失った。」 前畑「そうだよね。続かないと意味がないよね。     まず年、月単位でプラスにすること。     後は、複利で、増やしていくことができるんだよ。」 山田「なるほど! 利益が少なくても、年、月単位でマイナスに    ならなければ、複利を使って、ロット数を上げることができる    んだね。やってみるよ。」 前畑「山田君のメンタルも、かなり楽になるよ。    今の時代は、一家に一冊、必須だよ。」

購入にあたってのお願い

(サポートについて) 内容がシンプルですので、サポートは特に必要ないと思います。 しかし、どうしても分からないことがあれば、質問して下さい。 出来るだけ、お答えします。 返答には、日数をいただくことがあります。