企画等(なんでも)相談承ります

貴方にない視点を提供いたします。ジャンル問わずなんでもござれ

評価
-
販売実績
0
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. お届け日数
    要相談
    業種
    • 製造業
    • 人材・業務支援
    • メディア
    • 教育
    • その他
    職種
    • 経営者・経営企画・経営戦略
    • 商品企画・開発
    • コンサルタント・リサーチ
企画等(なんでも)相談承ります 貴方にない視点を提供いたします。ジャンル問わずなんでもござれ イメージ1
企画等(なんでも)相談承ります 貴方にない視点を提供いたします。ジャンル問わずなんでもござれ イメージ1
企画等(なんでも)相談承ります 貴方にない視点を提供いたします。ジャンル問わずなんでもござれ イメージ2
企画等(なんでも)相談承ります 貴方にない視点を提供いたします。ジャンル問わずなんでもござれ イメージ3

サービス内容

このサービスは、私の視点を提供するものです。 貴方には貴方の主観・客観があります。 しかしそれは主観はもちろん貴方だけの視点でありますし、 客観といえど貴方のこれまでの経験をもとに得られた主観を通している「主観的な客観的視点」と言えるでしょう。 そこに私の主観または「主観的な客観的視点」を提供するとどうなるのか。 それは、単純に視点が倍増するだけでなく、貴方の視点にも広がりが生じるのではないでしょうか。 例えば喫煙者と非喫煙者がいたとしましょう。 喫煙者の視点はそのまま喫煙者ですが、喫煙者の喫煙者に対する「客観的視点」はやはり喫煙者としての貴方が見ている一面的な喫煙者の視点に過ぎません。 その喫煙者の周囲やニュースなどによって広められている視点でしかないのではないでしょうか。ニュースだけでなく周囲でも喫煙を嫌がる人ばかりであれば、非喫煙者は喫煙者を嫌っていると考えてしまうでしょう。しかし皆がみんなそういう考えを持っているわけではありません。非喫煙者が喫煙者に対して「粗暴」「乱雑」「横柄」といった印象を持っているというのは、強ち間違いではありません。しかしそれは必ずしもその通りというわけでもありません。ある人にとっては喫煙という行為は「憧憬」「羨望」の眼差しで見られていることもありましょう。 このように人の客観的視点というのは、その人個人で考え得るものでしかないのです。 以上を踏まえて私は、サービス等を提供する側の客観的視点ではなく、それらをされる側の視点を提供したいと思います。

購入にあたってのお願い

企画等の段階でのサービスですので、必ずしも結果がついてくる保証はございません。 しかし、私は可能な限り全力で取り組ませていただきます。

有料オプション